2010年09月26日

自律神経失調症でフラフラ

今日は、数年前に患った自律神経失調症の症状が再び出ていて、頭がフラフラしていますので、コメントの返信、お時間下さい。今日の記事の続編は最終の「5」まで準備できていますので毎日アップはいたしますが、コメントの返信だけご猶予ください。

原因は、部屋がなかなか決まらないことなどのストレスですね。陽気も急に涼しくなったりして不安定なのでお互い気を付けましょう。

あ・・・、中国人船長の釈放問題も多分に影響しているかも^_^;

アメリカが今回の釈放を歓迎していますが、アメリカが裏で日本に圧力をかけることで中国に貸しを作った、つまり、日本は出汁に使われた、ということなんでしょうね。日本は「自分が本妻」と思い込んでいたけど、アメリカにとっては愛人である中国との生活を希望している、ということだと思います。鳩山政権が普天間で「ヘタ」を打ってからというもの、アメリカにも見放され、東南アジア諸国からも馬鹿にされ、今になってアメリカに「アンタが一番」と縁りを戻そうと擦り寄ってるけど、もうアメリカにとって日本など「離婚してもかまわない存在」になっていた、ということですね。

「友愛」なんて、いい大人が「背中がもぞもぞしそうな言葉」を吐いてあちこちにイイ顔していたら、気付いた時にはお友だちは誰もいなくなっていた、という結果になりそうです。徐々に日本は孤立します。

日本政府の予想に反して、中国は嵩にかかって強硬姿勢を強めています。これをきっかけに「尖閣諸島は中国の領土」と国際社会に認知せしめようとしています。中国政府としては動けなかったものが、アホな船長の犯罪行為のお陰でいっぺんに「領土問題が存在する」ことになってしまいました。今後、尖閣諸島で海上保安庁や日本漁船は大きな制約を受けます。それが予見できなかったとしたら菅も仙谷もあまりにお粗末で政治家として失格です。と言うか、外交に対して我々一般国民より無知ですね。素人以下ですもん。

ま、菅や仙谷にとっては日本の将来など、どうでもいいんでしょう。
posted by poohpapa at 15:55| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする