2008年12月08日

商店街のアーケード解体工事代金

私は商店街の組合には加入していないが、今般、商店街のアーケードを解体することになって、各店舗の負担が65341円になる、との連絡があった。書面には「家主さん連絡済み」、とある。つまり「おたくの店舗の家主さんも、おたくが負担することで了承しているのだから、これは払ってもらいますよ」、ということなんだろう。

店舗によってはかなり前にアーケードが撤去されていたりして、店の前のアーケードが残っている店舗だけが対象になるようだが、では「以前に撤去した時」は誰が負担していたんだろう。

そういう費用を店子が負担するのはおかしい、と思う。受益者負担、という考えからかも知れないが、うちの店からすればアーケードは残しておいてもらいたいくらいで、無くなったら、みんな雨の日は駅から直接バスで帰宅してしまうから、有り難いことではない。

だいいち店子が借りているのはお店であって、歩道に関しては規定が無い。ここの商店街は店子より家主が幅を利かせているから、役員たちは出来れば自分の負担を軽くしたい、という思惑なんだろう。

もちろん家主が負担するのもおかしな話で、本来は商店街組合か市で負担するのが筋だと思う。ちなみに都も8割を負担するらしい。

ここの商店街組合に財政力があれば「商店街で負担する」のが一番妥当なんだろうけど、あちこち店仕舞いしてシャッター商店街になりつつある今の組合に、そんな力は望むべくもない。

私なんかは16年もお世話になっているからまだしも、最近になって店開きした方なんかはどうなっているんだろう。

うちの家主さんに話したら、「そりゃそうよねえ。でも、うちで払うから気にしなくてもいいわよ」と仰っていて、ふだん良くして頂いているだけに、果たして自分の考えを押し付けてしまっていいものかどうか悩むところである。まさか「折半に」という話でもあるまいし。

今日、説明会が開かれるようだが、いちおう結論は決まっていて、どう異議を唱えても変わらないものだろう。というか、「なんか変」と思いながらも皆が納得しているのに、私が「それはおかしい」と主張し始めたら話が纏まらなくなる可能性もあって、それもどうかと思う。それくらいの負担なら許容範囲と納得すべきものかも知れないし。

ま、私は「好んでトラブルを起こす」タイプではあるが^_^;
posted by poohpapa at 04:00| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手の話を正論ですると、煙たがられる風潮が世間にはありますね。
曖昧なところは、「まぁまぁ・・・」で。
10円のチロルチョコを盗っても、10カラットのダイヤモンドを盗っても、泥棒には違いないのですが、10円ぐらいでそんなメクジラ立てなくても、なんて論調は多いです。
基本がブレると先っちょは激しく歪むハズなのですが、小さいことを気にしていると低い志の人間とみられる傾向があります。
本当は違うのに。
Posted by ハリケーン at 2008年12月08日 09:01
ハリケーンさん、おはようございます

これ、アーケードの所有者(権利者)、管理者はそもそも誰なのか、ということが問題ですね。必ず所有者はいるハズです。

仮にも目の前のアーケードを分割して家主が持っている、ということはなく、商店街とか市が所有者もしくは管理者になっているハズで、それを取り壊す費用を家主や店子に求めるのは筋違いです。

商店街組合に資金がないのは解かりますが、そんなのラーメン屋で隣に座った人に「俺、カネないから払っといて」と言うようなものです。

さて、どうしたものでしょうか・・・。
Posted by poohpapa at 2008年12月08日 09:17
現在 同じ状況になりました。
建物・土地を購入し引っ越しして7年 アーケードは設置され43年過去の36年分は払えません。
そもそも、アーケードが商店街振興組合のものであり私のものでないのだから本来は1円足りも払う義務がない。
しかし、7年間受益者となったのだから誠意をもって支払うことにしたが全額払わないと困るの一点張りです。

いやいや 困ったものです。
Posted by ないしょ at 2015年07月10日 19:17
ないしょさん、こんばんは

同じですね・・・。受益者負担(?)ということなんでしょうけど、本来は所有者が払うべきですよね。財源があるとか無いとか、でなく。所有者は誰なんでしょうね・・・。

例えば築43年のアパートの給湯器が壊れたとします。新築の時から使っている給湯器で、今の入居者は7年前から入居していて、家主さんに連絡したら「アンタが使ってるもので、アンタが入居している時に壊れたのだから、外して処分するのも新品交換するのもアンタが払ってくれ」と言われるようなものですね。

所有者は家主さんで、しかも「給湯設備有」で貸しているのだから当然に家主さん負担になります。それが解からない、と言うか、解かろうとしない家主さんもいました。家主さん負担、というのを納得させた上で管理を下りました。

そういうのは、仮に家主さんが資金的に苦しかったとしても、関係なく家主さんが支払うべきもので、もし借主さんが負担するなら、毎月の家賃から分割で差し引くことも認められるかと思います。

ないしょさんは「43分の7」を払うつもりでいらっしゃるのだから極めて良心的だと思いますね。全部出せ、というのは滅茶苦茶な話です。

私がこんなこと言ったらナンですが、厳密に言えば、購入した際の「重要事項説明義務違反」に当たるかも知れませんね。7年前の話であっても時効にはならないかと・・・。ただし、不動産会社も予測できなかった話ではあるでしょうけど。

もし商店街に同じような状況の人がいたなら相談するといいかも知れませんね。

私の場合は・・・、家主さんが全額出してくださいました(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年07月10日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]