2010年06月04日

当然の成り行き、だっただけの民主党代表選び

鳩山首相が辞意を表明した日の夜、うちのに「次は菅さんが代表になって岡田さんが幹事長になるよ」と話していて、そうなりそうな雲行きになってきた。これは、私の予想が当たったのでなく、元々民主党の人材では「そんな選択肢しか無かった」だけのことである。


菅さんの対抗馬として名前が挙がっていた樽床伸二氏、実は初めて聞く名前だったのだが、ネットで顔を見たら「ああ、この顔ならテレビで見たことはある」と、何となく思い出した。

毎回、民主党の代表選と言えば、菅さん、鳩山さん、岡田さんの持ち回りみたいなもので、たまに前原さんみたいな人が出てくる程度で、そういう新しい名前が出てくること自体は良いこと、と思っているのだが・・・、この樽床伸二氏、うちに来た某参議院議員秘書と表情や雰囲気が実に良く似ている。当選の目は無くなったようだが、顔を見た途端、なんか背中がモゾモゾするような「嫌〜な感じ」がした。民主党の代表になるだけならともかく、総理の器ではないだろう。

ま、どのみち、菅さんが代表(総理)では、民主党の支持率も大して回復しないのではなかろうか。
posted by poohpapa at 06:10| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ3馬鹿トリオの間で順番でやるつもりなんですね。
私はもともと支持していないので、どんどん白けていって、
前の政党に戻ればいいと思っているので、管さんで良い
のですが・・・

ずいぶん前の民主党のCMで、難破船バージョンがありましたが、
あのCMのまんまの政党ですね。

支持されている人もたくさんいると思うので、あまり書くと大変失礼
なので、この辺にしておきます。スミマセン。
Posted by けろけろ at 2010年06月04日 06:47
けろけろさん、再び、おはようございます

民主党の中にも、「菅さんが代表では『民主党は変わった』、と国民から思われないのでは」との懸念が出ているようで、それが普通の感覚だと思いますね。野党時代はあれほど自民党を批判していながら、今、民主党がやってることは政権政党であった自民党と何も変わらないのですから。

国民にとって不幸なのは、政権の座から落ちた自民党が、「再び舵取りを任せよう」と思えないほどの体たらく、ということですね。

旦那にアイソをつかせて家を飛び出した奥さんが、いざ一緒に暮らし始めた愛人もやはりダメ男で、仕方なく家に戻ろうとしたら、旦那は酒に溺れて前より酷い男になっていたようなもの、ですね。

少なくとも、今の政治家の中に、どれだけ国民のほうを向いて働いている(責任を果たしている)人がいるか、は、甚だ疑問です。

ところで、お隣の韓国の選挙、北朝鮮に強硬姿勢で臨む与党が敗北したようで、韓国人は口では威勢のいいことを言っていながら「戦争はしたくない」のが本音で、まさに北の「思う壺」にハマっています。「戦争を望まない」気持ちは解かりますが、ある意味、韓国の実態は、日本以上に「平和ボケ」している国かも知れませんね。
Posted by poohpapa at 2010年06月04日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]