2010年05月22日

次男の新聞配達区域にある3軒の不動産屋

これも、次男から聞いた話。

次男の新聞配達の受け持ち区域にある(厳密には、あった??)3軒の不動産屋のお話。


この不況で、一軒は最近完全に店を畳んでしまったとのこと。それでも新聞代はちゃんと清算してくれたそうだが。

一軒は不動産業からは撤退して、その後は社名を変えて(と言っても、ほとんど似たような社名;社名の後ろの「不動産」を「総合企画」に変更しただけで)同じ場所で事業を続けているとか。ただし新聞代は店を畳む前の2ヶ月分が未納になっている。社長以下社員の顔ぶれは変わっていないのに、である。ひょっとすると、何らかの事情や意図で偽装倒産したのかも知れない。

その未納分は販売店のルールで配達員が弁償させられるので、次男が2ヶ月分立て替えて販売店に支払っている(給料から天引きされた)とのこと。業種は違えど、父子して似たようなことをしているたらーっ(汗)

どこの世界に、食い逃げされたらウェイトレスの時給から天引きするレストランがあるものか、である。以前も書いたが、新聞勧誘員が半年間の契約を取ってきて、その客が途中でキャンセルしてきたとすると、残りの月の分も配達員が弁償させられるという。マージンは勧誘員に入っているのだし配達員には何の責任もないのに・・・。配達員によっては月に数万も給料から引かれている者もいるとか。長めに契約しておいてたくさん洗剤やビール券を受け取って、途中解約して他の新聞に切り替える客もいるというから世も末だちっ(怒った顔)

大元の新聞社はそういう販売店の実情を知っているようだが、見て見ぬふりをして何の指導もしないらしい。たしかに、法的には販売店の経営や内情に対しては何ら責任はないが、同義的社会的責任はある。どう考えても、配達員に責任を負わせるのは理不尽だと思う。

そして、残りの一軒はまだいつもと変わらず営業中なのだが・・・、


そこはヤクザみたいな不動産屋で、夕刊の配達や集金に行くと、いつも社長や従業員がソファーにふんぞり返って座っていて、とても堅気には見えないとか。次男も「あれ、僕らみたいな新聞屋だからいいようなものの、お客さんが入ってきて社員があんなふうにしてるのを見たら直ぐ出ていってしまうと思うよ」、と呆れている。それでも新聞代はキッチリ払ってくれるのだから、やはりヤクザかも(*^^)v

客が受ける印象はともかく、私は社名を変えて(新聞代を払わずに)地元で事業を続けている元不動産屋が一番「怖い」と思った。税金などもあの手この手で誤魔化しているのではなかろうか。


最近は、3人の子供たちともようやく大人の話ができるようになった。いろんな会社や人を見て、次男も少しずつ成長しているようだわーい(嬉しい顔)
posted by poohpapa at 05:03| Comment(10) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2番目の不動産屋さん、最低ですね。ヤダヤダ

そうそう、昨晩は至福の時を過ごせましたよ。ウフフ
一緒に写真を撮ってもらい、朝改めて見ましたが
やっぱりめちゃくちゃ美人でした。

Posted by けろけろ at 2010年05月22日 07:54
ぷっ!(*^^)v

良かったですねえ♪

ま、私とけろけろさんにしか分からない秘密、でありますが(爆)

えっと・・・、PCのアドレス宛に添付ファイルで送ってくださいな。
待ってま〜す。
Posted by poohpapa at 2010年05月22日 08:10
あ、水戸黄門に出て来る悪代官と越後屋の臭いが…
(*~ρ~)ヨイデハナイカ♪

わたしも、悪代官になりたひ…
Posted by 街のクマ at 2010年05月22日 08:49
まあね、品行方正、清廉潔白、謹厳実直に生きている私からすれば「よく解からない世界」の話ではありますが(*^^)v
Posted by poohpapa at 2010年05月22日 08:55
次男殿の経済的成長に驚きましたが、コンビニでの支払い時等に
他人に財布の中味を知られたら余り良い結果を想像出来なくて、
こんな時勢ですから心配になってしまいました。
ところで、その筋の方って、例外無く美女に対する執着心が強いのも事実だと思うのですが、
もう14、15年前頃お気に入りだったスナックのママが奥菜恵(映画《呪怨》出演以前です)そっくりで、
一時期、お店に行くと、明らかに幹部クラスと見られる893さん数人が、いつも機嫌良く呑んでるので、
必然的にカラオケも始まらないし、なんかシラ〜ッとした空気で、気がつくと客が居なくなってた…
恐るべし《その筋》のオーラ|||(-_-;)||||||

結局ママが決断してその方々は出入り禁止にされて、店は元に戻りました。

何もしなくても、笑っていても、彼らは波動で周りを威嚇するので、やむを得ない場合以外には関わりたく無いですね。

次男殿も理不尽な弁償や、信用出来ない人々を観察しながら、これからも人間的に成長されるのでしょうね


PS;私の右足は、漸く『死体置き場にありそうな足』から『大怪我した足』まで回復し、今朝の診療の時に、それを凄く実感出来ました♪
(^^)vヨカッタビー

でも退院は七夕前後ですね。
Posted by 街のクマ at 2010年05月22日 11:01
poohpapaさんは性錬淡泊という感じですが・・・
・・・失礼しました。

クマさん、順調に回復されているようでなによりです。
Posted by けろけろ at 2010年05月22日 15:11
(;゜Д゜)「・・・・・」

新聞販売店の実情、初めて知りました。
ほぇー、そうなんですか・・・
いくら労働者は資本家に搾取されるといっても、
ちょっとひどすぎますねえ・・・

申し遅れましたが、私は893でもふんぞり返ってもいませんが、poohpapaさんと同じく不動産業(開発業)です。愛知県名古屋市在住です。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by バンブー at 2010年05月22日 18:37
クマさんおはようございます

たまたま新しいJCBカードが届いたので、それを渡す際にチラッと覗いたのですが、まあ、その時「今日は次男の奢り」と決めました。

そういう意味では私とは正反対の性格です。財布にお金がどれだけ入っているか、でなく、もっと言うなら、私は「おカネなんて持って無くても何とでもなる」と思っているもので、ホント、私の財布には1円も入っていません。それで不自由を感じたことは一度もありません。「カードが使えない=現金決済しかできない」なら買い物をしなければ良いし。

うちのは私と違う価値観で、私と次男の中間くらい。カードで買い物するのは嫌だけど、あまり現金を持ち歩くことはしない主義です。それが普通の価値観だとは思いますね。

以前、次男のアパートには5百円玉預金が50万以上あって、さすがに、古いアパートだし防犯上も不安があるので私が注意して銀行に持って行かせました。「もし落としたら、盗まれたら」とは考えないんですね。よく言えば「大物」ということでしょうか(*^^)v

ヤクザ屋さん、支払うものはちゃんと支払いますね。もちろん、キレイなお姉さんも好きなようですが・・・、私とは趣味は違うでしょう(爆)

Posted by poohpapa at 2010年05月23日 07:51
けろけろさん、何ですって!?

アタシが「早漏短小」ですって!?、よくご存知で(爆)

・・・って、言ってねえか(*^^)v


クマさんの治療に万能細胞が使えたらいいのですがねえ・・・。
Posted by poohpapa at 2010年05月23日 07:56
バンブーさん、おはようございます

次男の話では、地方から来ている新聞奨学生で月に5万以上も給料から引かれていた配達員もいたとか・・・。誰も文句を言えないような空気になっているようです。「お前はどうなの?」と訊いたら、「僕は2万くらい引かれた時もあったけど、まだいいほうだよ」とのこと。

勧誘員は一ヶ月の新聞代以上のマージンを得られるようで、以前の記事にも書きましたが、いよいよもって月のノルマを達成できない時には「新聞代を全額置いていくから契約してくれ」と言ったりします。いじめるつもりはありませんが、私はタダでなければ新聞はとりません。もし更新の契約をするなら配達員経由、と決めています。勧誘員には滞納や夜逃げで何度も嫌な思いをさせられていますので。

次男からは「配達員をいじめないでやってよ」と言われてますが、もとより、そんな気はありません。以前は、配達員が集金に来ると必ず缶ジュースなんかを渡してました。「ご苦労様」との言葉を添えて・・・。

ああ、私は何ていい人なんだろ・・・(爆)

ところで、今も、当社の近所にも、ソファーにふんぞり返って座っている不動産業者がいます。千葉の大網海岸あたりの業者だと、夏場はランニングにステテコ姿で金や宝石のネックレスを首からぶら下げて接客してたりします。それでも商売になっているんですね。まあ、人は悪くないですけどね(*^^)v

バンブーさんは名古屋の方でしたか。今後とも宜しくお願いします。
Posted by poohpapa at 2010年05月23日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]