2009年10月19日

昨日は珍しく寝つきの良い日に

昨日は、珍しく多忙な一日になった。

先ず朝イチで、当店で一番のお得意様が「帰省土産」を届けに来てくださった。うちのと同郷の岩手ご出身で、女性ではあるが私とは遠慮なく下ネタも話せる間柄で、既に当社で6回も部屋を借りてくださっている。途中更新契約のお客様がご来店して中座したが、お昼ごろまでいろんな話で盛り上がっていた。ストレスがいっぺんに発散されるので非常に嬉しい。もちろん、お土産も・・・(^^ゞ

午後からは、以前うちの管理物件に入居していたFさんのご来店。以前どころか、つい数ヶ月前に退去したばかりで、一昨日、「以前◎◎ハイツをお借りしていたFですが」と電話があった際には、(そんなハズは無いのだが)敷金清算のクレームかな、と思えるくらいのタイミングでドキッとした。と言うか、以前Fさんが入居していた部屋はまだ入居者募集中である。それくらい退去から間が無かった。

一旦は郷里の青森に帰ったFさんだったが、一度東京で暮らした後は青森の暮らしには馴染めず、東京よりもっと職に就くのが困難ということもあって、逆Uターンすることになった。それで夜行バスで再上京し、部屋が決まったら直ぐ青森に戻って荷造りをするとか。

なので、現在は無職で、これから職を探すのだから本来はどの不動産会社に申し込みを入れても審査が通るかどうか微妙である。しかも、猫がいる。だが、以前うちの管理物件に入居していた6年間で滞納したことは無い。その実績は大きい。もちろん、それはうちだけに通用する信用で、他社にとっては信用基準たりえない。Fさんもそれが解かっていて再び当社を訪ねてくださったのだ。

以前の部屋もまだ有るが、「どうせなら心機一転を」、ということで以前より広めの1DKを紹介する事にした。バス・トイレ別でエアコン付きの2階の角部屋で、家賃は43000円。駅からはバス便だし築年数は古いが、買い物便は良く、環境も静かである。一発で気に入ってもらえて申し込みを頂いた。

家主さんに電話して、「ペットを飼育する場合、敷金は+1ヶ月ということになっていますが、こういう事情で初期費用を抑えたいので、そのまま敷金1ヶ月でお願いできますでしょうか?」とお伺いすると、「ああ、結構ですよ」と快諾してくださった。現在無職であることも話したが、過去の支払い実績のことも説明したので「(私を)信頼してますから大丈夫ですよ」と仰って頂けた。もちろん、当社の直のお客様なので家主さんの広告代負担が無いことも大きい。あ、これは業者にしか解からない話ではあるが・・・^_^;

家主さんにもFさんにも喜んで頂けたので私としても気持ち良い。

で、その後すぐ、別の更新契約のお客様。こちらももう14年入居して頂いているので気心は知れている。「たしか京都の裁判では・・・」などと更新料について疑問を投げかけられることもない。ご存知であっても口に出すような人でもないし。

まあ、同じ疲れでも、暇で疲れるより忙しくて疲れるほうがずっと楽である。しかも一日に4人と接して、全員が「互いに解かりあえて信頼関係が成り立っている」人で、こういう日は年間に何日も無い。

良いお客様のおかけで、昨晩はとても寝つきが良かった眠い(睡眠)
posted by poohpapa at 06:23| Comment(0) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]