2010年06月29日

「500マイルも離れて」どころでなく・・・

今、ネットで騒ぎになっているこのニュース、私は信じられない。

私の毎日の循環先「らばQ」さんで見かけた「置き去りにされた猫、飼い主を追いかけ2年後に3200km離れた引っ越し先にたどり着く」というお話(6/26付)、個人的には絶対に有り得ない話だと思う。

いくら動物には「人間には考えられないほどの様々な能力」があったとしても、そして、犬なら時おり似たような話は聞くが、猫だとまず無理だと思うのだ。なんせ、猫は縄張り意識が強いから。

写真で見る限り「元々が野良では無さそう」だから、そういう能力や生活力も低いようにも思える。それだけの距離を移動したなら事故に遭う確率も高いだろう。まあ、だから奇跡的、なんだろうけど。



一見「猫の美談」として猫に注目が集まっているが、私は、飼っていた猫をお隣さんに託して(引き取ってもらって)引っ越してしまった元の飼い主が赦せない思いでいる。どんな理由があったとしても、飼うことにしたなら最後まで責任を持つのが当然で、「どうしても連れて行けない理由」など全く思い当たらない。人間の都合などどうにでもなる。口の利けないペットのことを最優先に考えるべきだろう。

もしこの猫が本当に辿り着いたとして、それで再び飼うことが出来るくらいなら、「だったら最初から連れていけよ」という話にもなる。

不動産の仕事をしていると、「うちのマンションは元々ペット不可だったので」とか「今度引っ越す部屋はペット不可だから」などの理由でペットを手放したり、捨てたり、最悪「処分する」人に出会う。そういう身勝手な人の部屋探しは(二度と)したくない。そんなことは最初から分かっていたことなんだし。


なんか・・・、託された隣の家の人が運んだか、誰かの意図で仕込まれた「やらせ」のように思えてならない。この猫がとても不憫だ。

posted by poohpapa at 06:18| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディズニーの『三匹荒野を行く』を思い出しますね。

元々ペットを飼う人のモチベーションってそんなもんでしょ。
「かわいい〜」だけ。
で、手放す方便は色々でしょうけど、本音は「かわいくねぇ。ンコとか変な臭いとかするし。もぉ面倒。」ということでしょ。
ず〜っと世話しててもそうなるってのはちょっと怖いけどね。

でも、私も含めて殆どの人が自分勝手(人間の目線ということで)ですよ。
なので、自分としてはペット・ショップとか犬猫ランドとかで、見てるだけにしてます。
その中でも、世の中には唐揚げの分厚い衣だけが好きな人も多いようなので、責任感があって本当の愛情を注いで最後まで面倒みる人もいっぱいいるんだよね。
そっちが多数派の世界がいいなぁ・・・あっと、でも唐揚げの鶏肉が小さくなっちゃう。(そっちの相関はない!)
Posted by ハリケーン at 2010年06月29日 09:02
お久しぶりです。
poohpapaさん、完全?復活されましたようで。
おめでとうございます。

自分は犬派なので猫の習性には疎いのですが、
2年ですか。
猫は犬より長生きなので仮に20年の寿命だと
すると人生の10分の1!
人間で言えば、7〜8年も飼い主の為に旅した
ことになりますね。
それこそ母を訪ねてどころの話じゃないですね!

せめてこの猫の余生が幸せであることを
祈るばかりです。
Posted by タスク at 2010年06月29日 10:59
ハリケーンさん、こんにちは

ペットショップで見るだけ、友人宅で触るだけ、というのが賢い選択かも知れませんね、とくにうちのノルンみたいに全く私に懐かないと、ついそう思ってしまいます。うちのは私に「反省しろ」と言いますが^_^;

もっとも、ちっとも懐かないノルンからでさえ、いろんなものを貰っています。家族の一員以上の存在ですね。

西洋の諺でしたっけ、先日、どなたかがコメントで教えてくださったんだと思いますが、「子供が産まれたら犬を飼え」という言葉、なるほどな、と思いますね。え?なに、ペッショップで見るだけで充分・・・、あ、そうですか(^^ゞ

Posted by poohpapa at 2010年06月29日 17:06
タスクさん、こんにちは

年に何回か(主に仕事がらみで)「もう、やってらんねえ!」と全部放り出したくなることがありまして、そうすると更新も休んでしまいます。ご心配をお掛けしてあいすみません^_^;

近所の野良猫なんかを見ていると、せいぜい半径50〜100mくらいのテリトリーで行動しているようですので、本当に3200kmも旅するかなあ、鮭じゃあるまいし、とかね、疑ってしまいます。

元の飼主のところまで行って幸せなんだかどうか、気になりますね。本当に自力で辿り着いたなら壮絶な苦労をしているでしょうから、幸せでなければ困ります。どんな事情があったか不明ですが、飼主にはしっかり反省してもらいたいものですね。

それにしても可愛い猫ですね、ソックス(足先が白)ですし、よく途中で誰かに拾われなかったもの、と思います。どう見ても野良には見えないから、それが幸いしたのかも。自力で辿り着いたなら、ですが。
Posted by poohpapa at 2010年06月29日 17:15
>個人的には絶対に有り得ない話だと思う。
激しく同意します。私もあり得ないと思います。

以前カキコしたように我が家にも室内にバカ猫が3匹いますが、うちのが洗濯中とかに内1匹が時々家を跳びだします。
毎日2、3度は私の膝の中に入ってきてしばらくゴロゴロ甘えてるヤツが、追いかけた私を外で見たとき、
「誰だ、お前?」って感じで・・・思いっきり逃げて行きます(泣。私を私と認識するのは家の中だけのようです。

まあ、ウチのバカ猫が極端にバカなのかもしれませんが、それにしても限度ってものがありますよ。
渡り鳥じゃないんだからw。
Posted by バンブー at 2010年06月29日 20:34
バンブーさん、こんばんは

<<渡り鳥じゃないんだからw。

上手い!、座布団5枚(*^^)v

これねえ、猫の習性を考えたら、と言うか、考えるまでもないことですね。2000マイル、と言えば犬でも難しいでしょうね。北海道の北端から沖縄までの距離とのことで、臭覚で追いかけられる距離ではないし、ピンポイントで探し当てるなんて不可能ですよね。

いつか、ネス湖のネッシーみたいに「私がやりました」なんて人が現れそうな気がします。

この猫は、悪意の人間の被害者(犠牲者)と言えますね。
Posted by poohpapa at 2010年06月29日 21:03
久しぶりの書き込みになります。

これは単なる奇跡ではなく、なんとなく胡散臭いものを
感じてしまいますね。
この猫だけではなく、美談、奇跡を故意に売り込んで
来る記事が時々出てきますね。
ほとんど話半分というか眉唾ものとして
読むようにしています。

自転車に乗るようになって、色々変なモノが
あることに気がつくようになりましたが、
犬の散歩に糞を始末するための袋を携行しない人や、巻尺みたいな長すぎるリードを持つ人が
多く、非常に迷惑だなと思っています・・・。
Posted by ブロンプトン at 2010年06月30日 04:47
ブロンプトンさん、おはようございます

お早いですね、もしかして、サッカーの試合の後、そのまま起きてらっしゃるとか・・・(*^^)v

ところで、この「猫の話」、誰が考えても胡散臭いですよね。猫が自分の脚だけで3200kmも旅して辿り着いた、とするために、わざと「相当にやつれた感じ」を出すべく虐待を受けていた可能性もあります。

これが仕込まれたものだとすると(たぶんそうでしょうけど)、関わった人間たちを赦せません。真相を知りたいものです。

そうそう、私も以前、犬を飼っていて、散歩の際は手ぶらでした。もちろん、ウンチもします。実は、ポケットにビニール袋を入れていて、ウンチをしたらそれを出して、袋に手を突っ込んで手づかみして、裏返して封をして家まで持ち帰っていました。人から見れば、「何もウンチを処理すべき物を持たないで散歩してるのか」と思われるだろうな、と気にしつつ、袋だけブラブラさせて持ってるのも嫌なのでポッケにしまい、何か言われたら出そう、と思ってました(*^^)v

今思えば冷や汗もの、ですね^_^;
Posted by poohpapa at 2010年06月30日 05:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]