2011年11月11日

真っ赤なパンツ(ブリーフ)

家の中の写真を少しずつ撮っているものの、記事の下書きが纏まっていないので「室内編」はもう少々お時間をm(_)m

同時に、「何故家を買うことになったのか」の下書きは出来ているものの、順番をどうするか思案中なので、それもしばらくお待ち頂きたい。


昨日は宅建立川支部の広報委員会が開かれて、支部報新年号の打ち合わせをした。実は今度の新年号にはコレといった目玉の企画がない。会員さんになるだけしっかり読んでもらうためにどういう企画にするか知恵を出し合ったのだが・・・、知恵は出てこなかった^_^;

いちおう、私からは「従来の(支部会員の)お店訪問を2社にしてはどうか」という提案と、「お店訪問もだけど、他所の支部訪問もしてはどうか」という提案をさせて頂いた。委員長のOKが出たので、元々の担当はA委員だが、私もお手伝いさせてもらうことになった。

お店訪問は、従来「比較的古くからの会員さんの一社」を訪問して、今までの苦労話などを伺っていたが、それだけだと新規の会員さんから「それがナンなの?」と思われてしまう可能性があるしマンネリしている。新しい会員さんの店も訪問して「独立する転機になったものは何か」「どんなコンセプトで経営しているのか」「売り上げアップのためにどんな工夫をしているか」などの話が聞けたら「より参考になる」し、新旧の考え方を対比させることで両方の話が生きてくるハズ、そう思った次第である。

他支部訪問も、支部独自の活動をしていたり、支部長の考え方が支部運営に色濃く生かされている支部があったりして、ひょっとすると連携すれば我々末端会員の日々の商売に役立つ有益な話に発展するかも知れない。もちろん、何も変わらない可能性のほうが大きいが、やってみる価値はあると思う。何もしないより、やってみてダメだったほうが諦めもつくものだし。


で、昨日は広報委員会に引き続いて親睦会も開かれた。立川駅北口の「がんこ」という寿司と割烹の店で行われたが、その店はビルの8階にあるもので、開店して4年も経っているのに全く知らなかった。行ってみてとにかく驚いた。何に驚いたかと言うと、和服姿の若い仲居さんが揃いも揃ってキレイなこと揺れるハートハートたち(複数ハート)

我々は男5人、女1人の6人で、男どもは全員「そう思っていた」が黙っていて、副委員長のSさんが「ここは女の人がみんなキレイですねえ」と口火を切ったから止まらない。私が広報委員を代表して(?)、たまたま入ってきた仲居さんに「ここの従業員の方は皆さんおキレイですね」と声を掛けた。たぶん、面接で「和服が似合うか」ちゃんと選別されているんだろう。店の造りも落ち着けるし、ビルの8階なのに和風庭園がある。料理も美味しくて値段もさほど高くはない。何かで使える店が一つ加わって、それは嬉しい。

岩手の両親が出てきたら、「がんこ」にご招待しよう、と思った。以前は奥高尾の「うかい鳥山」に行ったが、近場でこんないい店があるなら遠出しなくて済む。それより、うちのを先に一度連れて行きたい。

今回、広報委員会の親睦会には別の目的があった。今年還暦を迎えるA委員と私の還暦祝い、である。

委員長の持ち出しで、二人に贈られたのは真っ赤なちゃんちゃんこ、でなく、真っ赤なパンツ。しかも、薔薇の包みの高島屋、で購入したBurberryの高級品。私のはブリーフでA委員のはトランクス。どうやら、先だって広報委員全員で行った山梨の「ほったらかし温泉」で、二人の下着をチェックしていたようだわーい(嬉しい顔)

まさか、ナニのサイズまではチェックしていないとは思うんだけど・・・たらーっ(汗)

私も、小学校くらいまではトランクスだったが中学からブリーフに替わった、と記憶している。ちなみに、あのデューク東郷(ゴルゴ13)もブリーフ派である。仕事の出来る男はブリーフなのだ(爆)

ま、ホントは「タマタマちゃんは冷やしたほうがいい」からトランクスがベストらしいんだけど・・・。

さて、真っ赤なブリーフを「いつ勝負パンツにするか」、それが問題であるるんるん
posted by poohpapa at 08:30| Comment(10) | 宅建組合の行事と活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうおじいちゃんなんだから、勝負パンツの必要はないと思われ・・・(笑)
Posted by けろけろ at 2011年11月11日 12:22
何を言うか、けろけろどん

幾つになっても色気を失っちまっちゃあお仕舞い、おだぶつよ。

ほんでも履く時がないよなあ、ほんと・・・。履いてったらうちのに「怪しい」と思われるしさ(*^^)v
Posted by poohpapa at 2011年11月11日 13:21
けろけろさん。

いや、まったく逆です。

ばあちゃんたちの原宿と言われる巣鴨に行ってごらんなさい。

「元気が出る!」、と言うんで、真っ赤なパンツがたくさん売られています。

そう。

もう、いい年だからこそ、真っ赤なパンツが必要なんです!!

管理人様、怒った?

Posted by occhan at 2011年11月11日 17:51
occhanさん、こんばんは

そうなんですよ、日本人は歳を取るにしたがって着る物の色柄が地味になっていきますが、欧米やポリネシアは逆に鮮やかな色柄になっていきますよね。私はそっちに賛成ですね。

だから、これから私もパンツ類は赤で統一しようかと・・・、思ってはいませんが、でも、着る物くらい派手に明るくしたいものです(^^♪

そういえば、逆に若い娘さんが地味なグレー系の洋服を着ると、落ち着いた(大人びた)感じで素敵ですしね。

それにしても、ホント、真っ赤っかなパンツでした^_^;
Posted by poohpapa at 2011年11月11日 18:22
御存知のように、タマタマちゃんは何故か左側(向かって右側)の方が若干重く、ぶら下がった状態では、周りに方位を知る手段がない砂漠や密林などでは、知らぬうちに徐々に左方へずれて行き、トランクスを着用する男性は長距離を真っ直ぐ歩けないそうなのですが、ブリーフだとぶら下がらないので、デューク東郷氏もpoohpapa殿も地球上の如何なる地域でも迷わないのではないでしょうか。陸上競技のトラックも、多分、この理由で反時計回りなのではないでしょうか。
Posted by 幸運豚豚 at 2011年11月11日 18:58
「がんこ」というお寿司屋さんに、岩手の両親を接待するという上手い口実を設けて、綺麗な和服姿を拝みに、真っ赤なブリーフででかけるpoohpapaさんが見えます。
勝負下着ですか、そうですか…
Posted by ハリケーン at 2011年11月11日 20:24
幸運豚豚さん、おはようございます

返信が遅くなりましてすみません^_^;

<<御存知のように、タマタマちゃんは何故か左側(向かって右側)の方が若干重く・・・

知りませんでした。シンメトリーだとばかり思ってました。私は自分で握って比べたことは無いので、今度うちのに訊いてみます(*^^)v

実は私は「不動産屋としては致命的」なくらいに方向音痴なんですよ。ブリーフであるかどうか、全く関係ないくらい。プロゴルファーがドライバーのヘッドの裏側に1グラム単位で鉛の板を貼って重さのバランスの微調整している、と聞いたことがありますが、私なんかからすれば本当に違いがあるのか信じられませんね。

でも、これからは、二つのタマタマの重さを量って、パンツに錘をつけて方向感覚を調整するようにしなければならないかも(爆)
Posted by poohpapa at 2011年11月13日 08:36
ハリケーンさん、おはようございます

お店で、頂いた真っ赤なパンツを広げて見てみたんですが、仲居さんがいない時だったので・・・、失敗しちゃいましたね。反応、見たかったなあ・・・。

でね、誰かとホテルに入って、私がズボンを脱いで、出てきたのが真っ赤なパンツだったなら、女性は呆れて「コトを致さず」帰ってしまうかも知れませんね。勝負パンツにはならないかも(*^^)v
Posted by poohpapa at 2011年11月13日 08:41
がんこって、がんこ寿司のがんこじゃないですか!
そうか、関西にお住まいになったことないから、ご存じなかったんですね。
関西では超メジャーなチェーン店ですよ。
Posted by びくやま at 2011年11月14日 10:39
親方、おはようございます

全く知りませんでしたね。誘われて飲みに行くとしたら、今までは「月の雫」とか「千の庭」、あとは第一デパートにある「黒潮」くらいで、それで間に合っていたので他の店を開拓しようとも思っていなかったのです。

「がんこ」はいいですね。二人でも使えそうな小さな個室は無いみたいですが、雰囲気も料理もなかなかです。(うちは機会がありませんが)接待にも充分に使えますね。

関西から進出してくる店・・・、元々が東京の店よりイイですね、悔しいけど^_^;
Posted by poohpapa at 2011年11月15日 08:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]