2009年11月01日

おばあちゃん、アンタは要らんでしょ!?

最近は駅頭のビラ配りにポケットティッシュが付いてくることが少なくなって、チラシだけだったりする。ひと頃は何社も出ていたサラ金のティッシュ配りもあまり見かけない。

遠目にティッシュを配っていると判ってコース取りをすれば、そういう時に限って、美容院とかエステで、男はおろかうちのの年齢(つまりアラフォー)の世代の女性にも渡してくれない。出しかかったティッシュを顔を見られてから引っ込められたりして、うちのはテキメンに不機嫌になる。たかがティッシュ、されどティッシュである(^^ゞ

で、先日、珍しくうちのにも渡してくれた企業があった。と、後ろに続いてそれを見ていた腰の曲がった老婆が、いったん通り過ぎた後、引き返してきて「私にもおくれ」と貰っていたのだが・・・、

よくよく見ると、くれたのは、生理用品の試供品であったわーい(嬉しい顔)

うちのはギリギリでセーフだろうが、老婆には無用だろう。お姉さんも「くれ」と言われて「嫌だ」とも言えずに渡したのだろうが、家に帰って他の使い道でも考えていたか孫娘にでもあげたものか。



でもって数日前、高島屋前の横断歩道で、うちのと信号待ちしているとご婦人が寄ってきて、うちのにティッシュを渡してくれた。周りを見ていると、年配の婦人や若い女性には渡していない。うちのの世代がターゲットになる商品の宣伝なのか、とティッシュを見ると、

袋にピンクのリボンがあしらってある。乳がん撲滅(早期発見)運動の啓蒙であった。なるほど、それなら40〜50歳くらいが対象になるものだろう。それで、うちのにこう言ってやった。

「市役所からも検診の案内が来ていたことだし、乳がんは自分で触ったりしても判るものだけど、一度ちゃんと専門医の検診を受けるといいよ。最近は僕も触診してないことだしさ」
posted by poohpapa at 05:00| Comment(0) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]