2010年07月30日

同じ用件で、二つの金融機関の全く異なる対応

以前、記事にしていた「私が通帳を紛失した件」で、しばらくの間、どこかから連絡があるかも、と待っていたが、「そろそろ再発行をお願いしなければ」と思い、銀行に出向いた時のお話。

この話、支障があるといけないので金融機関名は伏せる。

失くした通帳は3冊。A金融機関1冊とB銀行2冊。私はふだん、通帳に鉛筆で「おカネの流れを」記入しているので、再発行される通帳とは別に「失くした通帳の入出金記録の明細」も必要だった。

事前の電話で、「通帳の再発行、入出金明細ともに手数料が掛かる」とは聞いていて、それは私も「当たり前のこと」と納得していた。

先ずA金融機関の窓口に行くと、対応してくれたのは中年男性。法人口座なので通帳は金融機関から「照会状」が郵送され、それを持参して受け取ることになった。そして、入出金明細はその場で直ぐ印刷してくれ、私が料金を払おうとすると・・・、

自分の口に指を当てて「内緒」という合図を送り、「けっこうですよ、それくらいサービスして当然なのですから」と小声で言う。

「こんなの印刷するくらい、どれほどの手間でもないですし」とも言っていて、まあ金額にすれば大したものではないのだが、それでも「お堅いハズの金融機関での意外な心配り」は嬉しかったし驚いた。

なんでかな、と考えてみたが、一つ思い当たることがある。ちょっと手前味噌にはなるが、私が番号札を取り、呼ばれて席に着く際に、帽子をとって「ご面倒をおかけしますが通帳の再発行をお願いしたいのですが・・・」と丁寧にお願いしたからじゃないかな、と思う。

これが「悪いんだけどさあ、通帳、再発行してくれるかなあ」と言ったなら、きっと有料になっていたのでは、と思う。相手も人間だから。

世間話の中で私が「大家さんもだいぶご高齢になられて、何かあって次の世代と交代したなら、今は息子さんたちと面識がなかったりしますから、それを機に『大手の業者に頼むことにしますから』と切られてしまう可能性があります。なるだけ早い機会に後継者の方ともコミュニケーションをとっておく必要がありますね」と話すと、「いや、実は我々金融業界もそうなんです。今は年金の受け取りとかでお使い頂いていても、子供さんの世代には関係がないので、親御さんに何かあれば別の銀行に変えられてしまうことはよくあります」と仰る。

何か、ほのぼのとしたものが感じられていっぺんでファンになった。


一方、B銀行・・・、

お客様相談窓口は個々にパーティションで区切られ、カウンターは半個室のようになっていた。順番が廻ってきてカウンターに行くと、若くて綺麗な女子行員が丁寧な挨拶で迎えてくれた。両手をお腹の辺りで合わせて、腰を30度くらい折り、一度静止してゆっくり戻す。その様は、開店と同時にデパートに入る時に店員が並んで迎えてくれる時のお辞儀と全く同じである。こっちの用件は「通帳の再発行」だから、なんか話がし辛くなった^_^;

で、用件を伝えると、「本日は、法人様の謄本もしくは印鑑証明はお持ちでしょうか?」と訊く。「持ってませんが、以前の通帳と会社の実印、私の免許証などは持ってきてますが」と言うと、「当行では法人様の通帳再発行には謄本もしくは印鑑証明が必ず必要になります」とのこと。それで諦めて出直すことにした。すると・・・、

帰ろうとする私に、再び、あの馬鹿丁寧なお辞儀、である。


「馬鹿にしてんのか!?」と言いたくなったパンチ爆弾

お辞儀の作法は上司から厳しく指導されているのだろうが、どんなケースでも画一的に同じお辞儀で良いハズはない。たぶん「自分は上手くやれている」と本人は思っているんだろうけど。

これ、どちらの対応が正しい、と言うのではない。セキュリティの面から言えばB銀行の対応がむしろ正解なのかも知れないのだし。

ただ、法人謄本なんかは「誰でも取れるもの」なんだから、もう少し臨機応変に対応をしてもいいのでは、とは思う。何より、無表情に馬鹿丁寧なお辞儀をされると、用件が用件だけに凹んでしまうたらーっ(汗)

実はA金融機関の担当者はこうも言ってくれていた。「パッとお顔を見れば、信用できるお客様かそうでないかは直ぐ解かります。このお客様は信用できる、と思えたなら自分の直感を信じて行動しますね」、と。なんだか、私とよく似ている(*^^)v



あと6年・・・、私の「年金受け取り口座」はA金融機関にしようわーい(嬉しい顔)
posted by poohpapa at 06:18| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人様も、その直感が良く当たるんだから、公私に限らずお会いする場合には怖いなー。
Posted by occhan at 2010年07月30日 07:39
occhanさん、おはようございます

いえいえ、お恥ずかしい話、外れることのほうが多いのですよ^_^;

ドンピシャで当てたのは、

長男が会社の同僚の女性の中で、誰と付き合うことになるか、

同級生のWとIが将来結婚することになる、

この二件は、当時、それぞれが別の人と交際してたのですが、それでも私なりに根拠があって予言したもの、であります。

後は、うちの(現女房)が信号待ちしている姿を見て「あ、この人と結ばれる・・・」と直感したことくらい、ですね。

最近は「この人、そんな人だったの・・・」「なんでそうなるかなあ」というのばっかりで、かなり目が曇ってますね。

ガッカリさせられることのほうが多くて嫌になります。でも、お互い様なんでしょうね、きっと(*^^)v

Posted by poohpapa at 2010年07月30日 08:19
人相学が得意と聞いてやってきました。

私はいかがでしょう?

Posted by けろけろ at 2010年07月30日 09:45
どれどれ、さっそく見て進ぜよう。

ふ〜む・・・、こ、こ、これは・・・、

女難の相が強く出ておるな・・・。惚れた女にさんざん食い物にされて貢がされて、挙句に知り合いの不動産屋に奪われる、と出ておる。

用心したほうが良かろう。誰にも心を赦さんことじゃ。

さて、見料は1万頂くが、宜しいかな。

Posted by poohpapa at 2010年07月30日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]