2012年02月12日

世の中、(カネが)有る所には有るもの、という話

昨日は夕方から仕事で池袋まで行って来た。同業者さんから「うちのお客様なんだけど、最近購入したマンションを賃貸で出そうか悩んでいるので、うちは賃貸はやらないからオタクで相談に乗ってあげて」と依頼を受け、紹介者さんに同行して頂いてオーナーさんに会いに出かけたのだが、まあナンと言うか「世の中には有る所には有るもんだなあ・・・」と思った次第。

待ち合わせの場所はオーナーさんが経営する飲食店の池袋店。予定より早く到着してしまったので紹介者さんと一緒に夕食をとっているところにオーナーさんが現れた。私とほぼ同年代なのに若くてキレイな女性であった。スタイルも抜群である。ちなみに、日本人でも中国人でも韓国人でもない。ならば後は・・・わーい(嬉しい顔)

人柄もこなれていて気さくだし、私たちが食事しているテーブルの向かい側に座って自身も夕食を食べ始めた・・・、と思ったのだが、実は夕食ではなく新メニューのテストだった。何口か食べてアッサリ「美味しくない」と言う。「味が薄い。もう少し濃くしないとお客さんから受けない」とのこと。ほほ〜、納得。

近隣の競合店では「ランチ480円」とか「全皿300円」とか始めていて生き残りに頭を痛めているようだが、私が食べた「海老チャーハン」は物凄く美味しかった。しかも値段もそれほど高くなく量が多い。

紹介者さんが「ここは奢るから」と仰っていたが結局はオーナーさんがご馳走してくださった。オーナーさんは都内で何店舗かの飲食店を経営していて、けっこう繁盛している様子。勢いで、というか流れでマンションを買ってしまったようだが、子供たち3人は誰も「そこに住む」とは言わず「駅から遠い」という理由で拒否。と言うより、親元で一緒に暮らしていれば生活費はタダ。家を出れば、家賃は取られないにしても光熱費や食費がこれから自己負担になる。それが本音のようではある。

食事を終えて直ぐオーナーさんと一緒にマンションを見に行ったのだが、まあ「もの凄いマンション」で、どうやらキャッシュで購入した模様。広いバルコニーからは左斜め前にスカイツリーが望める。所在地は西巣鴨だが、ずいぶんと近く感じられる。景観もいいし設備も行き届いている。エアコンは追加で1台か2台設置するようだが申し分ない3LDK。「駅から遠い」と言っても徒歩で8分とか9分。池袋駅でも15分くらいで行けるだろう。そういうのを躊躇いなくポン!とキャッシュで買えるのだから何とも羨ましい。

実は、お子さんはまだマンションを見ていない。もし見たなら「あ、ここに住む」と言う可能性はある。

オーナーさんは子供たちが「住まない」と言うので賃貸にするしかないか、と考えて紹介者さんに相談したようだが、どう考えても「他人に貸すより家族の誰かが使ったほうがいい」と思えた。

そこでオーナーさんには「先ず、お子さんたちに見せて、ご家族でよく相談してみてください。私はご家族の誰かがお使いになるのがベストだと思います。それでも誰も使わないということでしたら賃貸にするということで良いでしょう」とお勧めした。オーナーさん自身も「先々子供が『使う』と言うかも知れないので貸すにしても3年くらいの期限で貸したい」と仰るので、いちおう定期借家という契約内容をご説明した。

私の場合は「何がなんでも儲けよう」などと考えてないし、先ず「オーナーさんにとってどうすることがベストか」ということで考えるのと、「紹介者の顔は絶対に潰さない」というポリシーでいるので、「やはり子供が使うことになりました」ということになっても全然OKである。場合によっては「地元の信頼できる業者さんをさらに紹介する、という選択肢もアリかな」と思っていたし。

うちらの業界も世の中も不景気で喘いでいるが、ほんと、世の中「有る所には有るもの」と溜息が出た。
posted by poohpapa at 07:19| Comment(2) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金はあるところにああるものだ、というのは本当ですね。

金があるところに人が集まるのも本当です。

「金は天下の回りもの」、というのも本当なんでしょうが、俺だけはずして回っていくから頭に来る。

Posted by occhan at 2012年02月12日 09:11
occhanさん、おはようございます

そう、カネは有る所には有るし、有る所にカネも人も集まってくるものですね。何かの原因でカネが無くなると、蜘蛛の子を散らすように人が去っていくのも事実でして・・・。人間社会って、嫌なものですね。

私なんかは「食べていければいい」と思っているので、カネも避けて行ってしまうようで、たまには寄り道くらいしてくれても良さそうなものですが・・・(爆)
Posted by poohpapa at 2012年02月13日 07:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]