2008年11月28日

いくらなんでも、その予算では

割と感じの良い30代半ばの男性が来店し、

「できるだけ安い部屋を紹介して欲しいんですけど・・・」と言う。

「どのくらいの予算でお探しですか?」と訊くと、

「1万円台、ってのは無理ですかねえ」、とのこと。

立川では風呂無しでも3万くらいはする。訊けば、職場が近くにあって、仕事で遅くなった時だけ寝泊りするだけだから風呂は無くていいけどエアコンは欲しい、とのことで、それなら必要な時だけカプセルホテルにでも泊まればいいように思う。

仮に家賃3万なら一日千円ということになるから、それで安全に寝られる場所が確保できるなら、それくらいの投資は仕方ないだろう。

3万の部屋をいくつか紹介したが、資料は持ち帰らなかった。

少なくとも、3畳一間でも家賃1万台の部屋など見たことないから、そのお客さんの部屋探しは難航するだろう。

帰りがけに、「可能性は低いけど、直接当たってみてはどうか」と言って、超格安物件を持っていそうな同業者を何軒か教えてあげた。

もちろん、感じの悪い客ならそんなことはしない。

印象、というのはとても大事なものだと思う。

posted by poohpapa at 04:00| Comment(0) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]