2010年08月08日

大阪市での2幼児放置遺棄致死事件について

さんざん皆に書き尽くされていることではあるが触れておきたい。

近所からも3回の通報があって、子ども相談センターの職員が5度も訪問していて、なぜ、この幼い子供たちを救えなかったのか。

数年前に児童虐待防止法が改正になり「強制立ち入り調査が可能になっている」とのことだが、それだと「保護者が出頭要求に2回応じなかった場合などに児童相談所が裁判所に許可状を請求する」ことが要件になっていて、それでは到底間に合わないケースも多いに違いない。

私は、児童相談所や子ども相談センターの係官には「通報などがあって虐待や放置が疑われるケースでは親権者等の了解を得なくとも住居に立ち入ることができ、なおかつ、事実であったか否かに関わらず、プライバシーの侵害、不法立ち入り等の責任を問われることは無い」という免罪符を法律で与えるべきだと思う。

「裁判所の許可を得て」では間に合わない、一刻の猶予もない事態だってあるだろう。緊急車両は赤信号でも交差点に進入できるではないか。それと同じで、どちらも人の命が懸かっているのだから。

仮にそういう免罪符が与えられてなくて、10件の通報のうち9件がガセで事実は1件だけで、結果的に9件の親に謝罪するハメになっても、一つの命でも救えたなら、そのほうが遥かに良いではないか。

免罪符など無くても、男気のある上司がいて「(通報が誤解だった場合)何かあったら俺が責任を取る。管理人から鍵を借りてでも室内に入って確認しろ」と言っていたなら救えたかも知れない、とも思う。

通報を受けて係官が訪問していながら「手紙を置いてきたり若干の聴き込み」だけで済ませ、なぜ追跡調査をしなかったのか、と言えば、人権への配慮などでなく「我が身の保全」でしかない。要は、誤解であった時に「誰も責任を取りたくない」というだけのことだ。

公務員であるが故に失敗を恐れて腰が引けてしまっているのが見え見えで、所長の会見でも言い訳が先行していて見苦しい。我々民間人からすれば「よくそれで給料をもらえるもの」と思ってしまう。

大阪の事件・・・、私は「普通の殺人よりもっと酷い」と思う。放置するならいっそ一思いに殺したほうが良かったとさえ思う。水も食べ物もなく、親の愛情も温もりも知らず、ワケが解からないまま死んでいく・・・、想像しただけでも胸が張り裂けそうになる。

専門家の話では、この女、懲役20年程度の懲役刑で、十数年で仮出所することになる、という。無理は承知だが、監房の中では冷暖房も切って、一切の水も食料も与えず放置してやればいいと思う。


ところで、母親の弁護士が「この母親も被害者」と言っているとか。

???、である。

「玉突き衝突の真ん中の車」じゃないんだからそんな論理は通らない。例え子供時代に自身もまた虐待を受けていたとしても、どうして「この女も被害者」などと言えるのか。論理のすり替え、責任転嫁も甚だしい。それじゃ家賃を滞納していながら「会社をリストラされた私も被害者(だから待ってくれて当然)」と開き直る入居者と同じだ。


いずれにしろ、我が子を放置して死に至らしめた母親だけでなく、自己保身に走って職責を果たそうとしなかった児童相談所の責任は極めて重いと思う。

法律がどうなっている、とか、人権がどうの、という問題ではなく、真剣に職責と向き合っているかどうか、の問題である。その気になれば出来たことをしなかった、というだけの話だ。

所在不明のお年寄り問題も同様で、役人(公務員)にとっては、所詮「人の命」「人のカネ」でしかないんだろう。

posted by poohpapa at 07:05| Comment(14) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

何から何まで仰るとおりです。
ほんと、最近何かおかしいですよね・・・

しかしこの母親、離婚した後風俗で働きだしてから育児意欲が急激になくなったって聞きましたけど、お湯を使う風俗のお商売だったら、ものすごく体力使いますよ。
気づかれもするでしょうし。
特にそういうお仕事をしながら小さいお子さん2人育てるのはよほどの根性がないと・・・
この母親をかばうつもりはま〜ったく!ないです。
同じ境遇でがんばってる方いっぱいいるんですから。
でも離婚が増えているんですから、シングルマザー/ファザーって多いんでしょう。
少子化が問題って言うのなら、子供を生んでも生活していけるサポートが早急に欲しいですよね。
無償で24時間営業の保育所みたいなものを国とか地方自治体で用意してくれるとか。
昔先生だったと言うシルバー人材とか、ボランティアでがんばってもらって、評判の良い人には名誉市民の称号を与えるとか、そういう方向で何かやれないのかなぁ・・・
Posted by 葉山猫 at 2010年08月08日 09:30
おはようございます。

アメリカでは小さい子供だけを車内や家に置いて
屋外に出るのは即座に警察に通報されて親が逮捕されると聞いています。
その理由づけも明確に定義されているのに、
日本では間違っていたら誰が責任を取るんだとなすり合いで
及び腰にも程があります。この差はなんでしょう?

今日も青森で2歳と3歳の子供をアパートに夕方5時から
留守番をさせている途中に焼死したという事件が
ありました。
小さい子供に大人と同じように判断ができると
思ってる人が多すぎるように感じます。

一番大きな問題として捉えるべきは近所との
コミュニケーション(近所付き合い)が昔と比べて
かなり希薄になってきていることが重要な
点ではないかと考えます。
個人情報だからといって必要な情報を出さない人も多くなっているようですし。

この事件は色々な面での問題を浮き彫りにしてきている
と思うので慎重に考える必要がありますね。
Posted by ブロンプトン at 2010年08月08日 11:26
『児童相談所』が何の役にも立たないのは、役人だからですよ。
「責任を負う」という感覚は役人にはありません。
しかし、惻隠の情よりも自分の仕事に優先するようになっては、人間は終わりですね。
個人情報保護法ができて、言い訳できるようになったせいで、役人のいい加減な仕事に歯止めがきかなくなっちゃいましたね。

日本の戸籍ってもっとちゃんと管理されてるのかと思ってましたよ。
Posted by ハリケーン at 2010年08月08日 22:38
この事件の起こった場所は、私の勤務地の一つからも、かなり近い(1Km以内)ので、
事件の続報を知る度に大阪人として益々辛かったし落ち込みました。

続報の中で、特に『空っぽの冷蔵庫に小さな手の跡が点々』とか、『姉の桜子ちゃんは食中毒で先に亡くなり、弟の楓くんは餓死、排泄物を食べた形跡あり』の記述を知るに至り、
打ちのめされ、涙が抑えられなくなりました。

いくら自棄になったとしても、タマゴッチ(旧くて御免なさい)を放り出すみたいに…

この母親、予想される刑期は懲役二十年くらいで、実際にはそれまでに出所するだろうと、
ネット掲示板で誰かが書いていましたが、保護責任者遺棄致死では無く、殺人で立件して頂き、極刑になる事で償って貰いたいです。

こちらにコメントとして以前書いた母親殺しの犯人の時とは真逆の心情です。

制度が悪い、役人が悪い、国が悪い、、、、


日本人に生まれて恥ずかしい。


いや、ちょっと待てよ。

一部のマスコミは日本人を貶めたり、元気を無くさせたりする情報を意図的に増やしてたりしないでしょうか?


大事な事は嘆く事では無く、是正する事、何が正しいのかを見抜く聡明さを磨く事。

闇があるからこそ光は美しいので、闇に真っ黒に塗り込められずに生きて行きたいです。

桜子ちゃん、楓くん、天国ではお腹一杯ご飯食べて下さい。


同じ様な事件を、もう二度と起こさない為に、頑張ろうと思います。

その為に、私に出来る事、考えます。
Posted by 街のクマ at 2010年08月09日 08:37
葉山猫さん、おはようございます

<<少子化が問題って言うのなら、子供を生んでも生活していけるサポートが早急に欲しいですよね。

そうですね、シングルマザーが働きながら子育てが出来る環境は整えなければなりませんね。ただ、子育てには苦労が伴って当たり前なんだし、国や自治体が至れり尽くせりにしてしまうのも本人の為にはならないので、そのあたりの匙加減は難しいものがありますね。

今は、空いてる店舗や事務所はたくさんありますから、そういうのを役所が借り受けて、ある程度までの高齢者に(全く無償ではなく)ボランティアをお願いして見てもらうとか、何か方法はありそうですね。

我々は人間なので、良い知恵が出せるといいですね。


Posted by poohpapa at 2010年08月11日 07:48
ブロンプトンさん、おはようございます

アメリカでは、買い物をしている短い間であっても、車内に子供を残していくと虐待とされる、と聞きました。日本でも、いきなりそこまでは難しいとしても、法整備が必要だと思います。

青森の2児焼死事件は、幼い子供二人を置いて5時間も家を空けた両親の責任は重いと思いますが、冷蔵庫からの失火ということで、不運も重なりましたね。もちろん、子供だけに留守番させるのは、そういう不可抗力も含めていろんな危険が伴いますので、絶対に避けなければなりませんが。

で、思うのですよ。毎年こんな事故や事件が繰り返されているのに、どうして教訓にしないのか、と。置き去りにして我が子を殺した母親は論外として、子供を失って悲しんでいる両親に石を投げつけるつもりはありませんが、どうしてもう少し気をつけなかったものか、と。本当に、子供だけを置いていったら何が起きるか分からないのですから。

<<一番大きな問題として捉えるべきは近所との
コミュニケーション(近所付き合い)が昔と比べてかなり希薄になってきていることが重要な点ではないかと考えます。
個人情報だからといって必要な情報を出さない人も多くなっているようですし。

これ、全く仰るとおりです。近所付き合いが密であれば、どうしても親だけで出掛けなければならない時には例えばお隣さんに「ちょっと出掛けなければならないんで何時ごろまで気にしててもらえませんか」と声を掛けられるワケで、昔はそういうことしてましたよ。

プライバシーだの個人情報だの人権だの、そういうことが重視されて「近所付き合い」が希薄になってきている結果ですよね。

私は、昔のような付き合い方のほうが好きですね。うちのマンションではそうしています。この夏も、猫のお世話を頼まれたりしてますし、こちらがお願いしていることも多々ありますから(*^^)v
Posted by poohpapa at 2010年08月11日 08:07
ハリケーンさん、はようございます

<<個人情報保護法ができて、言い訳できるようになったせいで、役人のいい加減な仕事に歯止めがきかなくなっちゃいましたね。

それは痛切に感じます。家賃を滞納している当事者のみならず、役所の職員までが何かと言えば「個人情報ですから」と逃げを打ちます。

守るべき個人情報なんてそんなに種類はありません。なんでもかんでも「個人情報」で片付けたなら逃げ得を許すだけです。

この児童相談所の職員にも何らかのペナルティが下されることを心から望んでいます。こいつら、税金泥棒の石潰しですよ。
Posted by poohpapa at 2010年08月11日 08:13
『税金泥棒の石潰し』であることは間違いないのですが、公務員というのは法律を遵守しているだけなんですよね。
で、現状の法律は大抵「但し書き」がくっついてます。
要は、元からザルにしてあるわけです。
なので、ペナルティを下すようなもの立法しないと、現状ではきっとお咎めなしでしょうね。
悔しいけど、自民党が行政官を野放しにしたせいでしょう。
もぉアホかと
Posted by ハリケーン at 2010年08月11日 08:42
クマさん、おはようございます

状況が目に浮かびますね・・・、キツイものがありますね。

この母親、「殺人罪」で立件されるようですね。当然だと思いますが、なんでだろ、この事件では「死刑にしろ」とは思えないのですよ。

殺人以上に酷いことをしているし、殺したのが我が子だからいいじゃないか、というのでもありません。充分に死刑に値する罪を犯しているのですが、殺された子供の気持ちになってみると、母親が死刑になると「もっと浮かばれなくなる」ような気がしてしまって・・・。

私はふだんから「死刑制度支持」ですし、死刑に反対する人間など「人権ボケしたアホ」くらいにしか思ってないし、刑が確定したならサッサと処刑すべき、とも考えています。山口県光市の母子殺人事件の犯人など「死刑しか有り得ない」とも思っていますが、今回の事件では、一生監獄の中で、できることなら子供たちと同じ苦しみを味合わせたい、と思っています。

ひょっとすると、絞首刑でなく、(子供たちと同じように)水も食料も与えない死刑があるなら賛成できるかも・・・。

正直、よく解からないのですよ。同情しているワケでもないし・・・。裁判官も悩むでしょうね、この事件(う〜ん・・・)
Posted by poohpapa at 2010年08月11日 09:02
この事件は見たくなかった。聞きたくなかった。可哀想とかのレベル超えてます。
餓え死にって一番苦しい死に方ですよ。人間って餓えの極限に落ち入ると人肉まで食べますよ。

こんな小さい子達が。本当に一気に殺された方がどんなに楽だったかと想います。

食べ物も水も電気もない部屋で、餓え死にって地獄ですよ。

この母親は子供が逃げ出さないようにドアにテープ巻いてたんでしょ?

どっからみても殺人ですよ。

しかし、私も死刑存続派なんですが、この女には死刑ではなく、一生生きて罪をつぐなってほしいです。

いつもならこんな事件なら、死刑って思うんですが。

この事件以降、私の周りの人は皆鬱です。もちろん私も。やるせないです。何かもういやです。
Posted by レオン at 2010年08月12日 00:41
ハリケーンさん、おはようございます

法律は、人を管理拘束するためのものでなく人を生かすためにある、と思います。法律を遵守している(つもりになっている)役人は、人を生かすためでなく自分の身を守るべく解釈し、そのために使います。

法に沿っているから、違反していないから、と保身に走り、法を生かせないなら、単なる役立たず、税金泥棒です。

まあ、私の親友や同級生にも公務員、たくさんいますが(*^^)v

Posted by poohpapa at 2010年08月12日 07:30
レオンさん、おはようございます

私は男ですが、それでも、「自分のお腹を痛めた子供をそんなふうに捨てられるものなのか」と非常に強い疑問を持っています。

以前、このサイトで紹介した「海外の高速道路で車に撥ねられて既に死んでいるであろう犬を別の犬(たぶん、つがい)が必死に道路脇に引っ張っていこうとしている映像」がありましたが、犬でさえ情愛を持っています。なんで人間が・・・、と思ってしまいます。

なんででしょう、いつもなら凶悪犯に対して「死刑で当然」と思えるのに、この母親に対してはそう思えないのです。それは、子供たちは、きっとずっと母親を慕っていた、帰ってくると待っていたのでは、と思うから、でしょうか。母親が死刑になったら、その子供たちが一番悲しむかも、と思うのです。なんか、支離滅裂で考えが纏まりませんが・・・。

と言いつつ、死刑でなく、同じ極限の苦しみを味合わせたい、との思いもあります。

この母親は鬼畜以下です。(秋田の)我が子を橋から落として殺した母親よりもっと酷いです。

でもって児童相談所の職員にも社会的なペナルティを課して欲しいと思いますね。これでのうのうと給料を貰っていたら神経を疑います。

何か、明るいニュースが欲しいですね。

Posted by poohpapa at 2010年08月12日 08:13
こんにちは。私は九州在住ですが、台風が過ぎ去って暑い一日です。
言われるとおり、この事件は犯人も鬼畜ですが半分は行政の事なかれ主義が原因です。
担当職員の氏名公表などして社会的制裁加えてほしいです。

私の住んでいる県は子供の虐待死が上半期で六人です。異常です。
このような事件が起きる度に、行政の言うセリフは決まって「まさか、こんな事になるとは思わなかった」 「もっと早く手を打っていれば」と言うような完全な他人事です。

彼らには想像力が欠如しています。

まあ仕事がそれを必要としないのでしょうが。
最近思うのですが、何故子供の虐待死が減らないのか?

おそらく、「遺族」がいないからではないでしょうか?

「遺族」は刑務所の中ですもんね。福岡市で市職員による飲酒運転で三人の子供が死ぬ事件があったときは、「遺族」が世論を動かし飲酒運転に対する厳罰化がすすみました。

子供の虐待死の場合は「遺族」が加害者であり、子供の側に立つ人間がいません。

虐待死に対して、保護責任者遺棄致死罪などの馬鹿みたいに軽い判決はやめて、厳罰化するべきてすよね。
アメリカのように疑いがあれば、即家に踏み込み親を拘束できるような制度を作らない限りこのような事件はずっと続くと思います。

この事件は私の中では、腹が立ち、どうにもやりきれない事件トップ3になってしまいました。
女子高生コンクリート詰殺人事件、山口県光市母子殺人事件と共に。

Posted by レオン at 2010年08月12日 12:17
レオンさん、おはようございます

私も、行政の怠慢で「救える命を救えなかった」と思っています。

これで、児童相談所の職員に何のお咎めもないなら納得いきません。と言うか、だったら児童相談所など要らないものでしょう。

この大阪の児童相談所に限らず、全国どこでもあまり変わりはないと思いますね。初めて起きた事件ではありませんから。

仰るように、虐待死に対しては保護責任者遺棄致死罪などでなく厳罰化すべき、と私も思います。やってることは立派な殺人です。しかも、大人が何らかの理由があって殺すのと違って、何も解からないで無抵抗でいる幼児を殺すのですから、もっと罪は重いでしょう。

子供の意識の中には、どんなに虐待を受けていても「親を信じる気持ち」があるもの、だと思います。と言うか、子供にとっては親しか信じるものが無いのです。親が自分を見捨てて殺す、なんてことは全く考えられないことだと思うのですよ。

今は法律が改正されたかと思いますが(定かではありませんが)、昔、日本には尊属殺人という定義があって、恩がある親を殺した場合には重い罪を問われました。逆に、何も解からないでいて無抵抗で、親を信じるしかなかった子供の命を奪ってしまった場合には、一般の殺人より重い罪に問われていいように思います。

「子供は国の宝」なんて煽てていながら、国も公務員も全くそんなふうには思っていないのがよく解かります。

私も、今回の事件は、女子高生コンクリート詰殺人事件、山口県光市母子殺人事件と同じく、三大醜悪(極悪)殺人事件だと思います。
Posted by poohpapa at 2010年08月13日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]