2008年09月08日

大相撲の大麻疑惑

先日解雇された「若ノ鵬」に続き、新たな大麻疑惑が出ている角界。

簡易型の試験で陽性反応が出た時点で、2力士とも疑惑を否定。再度精密鑑定に回したけど、そこでも陽性反応が出たけど改めて2力士は否定。本人がハッキリ否定しているのを受け、相撲協会は「もう一度別のところで精密鑑定をしてもらう」とのこと・・・???

いつまで続けるんでしょう。と言うか、陽性反応が出る度に本人には強く否定させ、どこかの検査機関が「シロ」との結果報告をしてくれるまで続ける気なんでは??、と思ってしまいます。

もちろん、どこかで「シロ」とのお墨付きが出たなら、「クロの可能性も捨て切れないのだから更に別の検査機関で調べてもらいます」とは絶対に言わない、と解かります。

これ、日本の食糧の自給率問題とよく似ています。本当は「日本の人口を全て日本産の食物(穀物も魚も肉も)だけで賄えたら理想」なのですが、現実には海外からの輸入に頼らざるを得ないのは周知の事実で、角界も「国技なんだから日本人力士だけで成り立てばそれに越したことはない」のですが、今、外国人力士がいなくなってしまったら相撲協会は存続の危機に瀕し、食ってはいけなくなります。

協会からすれば、どうあっても「この問題の広がり」を食い止めたいでしょうし、それに疑惑の力士の一人が北の湖理事長の部屋所属、とあっては、どうにも「クロ」であっては困るのでしょう。

北の湖理事長は、失礼ながら「あの顔」で入門以来引退までの自分の取り口を全て記憶しているそうです。何場所の何日目に誰と取って勝負の流れはどうだったのか・・・、「立会いで相手が右に変わったところを左で前褌を取ったら相手がはたいてきて、喉輪でおっつけた後、右下手まわしを引いて四つに組み、左の腕(かいな)を返して出し投げを打ち、そのまま正面土俵まで寄り切った」てな感じに。

だから相撲に関しては記憶力抜群で頭は良い人なんですね。ですが、なんせ隔離された狭い世界のこと、角界の未来の為に「今、自分が何をすべきか」、ということまでは見えていないように思います。

退陣は必至のようですが、ま、仕方ないでしょうね、これだけ不祥事続きでは・・・。

と、ここへきて疑惑の力士が「これ以上の検査を拒否」とか・・・。

かなり高い確率で2力士とも「クロ」だとは思いますが、私には2力士が、まんざら「自分の身を守る為だけに嘘を言っている」ようにも見えません。憶測ですが、「お前たちはあくまでシラを切っていろ。そのうち俺たち(親方や協会)が何とかするから」とでも言われているんじゃないかと思えてなりません。更なる検査の拒否も、親方と協会の「入れ知恵」(裏での打ち合わせ)なくしては出来ません。

ん!?、食品偽装とか吉兆のケースとも似てきたな・・・。最初は頑強に否定していても結局最後には「遠山の金さんのお白州」みたいに「恐れ入りやした」、と頭を下げることになりそうですしわーい(嬉しい顔)


風通しが悪い社会に「自力更生」を求めるのは、どだい無理な話で、それは角界に限ったことではありません。政界だってそうですし爆弾
posted by poohpapa at 07:46| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする