2012年01月24日

我々の支部事務局がある建物は・・・

我々が所属している支部の事務局は、駅から徒歩5分ほどの場所にある。私の事務所からも徒歩5分で、広報委員会などで招集が掛かっても私にとっては便利がいい。普通に考えれば「駅から徒歩5分」というなら誰にとっても便利がいいハズだが、一般消費者が訪れることはまず無い。出入りするのは概ね会員業者で、地域は4市に跨っているから、理事会などが開かれると車で来る人も多いが、駐車場は無い。

以前は栄町という所に支部事務所があって、駅からはバス便だが駐車場も確保されていたので(契約していたのでなく某信金の駐車場が使える、ということだったらしいが)会員の会合には都合が良かった。

それが、昨日の記事の元支部長が支部長だった時に今の場所に移ったようだ。移転先は◎◎本社ビル7階である。◎◎本社ビルというのは当時の支部長N氏が社長を務めている会社の持ちビルである。

私が支部に加入する時には裏事情は知らなかったが、それでも直ぐにピンと来た。いや、誰でも分かる。

当時既に、そのオフィスビルは何室も長く空いていて、当時の支部長がまともに理事会に諮ることなく強引に移転を決めたようだ。と言うと、憶測でモノを言っているように思われるかも知れないが、その話を聞かせてくれたのは2人や3人ではない。10人は超えているし、話も合っている。皆、知っていたのだ。

いちおう理事会には諮ったのだが、いくつかの物件で比較検討することは無くアッサリ決定している。腹の中では「ええ?、かえって不便じゃん」と思っていても、誰も支部長の提案に逆らえなかったようだ。もっとも、理事会の前に役員会に諮っていて、役員会で承認されてしまっていたのだから無理もない。


これが、理事たちの間で、「支部長んとこもいくつも空いてて大変でしょう。我々は多少の不便は我慢しますから、どうでしょう、支部を支部長のビルに移転しませんか?」と声が上がった、というなら「支部長に人望があった」ということになるが、権力で押さえつけたに過ぎないではないか。

それで人のことを「アンタは人望がないから」と言うのは何ともお粗末である。国土交通大臣表彰なんてものは「何をしたか」を見るのでなく「どんな地位に就いていたか」によって与えられる、と分かる。ただ、その時の副支部長が現支部長で、役員会で移転を承認した時のメンバーの中に入っていたとのこと。

何度も書いているとおり、私は役員や理事の人たちにとって何らかの「旨味」があってもかまわない、と思っている。仕事もかなり犠牲にして頑張っていることも承知している。だが、いくらなんでも(公務員ではないのだが)これは「職権濫用」であろう。それが言い過ぎなら、「我田引水」とは言えるだろう

これが「うちに移転してもらうなら相場の半額か今と同じ家賃でいいよ」という話だったならOKである。以前の支部の広さが解からないが、栄町であれば床面積比では半額以下だったであろう。同じ面積を相場で借りているなら家賃は倍以上になっていると思われる。賃料等内容の比較は是非知りたいところである。

本人は「バレない」或いは「バレたってかまやしない」と思っていただろうが、皆、分かっていたのだ。それでも、今まで誰も文句を言わず、異議も唱えてこなかった。それは仕方ないと思う。世の中、私みたいなタイプの人間より「何事も穏便に済まそう」と願う人のほうが圧倒的に多いのだから。そんなことで自分の立場を悪くしたくない気持ちも解かるし、黙っていた人たちを責めるつもりは全く無い。

今回の選挙規約の変更にしても同じである。誰かが強力な権力を持ってしまうと、皆、言いたいことが言えなくなるもの。リーダーとして強い指導力は不可欠だが、皆が自由にモノを言えない、言わせないのは良くない。本人はその気は無くても「そう思わせていないか」常に自問していなければならないものだろう。

私が「風通しの良い支部運営」を願うのは、そういう暴走を防いでほしいから、である。と、言っている私も暴走しているようなものだけどたらーっ(汗)

昨日、複数の方から「広報委員長には既に何らかのお叱りがあったと思うよ。『あんな奴は広報から外せ』と言われたりして苦慮しているんじゃないかな」と言われた。広報委員長は普段の広報委員会の活動においても「何かあったら私が責任を取るから、誰かに何か言われても気にしなくていいから」と仰っていたが、委員長も、まさか私がここまでやるとは思ってもみなかったことだろう。事前に相談しないで正解だったかも知れない。相談したなら「止めといたほうがいいよ」と仰ったことだろうし・・・。

最近電話もしていないが、私も何となく空気で解かる。委員長にはいつかちゃんとお詫びしたいと思う。



明日は、支部事務所の内部のことでの「素朴な疑問」を書きたい(おいおい)


posted by poohpapa at 06:29| Comment(13) | 宅建組合の行事と活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

立川支部は決算報告しないのですか?

Posted by けろけろ at 2012年01月24日 07:13
けろけろさん、おはようございます

もちろん、各会員に決算報告はされています。ちょうど「今日、会社に行ったら決算書を探してみよう」と思ってたところです。実のところ、今まで、支部の事務所の賃料など気にしていませんでした。こういうことがあって気になるようになったのですが、なんせ決算書など、今までは興味のあるところしか見てなくて直ぐに処分してたような・・・。そういうのも良くなかったですね。

ただ、ほとんどの会員さんは全く目を通してないんじゃないかな、と思いますね。ほとんどが経営者でありながら、ま、自分には直接関係ないことですもんね。私だけかなあ・・・。

早速、探してみます。今の賃料と以前の賃料の比較は(床面積の違いなども含めて)ぜひ知りたいと思っていて、以前の内容は誰かに訊かないと解からないのですが・・・。

でも、私が気にしているのは賃料以前の問題、「決め方」なんですよ。その上で、賃料はどうなっているか、ですね。

なお、ご指摘を受けて記事を一部修正いたしました。

Posted by poohpapa at 2012年01月24日 08:02
支部の住所にビル名が入っていないのは、なぜなんでしょうか?
○○本社ビル7Fって記載するほうが普通だと思いますが...

昨日は私も書き込めませんでした。
「大福」がNGワードだったんでしょうか?
Posted by バラキ at 2012年01月24日 08:15
バラキさん、おはようございます

ご指摘のとおり、◎◎本社ビルに変えてみました。本当は◎◎◎◎本社ビルなのでN一文字のほうがいいかな、と思ったのですが。うちの地域だと頭文字のN一文字より◎◎◎◎四文字で表したほうがパッとイメージが浮かぶくらいなんですよ。なので、ほんの少しですが気を遣っていたのです(*^^)v

ところで、出町(出町柳)と聞いて団子だとばかり思ってましたが、豆大福だったんですね。「大福」は、当サイトではNGワードになっていますので相すみません(ウソ^_^;)
Posted by poohpapa at 2012年01月24日 09:00
バラキさん、ごめんなさい

支部のHPをご覧になったんですね。勘違いしてました。

ビル名が書かれていな理由は・・・、私には解かりませんが、なるだけ短く表現しよう、ということなのか、詮索されたくなかったのか・・・。当然に、話し合い(チェック)はされていると思いますけど。
Posted by poohpapa at 2012年01月24日 09:05
◎◎◎◎本社ビル……

ワンフロア55坪
管理費 賃料:¥378,000(税込)
管理費:¥126,000(税込)
その他条件 礼金2ヶ月
保証金250万円(償却無)

だって。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2012年01月24日 10:15
たなぼたさん、こんばんは

決算書、探したのですが、やはり処分してしまってて・・・。ま、直ぐに分かると思いますが。

ところで、以前も「K台住宅さん」と書いたらズバリ会社名を当てていらっしゃったし、今回も、これ、正確な数字かどうかはまだ不明ですが、もし本当にその賃料だとしたら、いったいどうやってお調べになったんでしょう。

もしかして、うちの支部にスパイでも潜り込ませてるんじゃないかと怖くなりますね(^^ゞ

いや、少なくとも、立川の不動産業者に知り合いがいそうですよねえ・・・。これは迂闊なこと言えないや^_^;
Posted by poohpapa at 2012年01月24日 18:25
poohpapaさん、こんばんは。
賃料は◎◎不動産のHPにモロ出てますよ!
google先生に◎◎本社ビルと入力すると、検索結果のトップが空室情報です。

ワンフロアは上記の値段ですが、支部はB室を使っているようなので、
賃料は3Fで147,000円ですかね。
Posted by バラキ at 2012年01月25日 00:07
すみません、質問があるのですが…。キャンペーンで、とある物件が、敷金礼金ともゼロになっています。任意で事前に敷金一カ月分払ってもいいそうです。出るときには必ず清掃代金がかかるらしいので、前もって納めてない場合には退去時に清掃費用を払うことになるそうです。不動産から言われたのですが「敷金払わなくても大丈夫ですが、トラブル防止のために払っておいてもいいですよ。」みたいな事を言われたのですが…。ということは、払っておけばトラブルは起きない…ってことでしょうかね?この場合のトラブルって…どんなことが考えられますか?敷金を前もって納めておいた方がいいでしょうか、それとも払わずあとで清掃代実費で清算した方がいいでしょうか?後払いの場合、前払いよりも多く払わされたりするんでしょうかね…。直接その不動産に聞けばよかったのですが、何だか怖くて聞きそびれました…。御意見をお願いします。
Posted by 賃貸敷金・・・ at 2012年01月25日 06:49
バラキさん、おはようございます

なるほど、そういうことですか(*^^)v

現在の募集条件と、当時の契約内容とは違っているかも知れませんし、毎年の決算書からは(分かったとしても)今の家賃しか分からないので、私は、契約当時と現在が「どんな条件」なのか、が知りたいですね。例えば保証金の額と(たなぼたさんからのコメントによれば償却無しとのことですが)償却の有無、更新料の有無、礼金、連帯保証人、解約条項などなど、具体的な内容、ですね。

たぶん、自社のビルに移転させるのですから当然に礼金も更新料も仲介料も無しで、一般的な条件より抑えてあるのでは、とは思いますが。ただし、家賃が相場通りだとすると、私の中では例え初期費用をマケてくれていたとしてもアウトです。

こんなことを書くと犯人探しが始まるかも知れませんが、理事さんの何人かは、私が「自分が所有する◎◎本社ビルに強引に移転させるんなら家賃は半分でもいいですよね」と言うと、「私もそう思います」と仰っていました。と言うことは、それらの理事さんも(決算書に書かれていても)現在の家賃を知らないでいたか、知っていて「それが一般的な相場の家賃だった」ということかも知れません。

私としては、大幅に条件を緩和した上で移転させた、と思いたいですが、もし「そうしていても疑われる」としたら、強引な手法で決めた当時の支部長のやり方に問題がある、と思います。

いずれにせよ、事務所の契約書は見せてもらおうと思っています。私も会員ですから、そういうの、拒絶できないものでしょう。

理事は支部長が任命するとのことですが、本音では「今のやり方で全く問題なし」と考えている理事さんのほうが少ないのでは、と思いますね。それが言えない雰囲気になっている、ということが問題ですね。
Posted by poohpapa at 2012年01月25日 07:16
賃貸敷金・・・さん、おはようございます

その業者さん、私からすればとても良心的な業者さんだと思いますね(*^^)v

実際に、退去時のルームクリーニングは入居者負担で全く問題がありませんで、ま、先に敷金で担保しておくか、後で請求するか、の違いです。それによって金額に差が出ることは一般的にはありません。一般的には、と言いますのは、礼金0敷金0で初期費用を安く抑えて募集しておきながら、契約に行くと、退去時の特約が別に定めてあって「あれもこれも」退去時に請求される仕組みになっている業者もあります。お客さんは契約しに伺っていて、途中まで説明を受けているので途中で席を立って帰ってくるワケにもいきません。それに、引っ越す準備もしているでしょうから改めて部屋探しなど出来ないものでしょう。

現実に、最初に楽なほうを選択してしまうと、出る時に快くクリーニング代を払うのが馬鹿らしく思えてくるもので、踏み倒す人もけっこういるものです。

敷金は預けておいても、そういう業者さんなら退去時に「ハイ、全部没収して償却」とはしないでしょう。

その業者さんが言う「トラブル防止のために払っておいてもいいですよ」というのは、自分たちのため、というより、お客さんのことを考えてくれているからです。だから「選択できる」ようにしてるんですね。

ただ、礼金0敷金0というのは、落とし穴があるケースもあります。初期費用が抑えられている、というだけでは「良心的な業者」と判断することも出来ませんが。

たまに、敷金1の物件に「敷金0にならないか」と問い合わせてくる人がいますが、私は部屋を借りるのに「敷金無しでいいじゃないか」と考える人なら審査を通しません。それこそ、いろんなトラブルが起きることが目に見えていますので。全て「相手があること」、ですね。

敷金、私は払っておいたほうがいいと思います。出る時に清算するのはキツイものがありますよ、きっと。
Posted by poohpapa at 2012年01月25日 07:37
組織の自浄作用というものは、古今東西ただのスローガン。
Posted by ハリケーン at 2012年01月25日 19:12
ハリケーンさん、再び、こんばんは

さっきの返信との間にタイムラグがあったのは、お風呂と晩飯、でありまして^_^;

「組織の自浄作用」を図るのであれば、とにかく風通しを良くするに限りますね。面子が大幅に代わらなければ空気は澱むばかりではないでしょうか。
Posted by poohpapa at 2012年01月25日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]