2010年09月30日

私が「こいつだけは赦さない」と思っている同業者 5

おそらくは、K商事の社長から家主さんに電話があって、「まだ納得してないようだから、家主さんからハッキリ断ってもらえないか」とでも言われたのであろう。家主さんは私にこう言う。

「長いことお世話になったけど、私ももう80歳になるし、今後は娘夫婦に見てもらわないといけないから、娘夫婦と相談して地元の業者さんに管理をお願いしようと思っているので、宜しいかしら?」

地元の業者、って、私も地元だし、以前入居者がストーカーに付き纏われた時には夜中の12時半に見回りにも行っている。私の店が新宿や中野というなら解かるのだが、もっと近くがいいってか!?

とは言え、どこに管理を依頼するかは不動産会社でなく家主さんが決めることである。「結構ですよ。こちらこそ、あまりお役に立てなくてすみませんでした」と言うと、いろいろ弁解された。

「K商事さんが、『リフォームするなら安いとこ紹介するから』って言ってくれて、その業者さんが『K商事さんの紹介なら出来るだけ安くしますから』って言ってくれたし、これからリフォーム頼んだりするのに『K商事さんの紹介なら安くする』と言われると管理もK商事さんに頼まざるを得なくなるもので・・・。それに娘たちの意見も尊重しなければいけないし、娘たちも『お母さんの好きにすればいい』と言ってくれるもので・・・」

???である。本末転倒で責任を転嫁している。自分の意思で決めた、で良いではないか。どう取り繕ってもミエミエなんだから。それに私自身は「仕方ないこと」と自分に言い聞かせていたから、弁解などされると、かえって不愉快になる

ただ、「これからはK商事さんを通してください」と言われたので、それについては「何度も当社負担で広告を打っていますので、いきなり今後はK商事を通すようにと言われても困ります。うちに問い合わせや申し込みが入った場合にはうちで対応させて頂きます」と言って納得してもらった。結果的に、3室のうち、当社で決められたのは1室に終わった。残りはK商事で決まったようだが・・・、

私には「うちは案内だけしててもつまらないんだよ」と言うような業者が本当に家主さんや入居者のことを考えて管理してくれるとは到底思えない。法律違反ではないのだが、管理会社が別にあるのに無断で家主さんにリフォームの話を勧める、なんていうのは言語道断である。私が家主さんからあまり好かれていないだけのことなんだろうけど、逆に言えば、私も20年間よく辛抱したと思う。

当社でも長く空いたままになっている部屋がいくつかあって、家主さんに電話した際にお詫びを言うと、中には「この時勢で近所のアパートも空室ばかりだし、オタクを信用してますから気にしないでください」と仰る家主さんもいらっしゃって、そうすると私は、「家主さんがうちと心中する必要は無いので、『こいつじゃダメだ』とお思いになったら管理を切って頂いてかまいません。それで恨んだりはしませんから」と逆に言うようにしている。もし切られたなら正直辛いが、自分の力が及ばなかったんだから仕方ない。

当社でA棟を管理していて、B棟は大手不動産会社で管理しているアパートがある。そのB棟は4部屋のうち2部屋が2年も空いたままになっている。うちも1年ほど空いていた1部屋が最近ようやく決まった。B棟には家賃を200万以上も滞納している入居者がいて、管理会社は担当者がコロコロ替わっていて取立てなどしてくれないので当社に依頼があったが、私は他社の管理物件の取立ても無償でやっている。家主さんから「もうオタクで管理してもらえないか」との話もあったが、まだ引き受けていない。二つ返事で引き受けたなら「横取りが目的で取立てを引き受けた」ことになるから。

これから数年のうちには礼金や更新料という制度が消えるかも知れないから、「管理物件を多く抱えているから安定収入が見込める」という時代ではなくなるだろう。企業としての強いポリシーが無ければ「管理物件が多いことが命取り」にもなりかねない。K商事は当社の10倍くらいの管理物件を抱えていると思われるが、不動産会社にとって必要なのは数ではない。社長のやっていることは「競馬で1レース当てて喜んでいるようなもの」だ。ずっと立ち位置を引いて見つめると自分は間違いなく損をしているのに、それに気付かない・・・。愚かなことだ。


近隣の同業者に伺うと、「うちも手数料で嫌な思いをしたし、東大和のA不動産も『絶対にK商事とは取引しない』って言ってるよ。先代は立派な人だったけど、今の社長は元々が不動産業者じゃないから業界のルールとか解かってないんじゃないかな」とのこと。

更に、近隣の複数の別の同業者からはこんな話も出た。

K商事が、土地の売却を考えていたある地主さんに「上物を建てて売り出せば直ぐ売れるから」と持ちかけて上物を建てさせ、6000万円台で売り出したんだとか。場所は立川駅からバス便でなければ行けない(徒歩では無理な)地域。売れるワケがない。

駅から徒歩圏ならともかく、たとえ土地が広めでも、そんな値段の建売住宅が売れるものではない。結局、買い手が見つからず、貸家に変更して家賃も下げて2年経つが、未だ空家のままだそうだ。

K商事にとっては売れなくても実害はない。それどころか工務店から紹介料も得ている。タダで客を紹介するなんてことは有り得ない。「管理までやらせてもらわないと合わない」と考えるような人間が、タダの仕事をするワケがないのだから。その上で、売買の手数料も(あわよくば両手数を)得ようと考えたのだろうが・・・、ローンだけ残ってしまった家主さんは何ともお気の毒だ。


先代が高齢になって、元々は他の業界にいたのを呼ばれてK商事を任された男(先代との関係は不明)が、向こうは気にもしなかっただろうけど「20年も賃貸の仲介管理をしている」私を見下してモノを言う・・・、謙虚さなど毛先ほどもなく、欲と態度だけは大きい。

先は見えたな、と思った。


ところで、そのアパートには慢性的に家賃が遅れる入居者がいて、当社でだいたい1ヶ月分は立て替えていた。冷たいようだが、当社で管理してないアパートの滞納家賃を当社で立て替える必要も意味もなくなる。K商事に管理が替わったからといって今後は滞納しなくなるとは思えないから、もし取立てがキツければ当社の立て替え分の支払いを後回しにして今の家賃を先に支払うことも考えられるから、私は速やかに回収させてもらった。それは当然のことだ。

現在入居中のお客さん(ほとんどが当社のお客さん)には、「うちは管理を離れますが、何かあったらご遠慮なく相談してください。これからも◎◎さんは当社のお客さんなんですから」と伝えてある。


うちだけではなく、不動産会社は皆いろんな苦労をしてアパート管理をしているものだろう。今までは「管理の横取り」は大手の専権事項みたいなものだったが、最近では地元の老舗業者もするようになった。不況で先が見えない今だからこそ、(ヤクザ社会ではないが)仁義を通し、仲間との付き合いや連携は大切にしなければならない。

今までも、当社で管理している物件の家主さんに「今なら『借りたい』と言っているお客さんがいるから当社に直でやらせてほしい」と持ちかける業者はけっこういたが、K商事のように「オタクの広告なんか見たことない」と事実無根の話を吹き込んだり、無断でリフォームの相談を進めたり、という醜悪なケースは初めてのことだ。それに比べたら単に横取りしようとする業者など可愛く思える。

「老舗なら老舗らしくしなさい」「自社は新興の業者に荒らされることがあったとしても、姑息な手段で他社を貶めるな」と言いたい。

わざわざ教えたりはしないが、K商事の社長にも、できれば家主さんにも、一度この一連の記事を読んでもらいたいものである。自己弁護が始まるだけで、きっと理解は出来ないものだろうけど。




以上が、この春先に一ヶ月も更新を休むことになった理由である。

posted by poohpapa at 06:14| Comment(10) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一連の記事を拝見させて頂いて思ったのはやっぱり「不動産屋は怖いな or 嫌な連中だな」という事です。

もちろん、どんな業界にも良い人も居れば悪い人も居る訳ですが、私の少ない経験に照らし合わせても不動産屋は「悪い人」比率が高いように感じられます。

具体的には「取れる奴からは取ってやる」的スタンスの人が多いように感じられます。

借り手からすると、poohpapaさんのような良心的な不動産屋をいかにして探し出すかが物件を探し出すより大事だなと改めて思いました。

良心的な不動産屋が紹介してくれる不動産屋は、良い所ではないかと思われるので、そういうネットワークがあるといいなと思ったりします。

Posted by 借り手 at 2010年09月30日 09:21
仁義を欠くというのは、社会性の欠如とみなされますからね。
『仁』(他者への思いやり)『義』(倫理・道徳的社会規範)は、儒教でなくとも社会生活では必須の要素でしょう。
それを欠くということは、同時に『礼』も『信』も損なうことになるし、『智』も知れるというもの。

♪ババッバッバ、ババ
あんた、あの娘のなんなのさ
Posted by ハリケーン at 2010年09月30日 10:44

私もぜんぜん儲からない仲介業者です。
管理をすると大変なので、もっぱら客付けだけしてます。
管理がどんなに大変かは身に沁みてわかっています。
この世界で生き残るのもどんなに大変なことか・・・
毎日嫌なことはたくさんあります。

でも私はこの仕事が好きです。
喜んで下さるお客様がいる限り頑張れます。

poohpapaさんも辞めるなんて考えないで。

綺麗ごと言うみたいで嫌ですが、みんな心の中に
『徳』というものを積んでいると思っています。
私は車で割り込まれたら、気持ち良く入れてあげる、一個はゴミを拾うといった具合に、せこい徳を積んで自己満足しています。

お話を聞く限り、K商事の社長はずるいことを
するたびに徳を失っています。
ゼロおよびマイナスになったときに、絶対に報いがあるはずと信じます。

少なくともこれを読んであそこの会社には客付け辞めようと思う私がいます。
きっと他の方もそう思っていらっしゃると思います。(カウンターが物語っています)



Posted by ピュア at 2010年09月30日 18:25
こんばんは。

分野は違えど、同じ不動産業に携わる者として、poohpapaさんの悔しさ、無念さは記事を通して伝わってきます。賃貸不動産業の経営者として、今までに良い種まきを行ってきたpoohpapaさんにとって、この家主だけがお客様ではないはずです。前に向かって、頑張って下さい。

以前申し上げたとおり、私は開発業者です。会社は愛知県内ですが、開発案件が出れば隣接県(岐阜、三重)へ出向き、獲物を追っかけます。縄文時代の狩猟民族です。獲物が豊富なときは良いのですが、いない時はサッパリ・・・安定しません。
poohpapaさんのような管理主体業種は、自らのエリアを中心に種をまき、実らせ、収穫する・・・弥生時代の農耕民族だと思います。大漁ってのはないかもしれませんが、私どもよりは安定して収穫できますよね。
そんな中で、貧富の差?が出てきて、一部豪族なる者達が登場しますよね?K商事とやらは言わばあの強力な大豪族、蘇我氏ってとこですか?

ところで、西暦645年、蘇我氏一族って、どうなりましたっけ?





Posted by バンブー at 2010年09月30日 21:35
自律神経失調症、再発もしますでしょう。
私もリハビリと、それから発生する痛みを乗り越えられずに足掻いています。
頑張りを嘲笑うかの様な激しい痛み…なんか今回の記事を読むと、やるせなさとかシンクロしちゃいました。
お釈迦様が説いた《縁無き衆生》の話。
理も解さない、人の情も解さない、付き合うに値しない者が、世の中には存在している、と話されたみたいな内容でしたか…
今の中国共産党が、正にそれで、自国の利益誘導の為に成り振り構わぬ者は、他者に本性が知られていずれ四面楚歌となる筈。


縁無き衆生なんて放っといて
パパ様は倒れない様に頑張って下さいね♪
Posted by 街のクマ at 2010年10月01日 11:20
借り手さん、おはようございます

返信が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。

<<一連の記事を拝見させて頂いて思ったのはやっぱり「不動産屋は怖いな or 嫌な連中だな」という事です。

私の記事で、そう思われてしまったなら、私としては辛いものがありますね。実際、ほとんどの不動産屋はちっとも怖くはありませんし、気のいい仲間なんですよ。それが証拠に、ネットやマスコミで「不動産屋の犯罪」を目にすること、ほとんどありませんでしょう。

それは「隠れて悪いことをしている」とか「法律に触れないだけ」と考えられなくはありませんが、怖い業者、悪質な経営方針の業者は極めて一部なんですよ。我々の業界ほど、自身に厳しい規律を設けている業界は他にありません。

「取れる奴からは取ってやる」的スタンスで阿漕なことをしているのは、主に新興(新規参入)の業者ですね。我々から見ても、「そこまでやるか!」くらいに思えます。

そういう業者は、従来の不動産屋とは別の業種では?、くらいのものです。もちろん、古くからの業者のしていることが全て真っ当、ということではありません。問題なのは、消費者の先入観が大きい、ということで、たった数社そういう会社があっただけで「不動産屋はみんなそう」と思われてしまうことですね。

少なくとも、私がふだん付き合っているお仲間さんは、みんないい人たちですよ〜。

って、それだけは言っておきたくなりました(*^^)v
Posted by poohpapa at 2010年10月08日 08:53
ハリケーンさん、おはようございます

返信が遅くなりまして相すみません。

そう、「仁義を描いちゃあいられやしないよ」なんですね。

私は、道を歩いていて誰かと会ったら、「この人にお礼を言わなければならなかったこと、あったかな」「何か借りが無かったかな」と先ず考えます。もし言い損なってしまったら、「あの人はこちらが何かしても覚えてくれていない」と思われてしまうものでしょう。

それくらい気にしてても、後で「しまった!」と思うこと、よくあります。

我々の社会は狭いので、悪い噂は直ぐ広まります。不義理は仕方ないとして、悪意で人を貶めるのは感心しません。

私はこの歳まで生きてきて、二つだけ、全く「したことがない」ことがあります。一つは、道にゴミをポイ投げすること。そして、あと一つは、人を踏み台にすること、です。踏み台にされたことは数え切れないくらいありますが^_^;

私の友達も、ほとんどが「人を踏み台にしない」奴らです。ま、踏み台にされても、赦せる奴とそうでない人がいますけどね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2010年10月09日 07:07
ピュアさん、おはようございます

返信が大変遅くなりまして申し訳ありません。

ピュアさん、もしかして、ご近所の業者さんでいらっしゃいますか?
もしそうでしたら、今度一緒にお食事でもしませんか?。もちろん、私の奢りです(*^^)v

同業者さんと話をすると、いろんな愚痴話が出てきます。その度に「みんな苦労してるんだな・・・」と思っています。なので、「管理の横取り」なんて絶対に出来ません。家主さんのほうから申し出られても直ぐには受けません。家主さんと現管理会社との関係が修復不可能、との判断が出来るまでは受けないほうが無難なんですね。

家主さんには先ず「今の管理会社と腹を割って話して頂く」ことを勧めます。ずっと以前のこと、相談を受けていた最中に「当社の管理物件」への問い合わせが入り、当社の物件は決まってしまっていたので、その家主さんの物件を紹介して、当社は間に入らず(手数料を頂かず)に契約してもらったことがありましたが、都内の客付け業者さんからは丁重にお礼の電話を頂きましたが、家主さんからは電話一本ありませんでした。「ああ、引き受けなくて良かった」と思いましたね。

すみません、他愛ないことを長々と・・・^_^;

いろいろありますが、私もピュアさん同様、この仕事が好きです。お互い一緒に頑張りましょうね、ゆるゆると(*^^)v

ご都合がつきましたら、ほんと、ぜひお食事でもしましょうね♪

ご連絡、お待ちしていますm(_)m
Posted by poohpapa at 2010年10月09日 07:25
バンブーさん、おはようございます

たしかに、「この家主さんだけが家主ではない」のですが、そう大見得を切れるだけの数の管理物件を持ってはいないのですよ^_^;

うちの管理物件数は、20年前、大手住宅メーカーから引き継いだ時からほとんど変わっていません。若干減ったくらいですね。競売になったり、売却したり、とかしてますし。ま、今回のように切られたケースも何件かありますが、しばらくすると「やっぱりオタクで・・・」と言って皆さん戻ってきます。ただし、私にもプライドがありますし、ま、その・・・、意地も悪いので、原則的には二度と引き受けません(*^^)v

なので、ジリ貧ですね。私は「食べていければよい」という考えなので。と言っても、このままでは食べていくのも困難になりますが・・・。

それにしても、種を撒き、肥料も与えて一生懸命に育てても、収穫は他所に持っていかれたのでは堪りません。やり方がやり方だけに慰謝料の請求でもしたいところですが、私が手を下さなくても周りから追い詰められることでしょうね。世の中はそういうもの、だと思います。

ところで、

<<西暦645年、蘇我氏一族って、どうなりましたっけ?


ウオッホン!

日本史は私が追試を受けた教科でありますので、私には聞かないでください(爆)
Posted by poohpapa at 2010年10月09日 07:43
クマさん、おはようございます

<<私もリハビリと、それから発生する痛みを乗り越えられずに足掻いています。

ああ、それ、よく解かります。痛みは度を越すと場合によっては化膿したりして痒くなるものですもんね。それに、痛いのは我慢できますが痒いのは我慢できませんよね。掻いてはいけない、と思っていても手が伸びてしまうし・・・。

え?、忘れてたのに、痒くなってきた??

それはどうもすみませんです(*^^)v

ここんとこ、嫌なことばかり立て続けに起きていて、ストレスは高まるばかりで爆発寸前なんですよ。どこかでガス抜きしないとヤバイですね。なので、おっ◎いパブ、行きましょうよ(爆)
Posted by poohpapa at 2010年10月09日 07:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]