2009年12月08日

ジェネリック医薬品

腎臓の定期健診を受けた際、先生にこう伺ってみた。

「私の薬はジェネリックになりますか?」、と。

すると先生は、「はい、2種類ともなりますね」、とのこと。

私が薬を飲むようになったのは1年以上も前からで、それより前から可能になっていたようだ。だが、私は以前薬局で訊いたことがある。その時には、「片方はまだ無理です」と言われていた。

で、今回薬局で処方箋を出す際に、「両方ともジェネリックでお願いします」と言うと、「片方は出来ますが、片方は出来ません。お客様が今後もずっと飲み続けることになると仰ったのでいっぱい仕入れてますから、それが無くなるまでは今の薬を続けてください」、だと!

以前、その薬局で「片方はジェネリックになりますから今回から換えましょうか?」と言ってもらって、「おお、なかなか良心的じゃん!」と感動していたものだが、そう言われると雲行きが怪しくなる。

私がそう言ったとしても、在庫がなくなるまで私が責任を取って利用し続けなければならない、という話ではないだろう。だいいち、両方とも最初からジェネリックにしてくれれば良かったではないか。

「差額はいくらになるの?」と訊くと「1430円です」とのこと。もしも最初からジェネリックにしてたなら1万以上も違っていた計算になる。

もの凄く腹が立った。そんな不愉快なことは無いパンチ爆弾ちっ(怒った顔)

「ふざけるな!、馬鹿野郎!!」

と、思い切りカウンターを叩こうと思ったが・・・、止めた。

その薬剤師のオバサンは、ひょっとして大企業の社長夫人かも知れないではないか。白衣を着ているからタダの薬剤師とは限らない。「何不自由なく暮らしていても、ブランド物を漁るより薬の調合が好きでパートに出ている社長夫人」がいたって不思議は無いだろう。

と言うか、最近は歩道で向こうから突っ込んでくる自転車のオバサンを睨みつけることが無くなった。「このババア、気をつけやがれ!」という言葉も飲み込んでいる。誰もが社長夫人に見えるからふらふら

いかん!、早くもスペアを用意しようとしている自分がいる(爆)

posted by poohpapa at 05:00| Comment(16) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどい薬剤師ですなぁ。
それが通用してしまう世界なんですかね。
私も一度言ってみたいものです。

poohpapaさん、中小零細企業の社長婦人でしたら
何人か紹介しましょうか?プププ
Posted by けろけろ at 2009年12月08日 07:22
けろけろさん、おはようございます

まあたしかに、私の飲んでいる薬は他の方は飲まないようで、そうなると「私のために仕入れた」と言えなくも無いのですが、だからと言って「全部なくなるまではジェネリックへの変更はダメ」というのもねえ。

うちの近所は調剤薬局だらけなんですよ。10軒以上あります。私が他の薬局に行かないとも限らないワケで、何を考えてるのか・・・。

結局は今回だけ従来の薬を頂いて、次回からジェネリックにすることで合意しました。ま、蹴ってしまうこともできますが、相手のあることですし、向こうも妥協するなら「まあ、いいか」と(*^^)v

ところで、

<<中小零細企業の社長婦人でしたら何人か紹介しましょうか?

有り難うございます。せっかくですが、私は大企業の社長夫人狙いでいきたい、と思っておりますのでご辞退させて頂きますです(^^♪
Posted by poohpapa at 2009年12月08日 08:02
その薬局は論外ですが(苦笑)、でも、安いこと以外でジェネリックが良いとも限らないようです。

ジェネリックは医薬品の承認にあたって毒性試験をはじめとしたほとんどの試験が免除されているそうです。
また元の新薬と同じなのは主成分だけですので、残りの副成分がどんな効果を示すのかはわかりません。特に長期間飲むものであれば、自分の体を実験台にしてるようなものです。今流行りの自己責任ってやつでしょうか(^^;;;

とはいえ、さすがに目に見える害があるほどのレベルでは無いとは思いますが(^^;;;

医者がジェネリックに対して及び腰なのはその辺の不安感からだと聞いたことがあります。彼らもそんなことで訴えられたらたまらないですしね(苦笑)

私は「地域で接客商売しなければならない医者と、ヤバくなったら逃げられる中小のジェネリック製薬会社とどちらを信用するかって話」なのかもしれないと思ってます。

では。
Posted by mmt at 2009年12月08日 08:20
mmtさん、おはようございます

へえ〜、そうなんですか。私は、元々の薬と全く同じ製品が特許切れによって市場に安く出回るようになったもの、とばかり思ってました。

これは、安易にジェネリックに飛びつかないほうが賢明なのかも知れませんね。

<<私は「地域で接客商売しなければならない医者と、ヤバくなったら逃げられる中小のジェネリック製薬会社とどちらを信用するかって話」なのかもしれないと思ってます。

なるほど、たしかにそういう見方をしたほうがいいですね。

私も、こういうことがあっても、そして近隣に10件以上の調剤薬局があっても、掛かりつけの病院の指定薬局でもあるその薬局を換えるつもりはないんです。浮気すると責任の所在も曖昧になりますし。

もっとも、責任追及などしませんが。

それにしても、mmtさん、詳細に有り難うございます。とても勉強になりました。
Posted by poohpapa at 2009年12月08日 08:45
おはようございます(^^)

私も持病があり、月に一度医者にかかっております

やはり、薬を処方してもらっているのですが
私は、ジェネリックの方が相性がいいようです
同一成分といっても、全く同じとは言えないのかも知れません
薬の種類にもよるかと思いますが


薬を処方するのは、医師ですので
お医者様とよく相談し、正規品とジェネリック、どちらも可能であれば
あとは自身の判断かな?
と、思います

まあ、いずれ、
医者と患者の信頼関係、コンプライアンスの問題になると思います(笑)

ご自愛くださいませ(・▽・)
Posted by たんと at 2009年12月08日 09:39
poohpapaさん、こんにちは。
お元気そうでなによりです。

お薬の件はいろいろと相関があるようで私も難しいなあと日々思っております。
ゾロに変える変えないは金額と効果を天秤にかけるような事かもしれません。
厚生省と製薬会社ともに効能はは同等と(建前上は)言ってますけれど、mmtさんが書かれているように、私も同じではないなあと実感しています。

医師の的確な診断とお飲みになる薬の効能とが両立してはじめて病状の回復につながります。
薬局に対するお気持ちもあると思いますが、それも含めて、かかりつけのお医者さんにまたご相談されてみてはいかがでしょうか。
ではでは。
Posted by し〜 at 2009年12月08日 10:13
ひどいですねぇ…

あ、ブログのお話とはアレなのですが
今度知り合いが立川でお部屋を探すそうなのですが…poohpapaさんのお店とか、大体の場所はなんとなく分かるので教えてしまってもいいでしょうか〜?
Posted by フロー at 2009年12月08日 18:05
poohpapaさま、はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。

普段は読む専門で、これからもその予定だったのですが、どうしても一言申し上げたくて…

その薬剤師が普通だと思わないで下さいねぇ!そんな人がいるから、他の薬剤師の評価まで下がるんですよ…。
確かに1人のために入れた薬は在庫がなくなるまで飲んでほしいと言うのが実情です。薬局では途中で使う人のなくなったデッドストックが溢れてますから。でもそれは患者さんの都合だけでなくDrの処方変更でもありうることですから、予め計算しておくのが当然で、それを患者さんに押し付けるのは大間違いです。

また、これはpoohpapaさまにですが、病院『指定』薬局はありません。本当に指定したなら、それは法律違反です。選択する権利は患者さんにあるのです。そういうとこは多分、枚数に応じて薬局からのキャッシュバックがあるんでしょうねー
ただ、門前薬局はDrから使う薬を聞いているので、処方箋を持って行ったが薬がない、というのが少ないっていうメリットはあります。

あとジェネリックに関してはmmtさまの言う通りだと思います。個人的には確実な効果を求める場合、先発品をお勧めします。実際、痛み止めでも効いてくる時間が違ったりなど聞いています。ただたんとさまのようなこともあるので一概には言えませんが。

一言といいながら大変長くなり申し訳ありません。社長でもなんでもない、一薬剤師からでした…。
Posted by まめだ at 2009年12月08日 19:21
たんとさん、おはようございます

ジェネリックの医薬品との相性がいい、というのはいいことですね〜。懐にも優しいですし(*^^)v

先日診察を受けた時は、たまたま主治医の先生が不在で若いお医者さんだったのですが、元々の薬とジェネリック医薬品との違いまでは説明を受けませんでした。「ああ、2種類の薬ともジェネリック医薬品を使えますよ」と感じ良く答えてくれたのみでした。

次の定期健診(2月)では主治医の先生がいらっしゃるでしょうから、その時は詳しく伺ってみようと思います。幸か不幸か診療科目の特性上そんなに混んでいないクリニックなので、ゆっくり相談できますし。

お気遣い、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2009年12月09日 06:37
し〜さん、おはようございます

正直、薬局のこと、記事に書いているほどに怒ってはいないのです。もちろん営業トークでしょうが、行く度に誰もが「最近は体調いかがですか?」と声を掛けてくれますし。まあ、怒る、というより「ええ〜、何だよ〜」と落胆した、というのが本音ですね。

薬局も「仕入れた在庫分を消化したい」からでしょうか、薬剤師さんが「差額分を値引きしましょうか?」とも言ってくれましたが辞退しました。そのうえで、今回は元々の薬をいつもどおりの金額で頂くことにして、次回からはジェネリックに換えて頂くことで合意しました。

私が「お互い歩み寄らないとね」と言うとホッとしていたようです(*^^)v

ちなみに、私が飲んでいるのは、アロリン100mg(ジェネリック:毎朝1錠)とクレメジン200mg(毎食後3カプセル)です。薬剤師をしている同級生の話では、「どちらも副作用の心配は無いよ」とのことでした。

ただ、皆さんのコメントで、元々の薬とジェネリックの違いを知ることが出来たので、換えるかどうかは主治医の先生とよく相談してみます。

お気遣い有り難うございます。し〜さんは本当に優しい先生ですね。

Posted by poohpapa at 2009年12月09日 07:04
フローさん、おはようございます

たしかに、「この薬は今後もずっと続けるようですか?」と訊かれて、「死ぬまで飲み続けるみたいですね」とは答えましたが、私専用の薬だったとは思いませんでしたね(*^^)v

ところで、

お友達をご紹介して頂けるとのこと、有り難うございます。もちろん教えて頂いてかまいませんですよ。お役に立てるかどうかは分かりませんが、フローさんのお顔を潰すマネだけはいたしません(*^^)v

でもって、うちで決まるかどうかは別にして、お昼くらいはご馳走させて頂きますので、フローさんもお近くにお住まいでいらっしゃるなら是非ご一緒にどうぞ。お待ちしています。

でもね〜 、小さくて、キレイではない店ですし、経営者はこのとおりの変人ですから、そうお伝えしておいてくださいね^_^;



Posted by poohpapa at 2009年12月09日 07:54
まめださん、おはようございます。そして、初めまして(^^♪

表現がキツく、ご心配をお掛けしてしまったみたいですみません。

<<門前薬局はDrから使う薬を聞いているので、処方箋を持って行ったが薬がない、というのが少ないっていうメリットはあります。

それはたしかに言えてますね、いつも実感してます。

ま、こういうことがあったからといって、この薬局もスタッフの皆さんも嫌いになったりはしないですね。逆の立場なら、私も「いつ出るか分からない在庫を抱えるより何とかさばきたい」と思うでしょうし。

私の仕事で言うなら、お客様が「黙っていても決まる部屋と、当分は決まりそうもない部屋」で迷っているなら、そりゃあ「当分は決まりそうもない部屋」で決めるよう誘導しますもん(怖っ!)

実は、私の治療代とか薬代などは、家計からは出してもらってません。全て私の小遣いからの支出になります。さらに、私は小遣いというものを全くもらっていません。不動産会社の経営者といえ、私の稼ぎで小遣いなど取ったら生活できないのですから。もっとも、私の場合は正規の給料以外に若干の副収入がありますから、それでどうにかもっている現状でして、それを考えたら薬代の差額は大きいのですが、騒ぎ立てするほどのものではありませんよね^_^;

<<病院『指定』薬局はありません。本当に指定したなら、それは法律違反です。選択する権利は患者さんにあるのです。

それ、先生からも「とくに、どこの薬局に行ったらいいか分からない人の為に指定薬局として記していますが、どこの薬局に行っても大丈夫ですよ」と言われています。それも私の説明不足で相すみません。

現場の薬剤師さんからのコメント、とても参考になります。それに、頂いたコメントからまめださんのお人柄が伝わってきて、それも凄く嬉しく思いました。まめださんがお客さんや周囲の人から嫌われることなど絶対にないな、と、お会いしてなくてもよく解かります、本当に。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by poohpapa at 2009年12月09日 08:31
クレメジンの代わりに備長炭でも削ってご飯のふりかけに(笑)ってのは冗談ですが、猫とかにはネフガードって言う腎臓疾患向けの健康食品がありますね。要は活性炭です。冷蔵庫の中に良くあるキムコと同じ!

先月家族全員新型インフルにかかり、小児科でタミフル、リレンザ処方されましたが、効果があったのかどうかまったく?でした。普通に寝てりゃ治るんじゃないのって感じで。一人頭6,000円位掛かったのでかなり痛手でしたし・・・

なのでインフルワクチンは今回却下しました。

薬とか医者選びって本当難しいですね。。。何を信じれば良いやら分らないです。
Posted by おやぢ at 2009年12月09日 19:07
おやぢさん、おはようございます

なかなかお詳しいですね(*^^)v

そうなんですよ、私が飲んでいるのは、まさに備長炭のような薬です。動物病院の先生に「今、冷蔵庫の中の備長炭消臭剤みたいな薬を飲んでます」と話したら、「クレメジンですか?」と訊かれたので、「なんだ、ペットと同じ薬だったのかよ」と思ったものです。なので、ペット用のクレメジンもあるみたいですね。

<<先月家族全員新型インフルにかかり、小児科でタミフル、リレンザ処方されましたが、効果があったのかどうかまったく?でした。普通に寝てりゃ治るんじゃないのって感じで。一人頭6,000円位掛かったのでかなり痛手でしたし・・・

それ、まったく仰るとおりで、症状を和らげる薬を頂いて安静にしていれば治ったと思われますね。うちみたいに大人だけの世帯ですと自分たちが注意していれば或る程度は感染を防げますが、子供さんのいる世帯は学校や幼稚園なんかで貰ってくるので逃げようが無いみたいですね。経済的な負担も大変でしたね。

私は、新型インフルの予防接種を受けなかったので、今も人混みに出る時は周りを注意深く観察しています。背中から「コホン!」と聞こえてくると急に早足になったりして^_^;

でも、おやぢさんはもう罹っているのですから安心ですね(*^_^*)
Posted by poohpapa at 2009年12月10日 06:40
こんにちは。たびたびお邪魔してます。
肝臓の具合がついに悪くなってしまい、7月から
病院へ入退院を繰り返しながら、化学療法を開始
しているので、たまに自宅療養期間にWebを覗いて
います(笑)
ジェネリックについては、もうだいぶ皆さんから
情報が出ているのでいまさらですが、自分も気に
なって主治医や薬剤師に訊ねたことがあります。
やはり「主成分が同じ」であることが保証されて
いるだけで、つなぎ(?)や錠剤として結着させ
るための成分などは異なっており、それがどの様
に影響するかまでの検証はされていないそうです。
なので、医師も『効果は同じということになって
いるんだけどね としか言えない』と言っていま
した。病院内の薬局や入院時に院内で処方される
場合には、ジェネリックは使用されていませんよ
ね。(全ての病院でそうなのかは知りませんが。)
最近、健保から「ジェネリックに切り替えるとこ
れだけ支払額が下がります」と具体的に自分が
処方して貰った薬に対しての比較表が送られて
来るのですが、それを見ると1ヶ月分で100円も
違わないものもあったりしますし、高くても 2〜
3000円程度なので、基本はジェネリック以外で
出してもらう様に 自分はしています。
人それぞれの考えですけどね。
Posted by まめつ at 2009年12月17日 14:38
まめつさん、おはようございます

<<肝臓の具合がついに悪くなってしまい、7月から病院へ入退院を繰り返しながら、化学療法を開始しているので、

それは大変なことですね。私の腎臓病なんかとは比較になりません。くれぐれもお大事になさってくださいね。肝臓は再生力の強い臓器とも聞いていますので、無事に完治されることを願っています。


さて、ジェネリック、私の場合は二つの薬品だけでも1600円の差額になりますから、ちと悩むところです^_^;

ただ、薬だけでなく、模造品がオリジナルを超えた、という話はかつて聞いたことが無く、幾多の試行錯誤と長い研究期間を経てようやくに完成したものと、(表現が適切ではないとは思いますが)特許が切れたのを幸いに主成分だけ同じものを使用して急いで作ったものが同じであるハズがないですよね。

ジェネリック・・・、国の医療費負担を軽減するためにテレビCMも流されているみたいで、負担減の為にジェネリックの安全性には目を瞑っているのかも知れませんね。国の医療行政は信用できませんね。

一生飲み続けるものだし、信頼性を考えたらやはりオリジナルでいこうかな・・・。そうだ、薬剤師をやってる友達に訊いてみよう(*^^)v

まめつさんもどうぞお大事に。

Posted by poohpapa at 2009年12月18日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]