2004年06月27日

「穴」のアパートのその後

さて、エアコンの「穴」によるトラブルで、2週間で退去されてしまったアパートであるが、その後も新たなトラブルに見舞われることになった。

次のお客様がなかなか決まらずにいたら、家主から「不動産業者を替えたい」、と連絡があった。私はそういう場合、けっして引き留めたりはしない主義であるから、「かまいませんよ」、と言って、地元の優良な会社を紹介してあげた。

その会社で、2組のお客さんから申し込みをもらったらしいが、一組は「職人だから」、もう一組は「ご主人が外人だから」、ということで断ってしまったとか。そうなると業者も冷めてきて一所懸命に客付けなどしてくれなくなる。結局、5ヶ月も空いたままになった。

途中、家主が何度も当社を訪れて、「オタクでもいいお客さんがいたら紹介してくれないかなあ」、と頼む。本音では「どのツラ下げて」だが、「分かりました」と答えておいた。

そうこうしているうち、近所の病院で賄いをしていらっしゃる方の息子さんが、結婚するとのことで来店した。やはり希望地域からは外れていたが、そのアパートを案内すると気に入ってくれた。予算が少しオーバーしていたので、たまたま案内の時に庭にいた家主と値引き交渉するとアッサリOKしてくれた。これで問題なく契約になる、と思っていた。

翌日の朝、新管理会社から抗議の電話が入る。「勝手に値引き交渉しないでくれ」、というのである。それで、「元々は当社の管理物件だったから家主さんは良く知っているし、あの家主さんが家にいる時に案内すれば、すぐに家から飛び出してくることはオタクだって知ってるハズ。うちが直に取引しようとしたのならオタクが怒るのは分かるけど、ちゃんとオタクの会社を通して申込書を入れているのだから、文句を言われる筋合は無い!」、と反論すると、すぐ誤りを認めて謝罪してくれた。

それでやっと落ち着くかと思ったら、業者から再び電話。
「家主が今回3千円値下げしたから、更新の時には5千円値上げする、と一筆入れてくれ、って言ってるけどどうしましょうか」、とのこと。「もう勘弁してくれよー」、である。私は、「そんなことができる訳ないでしょう。だったらこの話は無かったことにしてくれる」、と言うと、向こうも嫌気がさしていたのだろう、「ああ、そうしましょう」、とアッサリ白紙に。

その後、3ヶ月ほどして、家主が再び店にやって来た。
「またイイお客さんがいたら・・・」、と言うので、実は接客中だったが、「外に出てくれる!2度とうちの敷居は跨がないでもらいたい!」、と追い出した。

それほどのトラブルがあっても、私はこの家主が嫌いではない。むしろ、家主としては、いい方(ほう)なのだ。それに奥様も、とても優しい人である。

その後、7年間も音信不通になっていたが、3ヶ月前、奥様と2人でおみえになった。
ドアを開けて、「入ってもいいかなア」、と言うので、「どうぞどうぞ」、と迎え入れた。
なんでも、この7年間、私に「ずっと、お詫びをしなければ」、と気になっていたとか。
「できれば、またオタクで管理してもらえないかなア」、との嬉しい言葉ではあったが、私からすればまだその時期ではないのでやんわり辞退した。だが、空き部屋が出た時には気にかけてあげようと思う。このご主人が無理なことを言う心配はもう無いのだから。
posted by poohpapa at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック