2010年12月12日

私が怒鳴りつけた相手

一昨日、ある人物を電話で怒鳴りつけた。

私も最初のうちは穏やかに相手の言い分を聞いていたが、それだと際限が無い、つまり「はいはい」と聞いていたらキリがないので、

「馬鹿なこと言ってんじゃないよ、 

  馬鹿野郎!」


と怒鳴りつけて電話を切ってしまった。

「ブチ切れた」のでなく、このままだといつまでも電話が終わらないのと、下出に出ていると嵩にかかるタイプの人間なので、逆襲に転じて「怒らせると怖い」と思わせたかっただけのことである。

で、相手が誰か、と言えば、20年間お付き合いのあった家主さんの娘(独身40代)である。両親はともにとても人柄が良い。娘は、嫁にも行かず(行けず)ニートを決め込んでいる。

元々は家主と入居者とのトラブルである。双方ともに、私のアドバイスには耳を傾けなかった。いや、言って聞かせたその時は「はい、分かりました」と言っていて、半日とはもたない。

私はどちらにも付かず、ただただ忍耐強く双方にアドバイスし、解決に向けて努力もしていて、ようやくに解決を見る、と思っていたところでブチ壊される。それでいて私の責任を追及してくる。

電話で、家主さんの娘が「アンタねえ、そこで商売できなくしてやるよ、それでもいいの!?」と言ったので、もう反撃してもいいかな、と思った次第である。そもそも、私に対して(間違った)宅建業法を説くし、それでいて「少し勉強しなさいよ」と言い、「これ、刑事事件だからね、警察呼ぶよ」と言うのだから、異常である。

ご両親はそんな娘を抑えることが出来ず、先日一方的に「管理会社を替える」と娘がFAXしてきた時も、翌日「それで宜しいですか?」と確認の電話をしたら、「申し訳ありません」と詫びるのみ。

お母さんの気持ちは痛いほど解かる。半月ほど前も、「娘がオタクに向かって家を飛び出したから、行ったら、かまわないから直ぐ警察を呼んでください」と連絡してきたくらいである。

問題なのは、家主さんの娘は普通に経済生活(物を購入したり、サービスに対価を払う等)は出来るのだが「正常ではない人間」ということ。仮に、この娘が私を殺しても、日本の法律では不起訴になる。粘着質で、これからも嫌がらせを繰り返すのは間違いない。ま、そうなれば私も警察に被害届を出すことになる。今まで家主さんから受けた恩義とは別の話と思うしかない。


これ、私が抱えている大きなトラブルの2番目に大きなものであって、お仲間さんにとっても何かの参考になるかも知れないので、追い追い詳細を書きたいと思う。
posted by poohpapa at 07:22| Comment(8) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん
仔細はわかりませんが、poohpapaさんをこれだけ言わせるのだから相当な「人物」なんでしょうね、この娘さん。
いろいろな人がいますからねえ。

それにしても不動産屋さんて、(前出の質屋さんじゃないけれど)ほんと世の中の様々な場面に直面する仕事なんですね。
こういう経験豊富な人に裁判員をやってもらえばいいかと思うけれど、でもおそらく本人も認めるように聖人君子じゃないから、真っ当な判決は下さないか。
やめとこ。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2010年12月12日 07:37
たなぼたさん、おはようございます

我々が相手する人の中には、たなぼたさんのように「おだてて持ち上げといてドスーン!と落とす」ような人もいるワケで・・・(爆)

本文では「正常ではない」としか書けませんが、ま、そういう類の人であります。ご両親は立派な方なんですけど、なんでこんなふうに育っちゃったものか・・・。

私は管理を下ろされましたが、家主さん(ご両親)を見捨てたりはしません。今度は大手のハウ◎コムに依頼するようですが、たぶん、娘が前面に出るようでは管理しきれなくなってまたぞろトラブルが発生すると思います。

他の現入居者の中にも「問題アリ」という入居者がいますし、大手さんでは無理だと思います。よそで管理していても、相談には乗るつもりでいます。何度も裏切られてますけど、個々の事情を一番よく知っているのは私なので。
Posted by poohpapa at 2010年12月12日 07:50
親が子供を叱れないんですよね。親が子供より偉い、もしくは優れているところを見せずにただほめて育てちゃった。で、そのまま甘やかしておくとそうなると。
世の中に出ていない人ならなおのことそういうところがありますよ。世間の厳しさを知らないんだよね。
親がまず自分より劣っていると思っているから、自分が立派だと勘違いしているし、本人に映る世間は親と自分しかいないから、自分が世界で一番立派。どんなときも正しいのです。
たぶんそういう人が年金目当てで親を埋葬しない人になるんだと思うな。
Posted by びくやま at 2010年12月13日 17:47
親方、こんばんは

<<親がまず自分より劣っていると思っているから、自分が立派だと勘違いしているし、本人に映る世間は親と自分しかいないから、自分が世界で一番立派。どんなときも正しいのです。

よ、よく分かりましたね、ビックリです。

私は、10年以上前から家主さんの娘の異常性に気付いていました。用があって電話した際、家主さん(名義はご主人ですが主として奥様が仕切っていました)は不在で、娘が出てこう言いました。

「◎子は頭がおかしいから◎子と話してもダメですよ。私が聞きますから」と。◎子というのは母親です。呼び捨てなんですね。しかも、頭がおかしいのは母親ではありません。その後も何回か母親を小馬鹿にした態度を取っていたので、家主さんがご不在の時には直ぐ電話を切っていました。

「これから私が仕切るから」と言い、病気療養中のお父様から委任状を取り付けていますが、リフォーム業者の話では、目の前で父親から「働きもしないで家に閉じこもって親のカネを当てにして暮らしているような奴には財産は一銭もやらんからな」と叱られていたそうです。ご両親はマトモなんです。他の兄妹も、です。この娘だけです。委任状が正式なものかどうかは分かりません。「これからは私を通すように」と言ってますが・・・。

いかに異常か、は先々書きますね。ハチャメチャなんです、全てが。

上から目線の物言いですが、あの娘がいる限り、大手では管理しきれないでしょう。状況全部を飲み込んでいる業者でないと無理なんです。これから不動産屋がコロコロ替わることになります。

これ、ご両親が亡くなったら本当に大変です。遺言書(その娘には遺さない)も書いておくでしょうが、一番いいのは、アパートを遺さずに全部処分して法律に則って分けることですね。でないと住人が困るでしょう。その娘は遺留分だけで(食い潰して途中まで)生きていくことになるでしょうね。他の兄弟とも交流することなく。

なんか、他人事ですが、切ないですね。

Posted by poohpapa at 2010年12月13日 18:17
『養い難し』の最たる存在、それが世間知らずな馬鹿二世ですね。
なまじ半端な知識を聞きかじっただけで相手を見下し、
彼我の実力差も見抜けず、卑少な拳を振り上げて叩き潰せる積もりでいる…

殴らせてあげますよ私なら。目撃者(証言者)の居る場所で…現行犯で個人の権限で逮捕します。

顔を殴ると、殴った拳は骨を傷め、下手すると骨折、全治2ヵ月、
一方殴られた顔は普通は海老蔵さんの様に陥没する事は無く、二週間程で回復したりするのです。
勿論、拳法家やボクサーはダメですよ、まぁ、そんな方々は殴りませんが(笑)

気のフレた者の怖いのは、リミッターが外れている事で躊躇が無い部分と、予測がつかない処です。

職場復帰するのは、poohpapa様のお店の方が良かったかも(マジで)
Posted by 街のクマ at 2010年12月13日 18:42
ハッピバースデェ♪ ディア

poohpapaーー♪^ェ^

ハッピバースデー

チュー

ユー

クラッカークラッカークラッカーパフパフパフークラッカークラッカークラッカー
Posted by 街のクマ at 2010年12月13日 19:36
クマさん、こんばんは

本文でも書きましたが、一方的に「管理会社変更」の通知がFAXで流れてきた時、お母さんに電話して訊いたら「本当に申し訳ない」と詫びていらっしゃるから、それで「手が付けられない」状態だと解かります。「長いことお世話になったのに・・・」とも仰っていて、なので、家主さんを責める気は毛頭ありません。私なんかよりずっと辛いのですから。

娘は根拠無く相手を暴力団員だと言ってみたり警察に取り締まるよう訴えたり・・・。私が否定すると私を無能呼ばわりして・・・(ふ〜)

ただ、家主さん(奥様)もまた、私のアドバイスには従ってくださらなかったんですけどね。それがためにトラブルが拡大してしまったワケで。それでも、ま、基本的に年寄りは苛めません(*^^)v

これでネットで誹謗中傷するようなら私が警察に被害届を出して損害賠償を求めることになります。それは、家主さんに対する恩義とは別だと思っています。もっとも、結果がどうなっても、裁判所で「アンタが悪い」と言われても、解かることはないと思いますね。

本音で言えば、罪に問われないなら袋叩きにしたいくらいですよ、今回の件ばかりは本当に怒ってますので。
Posted by poohpapa at 2010年12月13日 19:54
クマさん、再び、ども(*^^)v

それ(たんおめコメ)が嫌だったからコメント欄設けなかったのに^_^;
Posted by poohpapa at 2010年12月13日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]