2011年02月04日

大相撲、八百長問題再び

降って湧いたように角界の野球賭博事件から八百長が表面化した。

このブログの記事でも、ずっと以前に、大相撲の八百長に関して、私は「ある」と断言してきた。その根拠は、30年前、私が尿管結石で都内の総合病院に入院していた際、同じ大部屋に入院していて親しくなった幕下力士から聴いた話、にある。

私の質問に「ああ(八百長は)ありますよ。知ってますよ」と答え、極めて具体的に、いつのどの一番がどういう八百長だったか解かりやすく話してくれた。当時、相撲中継は欠かさず観ていたので、個々の取り組みや背景(勝越しが掛かっていたとか優勝が掛かっていたとか)を私はよく覚えていたので、とても説得力があったし充分に信憑性があった。だいいち、無ければ無いと言うだろう。

現理事長の放駒親方は会見で「過去には絶対無い」と断言していたが、生真面目な親方の耳には入っていなかったか、希望的観測というものだろう。私が小学生の頃、千秋楽まで7勝7敗で来た力士が全員勝ち越したことがあって、子供心に「いくら必死だったとしても全員が勝越すなんて有り得ない、おかしい」と思ったものである。当時は「部屋別総当たり制」ではなかったし、取組が二日前から決まっていたとしても、7勝7敗同士が千秋楽で当たることがなかったのは、とても偶然とは思えなかったのだ。

ただ、放駒理事長の言葉は明快で、相撲ファンを大切にしているのが解かる。歴代の理事長のように不祥事の度に歯切れの悪い言葉で「隠蔽しようとしているのがミエミエ」ということもない。早めに会見を打ち切ろう、などともしない。誠実で、実に立派だと思う。

本人が望んで理事長に就任したワケでなく、「貧乏籤を引かされた」感も無きにしも非ずだが、放駒理事長なら相撲協会を立て直すことが出来るだろう。他に適任者も見当たらないし・・・、貴乃花親方でも可能かも知れないが、人望がないから難しいだろう。ほとんどの親方衆は「身に覚えがある」だろうから積極的に協力してはくれないだろうし。いや、それくらい「八百長は普通にあった」に違いない。

それにしても、以前の八百長裁判で、「証拠不十分」として出版社による名誉毀損が認められた判決、いちおう結審していて有効だとしても、これでは「賠償金を返せ」と言いたくなるだろう。何より、「消去した携帯メールが復元できる」ことにも驚いた。


そうだ・・・、私も機種交換して、以前のは東京湾に捨ててこようわーい(嬉しい顔)
posted by poohpapa at 07:13| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
また相撲業界か、と大騒ぎになっているこのニュースに関して、ワタシ、八百長がなかったことにしなくてはいけない理由がわからないんです。

興行ですから、面白おかしくするのは当たり前。なぜ八百長だなどと文句を言われるのか、そこがよくわかりません。

舞台上で恋愛模様を演じている女優と俳優が、実際は愛し合っていないからといって劇団が批判されることなんてありえないでしょうに。
スポーツだから問題だというなら、野球で巨人V9達成の逸話として、星野が「阪神に優勝して欲しくて棒玉を投げたのに、ちっとも打ってくれなかった」等と言っている事からもわかるとおり、業界を盛り上げるために手心を加えることは良くあるんじゃないでしょうか。

もちろん、裏で金が動いたり、間に暴力団が介入して資金源になったり、賭博の対象となって誰かが儲かっていたり、ということがあるなら批判されてしかるべきだと思いますが、わざと負けること自体に何の問題があるんでしょう?

公益法人であることの条件は、公正であること、といった発言をした閣僚もいたようですが、興行の内容が公正かどうかなんて関係ないことではないかと思うのですが。
Posted by びくやま at 2011年02月04日 08:36
親方、おはようございます

これ、表に出てしまって、証拠もハッキリしてるなら、協会としては厳正に対処せざるを得ないでしょうね。実のところ、八百長があった、と聞いても、私も不快感とか嫌悪感とかないのですよ。やっぱりね、くらいで・・・。

ただ、あのメールの内容だと「稚拙だなあ」と思いますね。

私が力士だったとしたら・・・、たぶん八百長したと思いますね。対戦相手が千秋楽まで7勝7敗の五分できて、田舎から両親を呼んで観戦してもらってたり、施設の子供たちを招待している、などと知ったら、現ナマの行き来なしで負けてやる、と思います。それも、思いっきりカッコよく投げ飛ばされてやるでしょう。

その代わり、逆の立場になったら「借り、返せよ」と阿吽の呼吸で^_^;

これ、全く八百長してない力士のほうが少ないのかも知れませんね。自分はしてなくても皆「聞いてた」と思いますし・・・。

若貴の優勝決定戦の時も、藤島親方から貴関は圧力を掛けられたと証言していますし。

親方が仰るように、暴力団の関与や賭博でなければ、目くじらを立てなくてもいいのでは、と思います。ただ、今回のケースはあまりに軽く、相撲ファンを愚弄してますね。これでは私の許容範囲を超えてしまいます(汗)

放駒理事長が立て直しするでしょうけど、八百長はいずれ復活します。人間の歴史は、ある意味、その繰り返しですもん。

放駒理事長は聡明そうですし明確な意思を持っているので、魁傑、いえ「解決」してくれることでしょう。良い落とし所を見つけて。

公益法人問題・・・、今、うちの団体も公益法人に移行する課程でありまして、その件は後日、書きたいと思っております。
Posted by poohpapa at 2011年02月04日 09:32
携帯メールの復元って簡単に出来るようでは、
何のための削除なのか全くわからないじゃない
ですか。(怒)

これって、警察だから出来たことで、一般の人は
簡単には出来ないのですよね。
ホント困ります。(ウソ)

八百長・・・
あるのは想像出来ていたことですが、証拠が出てくると
少しつまらなくなってしまいますね。
Posted by けろけろ at 2011年02月04日 11:49
あのぉ〜〜〜(f^^;)

papa様。。。。

携帯を東京湾に差し上げても。。。
魚の住処になりませんし・・・

何より、、、消したいデーターは、、、、

♪docomo・au・soft bunk♪

が、、1年分位保存していると思います。。。。

壮大な計画に水をさして、、、ごめんなさい。。
Posted by monmon at 2011年02月04日 12:06
けろけろさん、こんにちは

一度だけ、ある会社の招待で本場所を升席で観たことがあります。(八百長の話をしてくれた)入院仲間の力士に「◎◎〜」と大声で声援を送ったりしました。負けちゃったけど^_^;

結びの一番で横綱の北尾が勝ったもので、思わず「八百長だ〜!」と叫びそうになりました。

横綱が勝ったのに「八百長だ」と野次ったら大変なブラックユーモアになりますよね。たぶん国技館は失笑の渦になったと思います。それくらい北尾は人気と裏腹に不甲斐ない相撲を取っていたもので(爆)

これ、関係者を処分し始めたら一部の親方と八百長に関われない地位の力士しか残らなくなったりしてね。

ある意味、八百長は「必要悪」であって、表に出してはイケナイ話なのかも。ただ、出ちゃったからには中途半端な改革では済まされなくなりますよね。理事長の手腕に期待したいところですが・・・、う〜ん。
Posted by poohpapa at 2011年02月04日 12:50
monmonさん、こんにちは

<<消したいデーターは、、、、

♪docomo・au・soft bunk♪

が、、1年分位保存していると思います。。。。

そっか、奴ら、やっぱり盗み見していやがったか(*^^)v

ま、それなら、八百長に関与した力士たちが慌てて機種交換しても大丈夫ですね。

そういえば、古い機種も代々大事に取ってありますが、そろそろ処分しようかな・・・。
Posted by poohpapa at 2011年02月04日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]