2006年08月04日

「美しさ」が足りない

以前、「本当の優しさには厳しさの裏付けが必要」と書きましたが、「本当に強くあるためには美しさが必要」だと痛感しました。

一昨日の亀田興毅の試合、実は私は1分間くらいしか観ていませんでした。たまたま他の番組を観ていてCMになったのでチャンネルを替えたら4Rの途中で、「ああ、今日は亀田の試合があったんだ」、と思って観てたんですが、亀田の足は止まっているし、相手のパンチの方が的確に当たってるし、で「今日は亀田の負けだな」と予測してチャンネルを戻しました。なので、1Rにダウンを喰らったのも判定勝ちしたことも後で知りました。

ボクシングには「疑惑の判定」は付き物ですし、全部観たワケではないので、判定結果に関してはとやかくは言いません。ですが、こんなことをやっていたら日本の信用に係わる、とは思います。

亀田が大口を叩くのはかまいません。予告どおりに倒してくれればそれはそれで面白いのですから。でも、昔のカシアス・クレイのように、「本当に実力を着けてから」であって欲しい、と思います。

東京の前、ローマオリンピックで金メダルも獲っているクレイと亀田では、内容はまるで違う、と思うのですよ。

カシアス・クレイ、と言われて直ぐ判る人は相当なボクシングファンで、しかも熟年者、ということになりますが、今のモハメド・アリです。宗教上の理由で改名したもので、彼が大方の予想に反して、王者ソニー・リストンをKOで破ってヘビー級の世界チャンピオンになった時、私はまだ小学5年生でした。

今でこそヘビー級王者には当たり前のようになっている伝説、「刑務所の中でボクシングを覚えた」というソニー・リストンの面構えは恐ろしいもので、私にも「クレイが勝つ」とはとても思えませんでした。

いつも試合の前に、「何ラウンドで倒してやる」と宣言して実力のある対戦相手を予告通りにマットに沈めていく姿には感動を覚えました。

「ホラ吹きクレイ」という異名もありましたが、ちゃんと予告通りのラウンドで倒すのですから、ちっとも「ホラ吹き」ではありませんよね。

亀田は、そのモハメド・アリに自分を重ねているかのようですが、私からすれば、ちょっと違うように思えます。アリはリングを離れれば、それなりに紳士でした。亀田は、リングを離れてもチンピラです。

父親も兄弟もイケません。この家族、どうも好きにはなれません。



ところで、今までで私が一番好きなボクサーは誰か、というと・・・、


シュガー・レイ・レナード」ですね。

史上初の5冠馬、いえ5階級制覇を成し遂げたボクサーです。
当時の、同じか近い階級には、ロベルト・デュラン、トーマス・ハーンズ、マービン・ハグラー、といった夢のような顔ぶれが揃っていて、言わば、雷電と谷風と双葉山と大鵬が同じ時代に相撲を取っているようなもの、でした。レナードは全てと対戦しています。

シュガー・レイ・レナードのボクシングは美しく、ボクシングの本当の醍醐味を充分に味わわせてくれました。それは、基礎がしっかりと出来ているからに他なりません。もちろん、良きライバル、対戦相手にも恵まれていました。賞味期限切れの「弱いの」を連れてきてマッチメイクすることもありませんでしたし。


私は、亀田にとっては、ああいう勝ち方をするくらいなら一度スカッと負けてしまったほうが良かったように思います。「無敗のチャンピオン」である必要は無いし、何より己の為にならないでしょう。

だいいち、「負けることは決して恥ではない」のですから。


え?亀田にとっては次の試合こそが正念場、ですって!?

TBSにとって、の間違いでしょ!?(超爆)


世間が騒いでいても、私は亀田の試合を観る気にはなれません。
posted by poohpapa at 04:50| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする