2011年04月30日

超絶技巧(オマケ編)

まあ、オマケ、と言うか、こんなのもあるよ、という話(*^^)v

タバハラスの演奏を探していて見つけたもの。

世の中には物凄いテクニックを持っているプレイヤーがいるもの、と感心させられた。私の子供の頃は、ギターの神様と言えば、クラシックならセゴビア、エレキなら寺内タケシ(アトキンスとかクラプトンではない^_^;)だったが、玄人はだしの素人もいたりする。


で、エレキギターでの超絶技巧がコレ、

神業ギター

映像は短いけど、これはもう「寺内タケシも真っ青」くらいのもの。


あと、ピアノの連弾なら聞いたことがあるけど、ギターで、というのは全く想像がつかなかったが・・・、モーツァルトのトルコ行進曲を1台のギターを使って二人で演奏したもの。しかも比較的原曲に近い内容。ギター版「二人羽織」みたいなもの・・・、違うかたらーっ(汗)

とにかく、ご覧になったら驚かれることと思う。

モーツァルト「トルコ行進曲」(面白ライブ)

Los Desperados というギターデュオのようで、来日したなら是非とも生で見たいと思う。ちょっと・・・、むさ苦しそうだけど(*^^)v



で、お口直しにこんなのを、

Tico Tico

Duo Siqueira Lima というギターデュオ。ブラジル人男性Limaとウルグアイ人女性Ceciliaのデュオで、愛嬌を振りまきながら楽しそうに演奏するCeciliaが頗る可愛い。こちらも、一台のギターを使って二人(4ハンド)で演奏したもの。

でもって、ギターをかじってない人には解からない超絶技巧もある。何かと言うと、途中で二人の奏者の手のパーツがクロスしている、ということ。普通、ギターは(一人で)左手でフレットを押さえ右手で弾く。それが男性が左手で押さえている弦を女性が弾くし、当然にその逆もある。それはピアノで、一人で全く別の曲の左右の手のパートを同時に弾くようなものなのだ。簡単そうに見えるが、よほど息が合っていないと不可能なことである。

それにしても、私は、「トイレの神様」も「本物(?)の神様」も、全く存在を信じてはいないが、世界にはまあ「いろんな神様」がいるもの、とつくづく思った。
posted by poohpapa at 06:08| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>私は、「トイレの神様」も「本物(?)の神様」も、全く存在を信じてはいない

ふーん。
僕は信じてる。
世の中でおカミさんが一番偉い。
服従しかないぞ。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2011年04月30日 08:10
ふん!

尻に敷く「カミさま」なんているもんか!(爆)
Posted by poohpapa at 2011年04月30日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]