2009年12月06日

好きなように料理してやってください

先日記事にした、ワケありのお客さんが紹介してくれた「もっとワケあり」のお客さん、先日、案内して申し込みをもらったのだが・・・、

「昨年の源泉徴収票(収入証明)が出せない」とか「年収は、不動産の仕事も含めての話で、そっちは収入証明が出せない」とか、先方の管理会社から「イマイチ内容が不透明なので本人に一度来店してもらってくれ」と言われて「そんなうるさいこと言うならもういい」とか言い始めて、さて、どうしたものか、と思っていると・・・、

管理会社の女社長から電話があった。以前は当社の並びに店が有ったので私は年中お茶を飲みに行っていて、その社長とは旧知の仲で何でも遠慮なく話せるから、裏ではこんな遣り取りをしていた。

「その人、こないだ見せた3DKでなくちゃダメなの?」
「べつに、かまわないと思うけど・・・」

「だったら西砂(立川市の中では僻地)にレンガタイル貼りの3DKがあって、そっちのほうが2万以上も安いんだけど、そこまで引っ込めないかなあ?」
「そんなことないと思うよ。安けりゃ安いほどいいんじゃないかな」

「なら、そっちにしてよ。うるさいこと言わないで審査通すからさ」
「審査を通してくれるならそっちでいいな、今度見せてやってよ」

で、数日前、その僻地の物件を案内したら一発で気に入って契約する事になった。実は最初に申し込んだ物件は広告を打てば直ぐ決まる物件で、後のは何度広告を打っても決まりそうにない物件である。それでも本人たちが気に入って申し込んだのだから問題は無いが。

だいいち更新をせず退去する期限までに10日ほどしかなかったのだから、あれが嫌だ、こうしてくれ、などと言えたものではないのだ。

まあ、管理会社からすれば、そっちで申し込んでくれるならワケありでも何でも審査を通すつもりだったろうし、私も「自分の置かれた立場や状況が解かってなくて贅沢ばかり言っている」のと「そんなの聞いてないよ!」という話を後になってぽろぽろ出してくる客にそろそろ愛想がつき始めていたので、女社長にこう言ってやった。

「かまわないから、好きなように料理してやってください」、と。

もし、物件が気に入らなくて、或いは管理会社から断りが入ったなら、日にちも無いことだし以前見せて気に入らなかった当社の貸家に決めるしかなくなるので、私としてはどちらに転んでも良かった。その時は調理人が代わるだけのことである。ま、そういう客だ(*^^)v

そのことを後でワケあり紹介者に話すと、腹を抱えて笑っていた。

2万以上安い物件にはなったが、それでも手数料は8万近く入る。それで、近く紹介者とその旦那さんにご馳走することになった。

客はいいように料理され、紹介で儲けた不動産屋は宴会をひらく。

めでたし、めでたし、であるわーい(嬉しい顔)

posted by poohpapa at 05:00| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか、TVの水戸黄門に出て来る悪代官と越後屋みたい(爆)
Posted by 街のクマ at 2009年12月07日 05:39
「上総屋は抜荷の疑いで捕らえておいた。これからは丹後縮緬の利権は越後屋、お主のもの。例のものは心得ていようの」

「お代官様のおかげでございます。はいはい、充分心得ておりますとも。これはお代官様の大好物の黄金饅頭でございます。あ、そうそう、今宵は手始めに吉原にお忍びで、というのは如何でしょう・・・」

「く、く、く・・・、越後屋、お主も悪よのう」

「いえいえ、お代官様ほどでは・・・」

ってか!?(爆)
Posted by poohpapa at 2009年12月07日 06:41
今日、水戸黄門観て…
ふと思いました
勧善懲悪ドラマを『あのTBS』が…
そう云へば【大岡越前】も同じ…
|||(-_-;)||||||



鬼平犯科帳は違いますよね…

長谷川平蔵役…どなたでしたっけ?

大体が、観た記憶が…無い

此所は誰?私は何処?


斑ら惚けのクマ公でやすからねぇ
ヾ(^_^;

お後が宜しい様で…
m(_ _)mヘヘー
Posted by 横丁のクマ公 at 2009年12月07日 22:55
横丁のクマ公さん、再び、おはようございます

TBS、かつては「捏造のTBS」とか言われてましたよね。

最近は、関口宏のサンデーモーニングなんかも見なくなりました。どうも主張が偏っているように思えるのです。なんかね、上手く中立を装っているようで、偏っているのが透けて見えるのですよ。

今は「偏向のTBS」ですね。
Posted by poohpapa at 2009年12月08日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]