2010年06月30日

個人の資質でなく会社ぐるみの「騙し」の体質では

ちょっと前のニュースだが、私がうっかり見落としていたもの。

ネットのmsn.ニュースからで、しばらくすると削除されてしまうと思うので原文をそのままコピペさせて頂く。


【貧困ビジネス】エイブル元店長「前担当者から引き継ぎ」
 店ぐるみで敷金水増しか
(2010.6.5付け)


 NPO法人「いきよう会」(解散)による生活保護費詐取事件で、受給者の転居に伴う敷金を水増しして請求したとされる大手不動産仲介会社「エイブル」元店長の藤原克行容疑者(32)が、同会の案件をめぐる水増し請求について「前の担当者時代からやっていた。自分は引き継いだだけ」と供述していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警捜査4課は不正が組織ぐるみで行われていたとみて調べている。

 府警によると、藤原容疑者はエイブル昭和町店店長だった平成19年9月、同店社員の菊川洋輔容疑者(33)と共謀。元NPO代表の由井覚容疑者(51)から斡旋(あっせん)された受給者の女性(43)の転居時に、実際は約10万円の敷金を33万円と偽って大阪市に申請、詐取したとされる。

 調べに対し「なぜ自分だけ逮捕されるのか。業界ではみんなやっている」と供述しているという。

 不動産関係者によると、エイブル昭和町店は少なくとも17年6月には、由井容疑者が囲い込んでいた受給者の転居先物件を仲介していたが、このとき敷金は正規の金額が家主に支払われ、不正はなかったという。府警は水増し請求はこの後に始まったとみており、当時の経緯を詳しく調べる。



これ、容疑者の供述どおり、会社(店)ぐるみの犯行なんだと思う。

と言うのも、エイブルという会社は、他社の管理物件を横取りしたり、表向きの手数料は業法どおりであっても客には分からないよう別の名目で家主からバックさせたり、なんてことは日常的にやっている。これ、エイブルに支払っているのは家主だが、実質的には客が払っているもので、当社に「今まではエイブルに管理を任せていたけど、これからはオタクで」と依頼してきた家主さんから聞いたところでは、「礼金も更新料も私は受け取ったことがなく、そんなのは元々業者がもらうもの、とばかり思っていた」、とのこと。

「礼金は家主さんに支払われるもので、更新料は家主さんに支払われた後で業者が手数料として半分頂くのが慣例になっています」と話すと驚いていた。しかも広告代は別途請求されていたとか。

それは、その店舗だけの方針、一店長のやり方、とは考えられないから当然に会社ぐるみの手口であって、今回の一件も同じだろう。

生活保護受給者の弱みに付け込んで「上前をはねる」など、卑劣で赦されるものではないが、中には、本来は受給条件を満たしていない生活保護受給者もいただろうから、エイブルだけが悪い、ということでなく、合意のうえ「持ちつ持たれつ」という関係で役所から生活保護費を騙し取っていたケースもあったのではなかろうか。大阪という地域の特性を考えれば十分に有り得ると思う。


ちなみに、大阪では、こんなニュースもある。

中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5〜6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5〜6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。


まるで笊(ザル)である。審査などしてないか、中国人からの申請だと断れないのか、「生活保護費の原資は税金」だという意識が欠如していて、悪質な不動産業者や団体に付け込まれるのも頷ける。


参考までに、本件に関係したmsn.ニュースの見出しを列記する。

【貧困ビジネス】転売?受診の生活保護受給者、4人に1人が基準量超の向精神薬入手 大阪
【貧困ビジネス】保護費入金は複数回 自称NPO管理の業者口座、架空請求か
【貧困ビジネス】自称NPO、関係深い7業者に見積もり 引っ越し代、市に架空請求も
【貧困ビジネス】地下室なのに…転居1回50万円、敷金扶助に群がる実態
【貧困ビジネス】別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯
【貧困ビジネス】生活保護費狙い引っ越し業に参入 NPO元代表の内妻
【貧困ビジネス】施設入所拒否を指南 自称NPO、生活保護者囲い込む
【貧困ビジネス】代表自身も生活保護で転居 制度悪用か
【貧困ビジネス】複数の名前使い分け申請 NPO元代表、5区役所で
【貧困ビジネス】がめつい家主、わしらを商売に…生活保護支給日、業者の姿も



見出しを眺めただけでも「世も末」だと思える。

今回の事件に絡んだNPO法人だけでなく、別の団体も同様の手口で生活保護日を搾取していたようだから、これから捜査が進むにつれて新たな団体や業者が摘発されることもあるだろう。

「なぜ自分だけ逮捕されるのか。業界ではみんなやっている」という容疑者の供述は、一部はそのとおりと思う。業界みんな、はやってないが他にもやってる業者があるのは間違いない。しかし、そういう言葉が出てくるのは同業者として恥ずかしい。こんなこと言ってはナンだけど、うちなんか生活保護の方に米を送ったりしてるのに(*^^)v


で、不動産業者の手数料は成功報酬であるから、成約しなければ一銭にもならない。逆に言えば、成約件数が増えればそれだけ収入になるし、いろんな口実を設けて課金したりバックさせたりすれば相当な収益になる。法律を遵守している業者の何倍も荒稼ぎできる。

そういう業者が一社あるだけで、しかもそれが大手であれば尚のこと、消費者から「不動産屋はみんなそう」「だから不動産屋は怖い」などと思われて信頼を大きく損なうことになる。

こういう業者は、業界から即刻退場して頂きたいもの、と思う。


posted by poohpapa at 05:25| Comment(6) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

>なぜ自分だけ逮捕されるのか。業界ではみんなやっている
こうしゃらっと言える考えがすごいですねー。
自分が犯罪を犯していたという意識がまったくないんですね。
まじめにお客さん大家さんの喜ぶ顔がみたいと仕事をしてらっしゃる不動産屋さん達が聞いたら、ひっぱたきたくなるような言い草ですね。
詐欺で入手したお金は返金されるでしょうか。
個人がした事だ、とかほっかぶりするのかしら。
是非他の支店とかも調査して欲しいですね。

それから介護目的で48人って・・・!
人手不足で悩んでいる介護施設がうらやましがる人徳ですね!(違う
っというか、なんで許可されたの?
そっちが不思議です。
データベース化されてないのかしら・・・
生活費のあてとか関係ないのかしら。
審査ってどういう基準なんだろう・・・

お母さんの介護で働く事ができず、役所の怠慢で生活保護を受けられず身辺整理を済ませてお母さんを泣きながら殺してしまった男性の事件を思い出しました。
Posted by 葉山猫 at 2010年06月30日 08:34
>業界ではみんなやっている

こんなこと言うヤカラも問題ですけど、マスメディアがそのまま報道しちゃダメでしょう。
風評被害というのもあるんだから。
今のマスメディアは自分で考えないで、人にしゃべらせようとばっかするので、頭が腐っちゃってるんでしょうね。
きっと、脳味噌がどっかの唐揚げの鶏肉並みなんでしょう。
Posted by ハリケーン at 2010年06月30日 09:00
葉山猫さん、おはようございます

今ね、「生活保護を申請するなら大阪市」と言われてるみたいですね。他の市より明らかに審査が緩いみたいです。と言うか、「声が大きい」人が多いんですね。大阪市の或る地域では10人に一人が生活保護とのことですね。

率直に言って、当社でも生活保護受給者の入居が増えていて、現在10名以上いますが、半分くらいは不正受給と思われます。それでも、告発すれば退去するか家賃が滞る可能性が高く、家主さんにとって不利益になります。なので言えないでいるのが実情です。

不正受給を断ち切って、本当に保護が必要な人を手厚く保護するようになればいいのですが・・・、うちの市でも生活福祉課の職員に危機感はありません。所詮、人のカネなんですね。入居者が「家賃として支給された分」を他に流用しても返還請求すらしません。

不正時給も、ですが、そこに群がって上前をはねる、なんてのはヒドイ話で、「業界では皆やってる」・・・、皆なワケありません。一部です!

だいいち、だから「いい」という話ではありませんもんね。

葉山猫さんが書かれた「母親を手に掛けた」男性の話、私もよく覚えています。虚しいですね・・・。
Posted by poohpapa at 2010年06月30日 09:22
ハリケーンさん、おはようございます

たしかに、そのまま垂れ流したら信じてしまう人は多いでしょうね。

敷金を大幅に上乗せして業者が搾取する、なんてのは礼金の上乗せなんかよりもっと酷いケースですね。礼金の上乗せは、客付け業者が家主や元付け業者の足元を見ているのに対し、エイブルの敷金上乗せは、客の足元を見ているワケですから。

いずれにしても、支払うのは客、であって、礼金の上乗せは「違法、とは言えない」という程度、敷金を上乗せして上前をはねるのは「明らかな違法行為」ということですね。どっちもどっち、ではあります。

ただね、エイブルなんかは宅建業協会に加入していないので、組合の指導が及ばないのですよ。そこが問題ですね(ふう・・・)
Posted by poohpapa at 2010年06月30日 09:37
こんにちは。
私も駆け出しは賃貸専門部署だったんですが、ホント、賃貸は儲からないんですよ。仲介料、広告宣伝費はもちろん、引越し業者の斡旋、入居前の消毒代とか、取れるものは全部取るw、それが会社の方針でした。

私はアパート建築会社、仮称)大西建託とか、仮称)オレオレパレスとかの営業と組んで、地主を紹介して建築後の成功報酬を狙ってました。数度成功しましたが・・・

現在は少子高齢化、私の頃よりもっと大変なんでしょうが、生活保護費詐取はいけませんね。

エイブ○やミニミ○は、相変わらず良い評判は聞きませんね。
Posted by バンブー at 2010年06月30日 15:26
バンブーさん、こんにちは

私よりもキャリア豊富でいらっしゃる(*^^)v

昔は、賃貸は安定収入、売買は不安定だけど一発当てると大きい、なんて言われてましたけど、今は、賃貸は低額不安定ですね。地道にやっていて、たまに売買が纏まったりすると久々のボーナス、って感じで嬉しくなります。

先日も、家主さんからお小遣いを頂いて、そんなのも今は正直に(うちのに)申告して家計に入れています。

大手の賃貸業者は「あの手この手」で、いろんな名目で客からカネを引き出そうと躍起ですね。うちらみたいな小さな会社がそんなことをすればいっぺんに悪評が立って経営が立ち行かなくなりますが・・・、大手が羨ましいですね。

<<エイブ○やミニミ○は、相変わらず良い評判は聞きませんね。

そうですね、未来永劫、評判が良くなることはないと思いますね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2010年06月30日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]