2004年02月21日

保証人はアテにならない

お部屋を借りるときには連帯保証人が必要なのはご存知のとおりですが、私はそんなもの全く信用していません。
契約者本人が総てですから。

だいたい、自分の部屋代を何ヶ月も溜めておいて、何度連絡をくれるように頼んでも知らん顔しているような人間の保証人が、「ご迷惑をおかけしてすみません。すぐ本人に確認して責任もってお支払いします」などと言うわけがないのです。原則として数ヶ月間は本人に請求していますが、これはいよいよもってダメだ、と、保証人に連絡すると、まず「知らねえよ、本人に言ってくれよ。俺はただ頼まれて保証人になっただけなんだから」で、おしまい。実の親子でも、です。次いで多いのが、「すみませんねえ、私も(カネが)ないもんで・・・(払えません)」という言い訳。まるで「詐欺」です。ハナから責任取る気などないのに連帯保証人承諾書だの印鑑証明だの出しているんだから。

トラブルは家賃だけではありません。敷金の精算にも保証人が関係してくる場合があります。

だから、うちの場合は、本人が堅ければ、逆に保証人の内容がイマイチでもOKです。最近は、眼力が外れたことはありません。家主さんが渋っても、「私の見た目では、本人はまず大丈夫ですよ」と言うと、大抵は審査が通ります。

でも、人は変わります。え?この人がこんなこと言うようになっちゃったの?なんてこともよく起こります。まわりがつまらない知恵をつけるからなんでしょう。「水は低きに流れる」とはよく言ったものです。

いつか、本当に有ったトラブルの数々にもふれてみたいと思います。トラブル、というより、ほとんど犯罪と言えるようなものもあって、笑えない話ばかりです。
この記事へのコメント
はじめまして??
Recently Updated Weblogs にあったタイトルに惹かれて
やってきました。

保証人、アテにならないですよねー。確かに。
父が仲介をお願いしているところの不動産屋さんは
とってもいい人なんですが、そこの息子さんに
紹介いただいた入居者親子(親が保証人)
がそうでした(^??^ヾ

不動産屋の息子さんは申し訳なく思われたのか
お父様に怒られたのか必死で交渉して下さいましたが
(初めて見たときはその筋の方かと思いましたケド)
いつのまにか入居者本人は蒸発するし保証人は入院してるとか
してないとかで連絡がついたりつかなかったり。
結局無いものは払えない状態。1年以上経つ今でもたまに
その入居者宛ての債権取立ての郵便物が宅配で来ます。(怖)
まぁ、人のいい父も悪かったんですが・・・(^??^;
Posted by ねこにゃ at 2004年03月25日 07:11
おはようございます。
コメント、有り難うございます。
長引く不況で、家賃の滞納が増えてきました。本来、取立ては家主さんの責任で行うもの、要するに、「家主が自分ですべき」ものですが、ほとんど、不動産屋に頼んできますね。で、保証人と交渉することもあるのですが、ハッキリ言って、本人より始末が悪いです。不動産屋がこのテの悩みから開放されることはありません。すみません、愚痴になってしまって。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年03月25日 07:56
本物の不動産屋から見れば貴方は極々キャリアの浅い、小規模の賃貸屋上がりで、大した売上もなく、賃貸管理の会社なら少しは楽かも知れないと甘んじて転職を遂げたと見える。
Posted by 本物の不動産屋 at 2010年06月24日 02:21
本物の不動産屋さん、おはようございます

私はこの業界に入ってまだ21年と半年、であります。私なんかより先輩は大勢いますね。

ただね、周りを見ていると、私よりキャリアが浅くても非常に勉強している人、キャリアは豊富でも旧態依然としている人、いろいろですね。

私の転職暦、業界に入った動機などは過去ログに記してますので、宜しければご覧になってください。

ご自身で「本物の不動産屋」と名乗っていらっしゃるのですから、私のキャリアなんて遠く及ばない立派なご経歴をお持ちなんでしょうね。

ひょっとしてどこかでお目にかかっているかも知れませんね。「小規模な賃貸上がり」「大した売り上げも無い」というのは当たってますし。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by poohpapa at 2010年06月25日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック