2011年01月03日

久しぶりに自宅で観た箱根駅伝

襷を繋ぐ、シード権を取る、ということは大変なことで、凄いドラマがあるものだなあ・・・、と、現在感動中わーい(嬉しい顔)

最後の最後で、国学院の選手がコースを間違えたものの、どうにか団子レースを抜け出してシード権を獲得したのはお見事!

ビリから二番目19位でゴールした上武大学の最終ランナーが、走ってきたコースのほうを振り返り、深々と一礼した姿も美しい。来年、予選会を勝ち抜いて、きっと帰っておいで、と言いたい。

いつか、1月2日に箱根小湧園に泊まって生で観たいものだ。

でもって、番組中のサッポロビールのCMで思い当たるフシがある。

或るタレント(?)が、「人間、(歳を取って)汚れれば汚れるほど涙もろくなるもの」と言っていて、なるほど・・・、と思った。実は、最近の私がヤケに涙もろくなっているからふらふら

それと今、人の名前が覚えられない。一度は覚えても直ぐ忘れる。苗字は出ても名前が出ない。例えば「米倉」まで出ていても「涼子」が出てこない。忘れるワケないのに・・・、何かの病気かも知れない。

ま、いいや、浮世のことは全部忘れて出掛けよう。
posted by poohpapa at 14:02| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする