2012年01月26日

パンドラの箱を開けたのは誰か

昨日の朝、広報委員長から短いメールが届いた。

「ゆうべ色々ありまして、一睡もしていません」、とのこと。

気になって返信したら直ぐに電話が掛かってきた。その中で「支部の内情をブログで書かないようにしてくれないか」というお話があって、私も一応了解したのだし、お世話になっている広報委員長との約束を破ることになるが、今日も書くことにする。私も昨晩(今朝)は明け方まで寝つけず、熟慮の結果である。



委員長が一昨晩「一睡も出来なかったワケ」は、一昨日、立川のパレスホテルで開かれた本部の会合(その後の二次会?)で、私のことで執行部からいろいろ強く非難されたから、とのこと。

この記事で、また広報委員長が更なるお叱りを受けることになるかも知れないが、この件は広報委員会とは何の関係も無く私個人でやっていることで、当然に広報委員長には何の責任もない。私が恩義を感じている広報委員長を責め立てれば私を黙らせることができる、と踏んでか、場違いなところで無関係な人を攻撃するなら納得いかない。ここで黙ってしまうより書いたほうが身の保全になる、と思った次第である。

委員長は「いくつか誤解もあるようだし、27日に支部長と二人でそちらの店に伺いたいんだけど」と言っていて、よくよく考えれば、執行部は私が出した公開質問状に対して、かれこれ一週間になろうとしているが未だ何も回答してきていないのだから、順番が違うように思う。私が不思議なのは、「あの程度の質問に対して、なぜ直ぐに回答できないのか」ということである。そんな難しいことを訊いているワケでもないのだし。たぶん、非常に痛いところを突かれた、ということなんだろう。こういう話は対応が遅れれば遅れるほど拗れることになるのは普段の商売での経験からも解かっているハズなのに・・・。

私は確信した。

そんなふうに「回答もせず広報委員長を責める」ということは、やはり執行部自身が「後ろめたいことをしている」と認識しているからではないか、と。そうでなければ、直接私に言ってくれば済む話である。

委員長からは、こんな話も出た。

新規に開業を考えている人が、全日か全宅かどちらに加入しようか迷っていた時に(全日の業者からか担当者からか不明だが)私のブログのコピーを見せられて、「全宅の立川支部は揉めているから」と全日のほうに入ってしまった、とのこと。それが事実なら申し訳ないとは思う。うちの組織委員長は、ハイキングでいつも私のリュックを背負ってくれているKさんであるから、尚のこと申し訳なく思う。だが、それもよくよく考えてみると不自然である。ありそうな話ではあるが広報委員長を責めた誰かの作り話ではないか。

どちらに加入しようか迷っている人がいて、誰にどう相談したら私の記事のコピーが出てくるものか。だいたいが、新規に開業する人は、入会金、年会費、審査が下りるまでの期間(早さ)などで、先に「どちらにするか」決めているもの。これが、ご自身が私のブログの読み手さんであって、それで参考にした、というならまだ解かるが、全日でそんなコピーを予め用意しているとは思えないし、その件がどうしてうちの支部の執行部にそんなに早く伝わったものか・・・、ま、出来すぎてる話と思えなくもない。

仮に事実であったとしても、この件が原因で加入者を一社逃したとしたなら、その責任は私にあるのだろうか。お仲間さんには申し訳ないが、今の立川支部なら「その人は正しい選択をしたかも」と思えてしまう。

委員長の仰る「内部のことをあまり書かないほうが良いのでは」というのは極めて常識的で私も解かる。だが、書いているのは私でも、強いて言うなら、この件に関しては執行部の責任のほうが大きいと思う。

実は、役員さんの中には(支部の信用を失墜させた、という理由??で)私が除名処分にならないか、心から心配してくれている方もいる。申し訳なく、有り難いことと思うが、これで今の執行部と刺し違えられるならお釣りがくる。いや、無関係の広報委員長が今回キツく責められたことで更なる決心がついた。


近日中に全会員への文書での回答が無ければ、私は自分で全会員に事の経緯を知らせるつもりでいる。


私も長く空いてしまっている管理物件があるし、こんなことで家主さんに迷惑をお掛けすることは出来ないので、「除名処分」等で私に何かあっても家主さんが困らないよう、ちゃんと既に手は打ってある。

住宅ローンも始まったばかりだが、女房と猫一匹くらい何とか食べさせていくことも出来るだろう。

読み手さんの中には「どうしてそんなくだらないことに拘るのか」と不思議に思う、というか呆れる人もいるだろうけど、「人が大切にしているモノ」は人それぞれ。理解されなかったとしても致し方ない。支部の信用を本当に貶めているのは果たして私なのか現執行部なのか、意見も分かれるところだろう。

私のことではないが、最近起きた「こんなことが許されるのか」というヒドイ話は他にもまだある。


重ねて言うが、この件は私一人の責任でしていることで、広報委員長には一切の責任が無い。そんなことで無関係な人を責めて苦しませるようなレベルの低い執行部なら総退陣すべき、と思う。


私は、今までは「反執行部」ということも、今のところ「誰を支持している」ということも無いのだが、これで選挙になって現執行部が総退陣して、刺し違えて私が除名処分になったなら、風通しを良くした功績を讃えて私の写真を額装して(歴代支部長の写真は全て外して)支部の一番目立つ場所に飾ってもらおうわーい(嬉しい顔)

それは悪い冗談だが、一昨日の件が私に更に強い決意を持たせてしまったのは紛れもない事実である。

posted by poohpapa at 08:07| Comment(0) | 宅建組合の行事と活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]