2004年08月30日

男の中の男、と、・・・女

アテネ・オリンピックも終わった。いつになく日本選手の大活躍で、日本中が明るい話題で包まれていたように思う。心配されていたテロが起きなくて何よりだった。

ところで、皆さんは、歴史上の人物まで含めて、「男の中の男、は誰だと思うか」、と聞かれたら誰の名前を挙げるだろうか。私なら、迷わず「この人」という方がいる。

バルセロナオリンピック、男子マラソンの谷口浩美選手である。

ご記憶の方も多いと思うが、あの時のレースでは、谷口選手は途中、給水所で足を踏まれて転倒し、靴が脱げるというアクシデントに見舞われた。後で聞くところによれば、転倒地点からゴールまで最も速いタイムだったのはその谷口選手とのことで、もしあのアクシデントがなければ間違いなく優勝していただろう。それが、レース後に開口一番、「コケちゃいました」、である。言うまでもなく、オリンピックの金メダルを目指して、厳しいトレーニングを重ね、やっと臨んだ晴れ舞台で、あのアクシデントである。私が谷口選手の立場なら、踏んだ人間を特定して「テメエこの野郎!」と半殺しにしたであろうわーい(嬉しい顔)

「仕方が無いですよ、踏みたくて踏んだ訳じゃないでしょうから」、と谷口選手は努めて明るく語っていたが、それでも、私なら絶対「半殺し」にする。オリンピックの度に国民も選手も、結果だけ見て「金だ!銀だ!」と騒いでいるが、谷口選手こそ金メダルに相応しいスポーツマンだろう。必ずしも、「結果が全て」ではないと思う。たしか仏紙も、「谷口選手こそ真の金メダリストである」と讃えていたと思うが、日本人として嬉しい。

もし皆さんがドミノ倒しの世界記録に挑戦して、(途中でのストッパー無しで)一週間もかけて作業して、あと何駒か並べれば準備完了というところで誰かが駒を引っ掛けて全部倒れてしまったとしたら、どうするだろうか。そいつに掴み掛からないまでも泣きわめくだろう。私もきっとそうなってしまうと思う。一週間の努力でさえもそうなる。これが、血の滲むような練習と努力を重ねてきた4年間ならどうだろうか。「運も実力のうち」、などと言ってはいられない。だからこそ谷口選手は「男の中の男」なんだと思う。

スケールは比較にならないが、商売をしていると似たようなケースは多々ある。
一生懸命努力していて、あと一歩で契約、と言うところまで漕ぎ着けていて破談になったりした時の心境と似ているのかも知れない。もっとも、こっちのケースはほとんどが、他の業者に契約をさらわれたり横槍が入ったりして壊れるもので、悪意が絡んでいる。悪意だろうと悪意が無かろうと、そういうのは非常に悔しい。いや、被害を受けた側からすれば、「悪意が無い」ほうが始末に負えない。憤懣のやり場が無いからだ。

ところで、「男の中の男」と言えば、作家の川端康成氏を推す人がいた。同じく作家で僧侶で元参議院議員でもあった今東光氏である。
(以下敬称略)

今東光と川端康成とは、東大時代に川端康成が興した第6次「新思潮」以来の付き合いだった。私もうろ覚えだが、たしか菊池寛も加わっていて、「今東光も仲間に入れよう」と言う川端康成に対して、菊池寛は、「あんなヤツを入れるなら私は降りる」と言ったとか。それを川端康成が、「そんなことを言うものではない」と諭して、今東光も参加できるようになったという。今東光が他からその事実を知ったのは、ずいぶんと経った後のことで、「何度も顔を合わせているのに川端は一度もそんな話はしなかった。人の為に何かして、けっして恩に着せない川端康成こそ、男の中の男だ」、と述懐している。

川端康成は「男の中の男」ではあったかも知れないが、無類の女性好きでもあったようだ。映画「伊豆の踊り子」の制作発表で一席設けられた川端康成は、主演女優の吉永小百合の腿の上に、ず〜っと手を乗せていたとか(笑)

「人の為に何かして、けっして恩に着せないのが男」、と言われてしまえば、「人の為に何かして、常に恩に着せる」私は、「男の中の女」なのかも知れない(爆)
posted by poohpapa at 06:00| Comment(20) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
比較には、ならないかもしれませんが、、、、。
小さいときのことなので、正確さにはかけますが、昔。冬季のジャンプ競技の秋山?選手という人がいて、確か
交通事故を起こしたかで、出場を取りやめた人がいました。それが事実だったのか、その後どうなったのか、まったくわかりませんが、、、、。
Posted by a4 at 2004年08月30日 08:14
a4さん、おはようございます

たぶん、秋元正博選手ですね。一番強かった時にオリンピックに出られなかったり、後に大怪我をしたり、で、運に恵まれなかった選手ですね。でも、記憶には残っています。

今日の記事と関連して、昨日の男子マラソンでもハプニングがあって、自分に力が無くて負けたならともかく、あんなことで順位を下げたのではたまらないな、と気の毒に思っています。

4年に一回だから難しいし価値があるのでしょうが、競技種目によっては、ちょうど大会と大会の谷間にピークを迎える選手もいる訳で、ホント、いろんなドラマがありますね。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 08:57
「靴がぬげちゃいました・・・(^^;)」
このエピソードは、マラソンを見るたびに思い出します。
ドーピング全盛のアスリート界では珍しいスポーツマン・シップの具現者ですね、頭が下がります。
こういった清清しいかつ屈託の無いスポーツ選手は、「男の中の男」の一人と言ってもいいでしょう。
今では前時代的なスポ根漫画でも、いないキャラですもん。
Posted by ハリケーン at 2004年08月30日 09:02
ハリケーンさん、再びおはようございます

厳しいスポーツの世界にあっても、あのようなほのぼのとした人柄の方もいらっしゃるものなんですね。私は、最高の人格者、(世界陸上でも優勝しているし)国民栄誉賞ものの選手だと思っていました。あ、今も、です。

いつもコメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 09:44
コンニチワ。
オリンピックで言えば、ロサンゼルスオリンピック柔道無差別級決勝で山下と対戦したラシュワン選手(エジプト)ですね。山下が右足を負傷していたにもかかわらず、そこを攻めずに結果敗退しています。
オリンピック後に、攻めれば勝てたはずでは?というインタビューに「ヤマシタが右足を痛めていることは分かっていた。だからこそボクは右足を攻撃しなかった。それにヤマシタが強かったから自分は負けた」と答えています。
これも男の中の男では無いかと感じました。
Posted by ヲモチ at 2004年08月30日 11:43
ヲモチさん、こんにちは

ラシュワン選手も記憶に残る選手ですね。母国に帰って、山下選手の右足を攻めなかったことを批判されて、「そうまでして勝ちたいとは思わなかった」、と言ったとか。泣かせるセリフです。アテネでのドーピング疑惑の選手たちに聞かせたい言葉です。

ですが、お国によっては、金メダルひとつで一生楽ができる、ということもあるでしょうから、簡単に批判はできないのですが。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 15:21
poohpapaさんこんばんは!
川端康成は「男の中の男」>
について一言。
あるエッセイの一文をそのまま引用します。

芥川賞が菊池寛により創設されたのが昭和十年??中略??
第一回に太宰治が候補になり、選に漏れた。太宰治が川端康成の
「作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に発せざる憾みあった」
という選評に激高し、川端を痛罵する一文を発表した。

そしてそのエッセイを書いた作者も

「太宰の悲憤を知って川端の小説を読む気がしなくなった。」

っと仰っていた。これは太宰の悲憤から六十年もの時を経て、芥川賞受賞作家になった私の大好きな作家さんの一文である。
感化されやすい私は、川端康成は後の強敵と成り得るであろう、太宰の受賞を川端康成が妨害したのではないかと思っている。
事の顛末は太宰治の逆恨みだったとも記されていますが…
もし妨害したのなら、私の「男の中の男ランキング」には川端康成はノミネートされません(笑)
Posted by davi at 2004年08月30日 17:44
男の中の男、、、なんて難しい質問でしょう?
私、俳優杉良太郎氏の色男ぶりとか嫌いだったのですが、
寄付なんかの活動を黙々と実践されているのを知って
(歌手森進一氏も同様です、多分他にも、、)
見かけよりずっと男らしいのネ(反省)
みたいな経験が何度もありましてですね、、ノミネートなんか
よ??しません、

そうそう「ホモ」とかいわれて久しい我が歌のアイドル槙原敬之氏、
覚せい剤の捜査にきた捜査官に全く素直に認めたのに対して
「男」で売ってる筈の勝○太郎がパンツの中に隠し持った
「ブツ」を押収されてるのに
「なんでそんな処に入ってたのか分からねーんだよ」と言った
とかで(爆)
その往生際の判定で槙原>勝だと思っています。
どん底に落ちて再びモチベーションを回復し、
槙原氏は私にとって素晴らしい歌を作り、歌い続けている。
その意味では彼も「男の中の男」・・・いや変な意味でなく(爆)

谷口浩美氏は素敵なキャラです。
彼が「コケちゃいました」発言をされてから大好きになりました。(勿論尊敬も)
今、日本の男子マラソンは女子に比べて影が薄いですが、
人間としても尊敬出来る、走る哲人が出てこないものでしょうか?
ね?走るアイアンシェフdavi様ってば!(だから結論て何よ??)
Posted by 街のクマ at 2004年08月30日 18:56
こんばんは poohpapaさん
オリンピック 終わっちゃいましたね
結局 綺麗な女子アナはわからなかったけど 
「男の中の女」とおっしゃるpoohpapaさんの
「女」にかける情熱がよーくわかったからもう充分です(笑)
Posted by ruru at 2004年08月30日 18:57
poohpapaさん,初めまして。毎日の更新楽しみにしています。
谷口さんの転倒シーンと「こけちゃいました」は今でもはっきりと思い出せます。これ以前は、日本の第一人者にしてはパッとしないなと思っていましが、このコメントで男を上げましたよね。
Posted by FOP at 2004年08月30日 20:10
daviさん、こんばんは

私は太宰の「逆恨み」だと思いますね。おそらく、川端は太宰を「将来の強敵」などと思ってはいなかったことでしょう。太宰は選考委員に手紙等で「何とか私に獲らせて欲しい」と頼みまくっていたようですし、それがかえってヒンシュクをかってしまった、と高校時代の先生からは聞きました。

実は、そういう話を聞いて、私が著名な作家の中では唯一、一作品も読んでいないのが太宰です。芥川賞の一件といい、死に方といい、全く好きになれません。そのエッセイストとは逆の意味で、作家が好きではないから作品も読まない、ということなんですけど。

作家の場合は、スポーツ選手や政治家と違って、ライバルを叩いて潰しておく必要は無いでしょうから、きっと思い過ごしでしょう。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 22:04
街のクマさん、こんばんは

杉良太郎、私も以前は好きではありませんでした。今は好きですよ。悲しいのは、最近は政治家の中から「私財を投げうって」という人物が出ないことですね。一億の小切手を貰っていながら「私が何か悪いことをしましたか?」ってトボケながら凄んで見せる元総理なんてのは、「腐敗臭の漂う男」でしかありません。

スポーツ選手では、パリーグで活躍した山本和範選手(字、合ってるかな)も候補ですね。阪神大震災の時、誰よりも早くポンと1千万を寄付したでしょう。政治家にはいませんよね。贈収賄になるかどうかの問題ではないでしょうに。方法などいくらでも有るでしょうから。

根底にあるのは心意気なんですけどね。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 22:17
ruruさん、ごめんなさい

NHKのアテネのスタジオから、日本時間で23時頃から、たしかにキレイなお姉さん(アナウンサー)が出てたのですが。青山さんとは違います。もっと整ってて美人です。前半だけを担当していたのでしょうか。どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けませんか。よろしくお願いします。

で、ruruさん、これからもコメント欄にご注目くださいな。私もこのまま終わってしまうのはチト寂しいです。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 22:24
FOPさん、こんばんは、初めまして

たしかに、谷口選手は風采が上がりませんよね。でも、男は見かけでは決まりませんよ(笑)

以前、関西空港で、メキシコ大会のマラソンで銀メダルを獲った君原選手とお会いしましたが、とても地味な方で、周りの空気に溶け込んでいました。高地での大会で、しかもエチオピアの選手に次いでの「銀」ですから、大変な偉業だと思うのですが、それでも、「俺が君原だ!」みたいなオーラは出しておりませんでした。市民マラソンにもよく出場していて、とても謙虚な方なんでしょう。それも、大事な要素でしょうね。すぐ威張る男は「男」ではありません。

コメント、有り難うございます。これからもよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年08月30日 22:36
poohpapa様太宰治の件では少し異論を唱えたいです。
davi様のためにも、、
周りの意見や情報に影響されて誰かを嫌いになるのも
人間ですから当然とも言えるでしょうが、
作家を嫌いになるとしたら、実際に一度その作品を
「リセットした心で」読まれてから、ではないでしょうか?
「死にたがりの太宰」とか呼ばれ、
悲観主義的で自身破滅型作家の代表でもあり、
実際連れ合いをまきこんで入水自殺するなど
poohpapa様の嫌いな要素を山ほど持っている
でも短編「走れメロス」だけは人間肯定の熱い作品で、
彼の作品の中で異彩を放ちます。
短い作品で、何より面白いので、これだけは
読んで見られては?
今でも一日に千人もの墓参がある太宰を切って捨てては
余計な敵を作るのではと心配してしまいます。
なによりdavi様と拗れるのはゴメンですからね???
ところで、
私、川端康成も太宰治のご両人、深くも浅くも知りません、念のため。
だからこんな事書く事自体「お前が言うな!」なのです(爆)
Posted by 街のクマ at 2004年08月31日 08:58
街のクマさん、おはようございます

ご心配、無用ですよ。何を言ってても、「daviさんが美味しい料理を提供して、私が頂く」、という信頼の構図(利害関係ともいう)は崩れません(*^^)v

でね、芥川シンパ、川端シンパはいなくても、根強い太宰シンパがいることは承知しております。「悪徳」のお得意様であって親愛なるクマさんのご意見ですが、私が太宰作品を読むことはけっしてありません。中学の時に教科書で太宰治の写真を初めて見た時に、「僕がこの人の作品を読むことは一生無いだろう」、と直感して、そのまま現在に至っています。そこに、高校時代の先生の話がダブっておりますから、生ものが苦手な私にとって「刺身は美味しいもの」と分かっていても食べられない、そんな感じです。例えがマズイですけどね(笑)

読書家の評価が高かろうが、誰に勧められようが、読みません。
これからも、よく外れる自分の直感を信じて生きていくつもりでいます(頑な)

直言、本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年08月31日 09:26
poohpapa様、「偏食するな??!!」と横から奥様が、、(笑)
そんな事では沖縄に行っても食べるもの無いよ?
街のご飯屋の魚定食にもきっと文句言うでしょう
(大も小も魚の種類が違うという、、大きさだけが「同じ」という魚定食 爆)
でも、お刺身が食べられないなんて「中国人」みたい、、、
う??む、結婚は考えなおそう・・・(爆)
Posted by 街のクマ at 2004年08月31日 09:53
街のクマさん、再びこんにちは

海の側で育ったのですが、刺身ダメ、泳ぎダメ、なんですよ(爆)
食べられないものの方が多いですね、偏食王です。

田舎に帰ると、一週間いても朝昼晩、全部おかずは卵焼きです。もちろんおふくろが、僕が「卵焼きが一番好き」、と勘違いしているわけで、文句言ったことなどありません。

って、そういう話ではなかったんだよね。

でね、籍入れたばかりで離婚はありませんので、念のため。
Posted by poohpapa at 2004年08月31日 11:01
あはは(笑)
poohpapaさん、街のクマさんおはようございます。

以前、私の記事の中に嗜好品について述べてていますが、作家さんも同じく、人によって嗜好が偏り易いと思うのですよ。

自分にとって共感や感嘆を覚える作家さんが皆さんは、お好きな事でしょう。読んでいて不快な作家さんの文は短編であってもなかなか読み切る事は難しいと思います。

私も川端さんの著書を手に取ることは今後無いと思いますし、きっとpoohpapaさんが太宰さんの著書を手に取ることは無いと思われます。事実はたとえ幾説あろうとも自分の信じた説を信ずればいいと思います。
今回はただ、poohpapaさんと私の嗜好が違っただけ…

私は食に携わる仕事をしていますが、たとえおいしい!と自分で感じる商品でも、お金まで払っていただいて、嫌いなものを食べさせようとは致しません。どうせお金を頂くなら大好きなものを腹いっぱい食べていただきたく思います。

街のクマさん>
お気遣いありがとうございます。大丈夫です。poohpapaさんは私の性格をよく解っていらっしゃる方です。そして私もpoohapapaさんを理解するよう努めているつもりです。(生意気な表現でスミマセン)ちょっとやそっとの事では拗れることはありませんよ♪
ご安心下さいw

poohpapaさん>
お騒がせして申し訳ありません、これに懲りて今後のコメントは…


「もっとpoohpapaさんをレスに困らせるような、コメントを打ってみるよう努力いたします!」(勘違い?)
「これからも拙い文ですが、よろしくお願い致しますw」
Posted by davi at 2004年08月31日 16:24
daviさん、こんばんは

実を言うと、太宰治の生き様も好きではありませんが、川端康成の小説も、さほど好きではありません。芥川龍之介の小説は好きですけど。シェフのパスタと違って、「一回でいいや」って感じなのです。シェフの「夏野菜のぺペロンチーノ」は私にとっては、池波正太郎の小説のようなもので、毎日味わっても飽きないものです、いえ、ホント。

昔、大相撲で、「栃若時代」というのがありまして、私は若乃花のファンで、栃錦はあまり好きではありませんでした。部屋付きの親方が独立する際も、ずい分と意地悪をしたと聞いています。ところが、春日野親方(栃錦)が亡くなった後、実はファンをとても大切にする人だった、と知りました。たった一度ファンレターをくれた少女に、毎年、本場所の招待券を送り続けていたとか、ひとりひとりのファンを大切にしていた様子もいろいろ聞きました。人の噂は怖いものですね。それ以来、栃錦について、誰の言っていることが正しいのか、全く分からなくなりました。少なくとも、誤解や中傷が一人歩きしていたようです。

今は、何が正しいのか自分の頭で先ず考えるようにしています。そうであっても、太宰はダメです。受け入れられません。女を道連れに死んだのは許せません。

ということで、また「夏野菜のペペロンチーノ」、食べに行きますので、よろしく!
Posted by poohpapa at 2004年08月31日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック