2004年09月03日

サイトを運営している立場から

「悪徳」のコラムを書き始めて既に半年が経過しました。ネット社会がどんなものか全く知識の無かった私が、とくに事故も無く、ほぼ毎日の更新を続けられたのは、読み手の皆さんの温かい励ましがあればこそ、と心から感謝しております。

そんな中で、気になることがありまして記事にさせて頂きます。こんなことは皆さんご存知でしょうし、本来は書くべきことではないかも知れませんが、あえて書きます。私がこういうことを書くと、引いてしまわれる読み手さんもいらっしゃるとは思いますが・・・。

私は「悪徳」の中で、「不動産取引に関連して、困ったこと、分からないことがありましたら、ご遠慮なくご相談ください」、と以前から書いていて、コメント欄やメールにてご相談を受けることがよくあります。とても嬉しいことですし、分かる範囲内でなるだけ丁寧に回答申し上げますが、その後の経緯や結果をご報告頂けることはほとんど有りません。

プロとしてアドバイスした結果は当然気になりますし、もし誤りがあれば修正する必要も出てきます。事態の推移によっては新たなご相談も必要になってくるものでしょう。有償無償を問わず、結果については何らかの責任も発生することと思います。

ご相談を寄せられる方たちには顕著な傾向があります。サイトの感想等はそっちのけで、いきなり「実はこういうことで困っています」、と本題に入られます。よく、他の人のサイトを拝見していて、「それ、私も欲しいのですが、どこで売っていますか」、とだけ書いている人を見かけますが、これでは回答してくれなくても文句は言えないでしょう。これが、「いつも拝見しています。どのグッズも可愛くて、毎日こちらのサイトを訪問することが楽しみになっております。とくに、○○はとても素敵ですね。私も是非欲しいと思っていますが、私の近所のお店ではほとんど見かけることはありません。差し支えなければ、何というショップで取り扱っているのか教えて頂ければ、と思います。これからも更新を楽しみにしております」、とあったらどうでしょう。聞かれたこと以外にも、知ってる限りの有益な情報を教えてあげよう、と思うのが人情でしょう。

で、用件だけ言ってくる方は、間違いなく、報告をして頂けません。私は、お礼を言って欲しいのではありません。後々のため、次に続く人たちのために経過や結果が知りたいのです。これは、どんな職業についても言えることだと思います。とくにお医者さんやエンジニアなら日々痛感されていることでしょう。営業マンも、まあ、皆そうですよね。

それと、相談するにしても、相手を間違えないで欲しいのです。
例えば、何らかの理由で立ち退きを迫られているとしたら、不動産屋に対処法を聞いてはいけません。こちらはふだん、家賃の滞納等により「追い出す」立場であって、「そのまま居てもらえるようにする」ことはあまり無いのです。もちろん、入居者に非が無い場合には、家主さんとの間に入って交渉することも有るには有りますが、それは特殊なケースです。「家賃を滞納していて家主と管理会社から契約解除を通告されました。どうしたらいいでしょう」、と聞かれても、不動産屋の立場では「速やかに家賃を払ってください」、としか言いようがありません。「家賃を滞納したまま合法的に居座る方法の伝授」など出来る訳がないのですから。最初に相談のメールを頂いた時に、そもそもどちらの言い分に理があるかは分かってしまうものなので、回答内容に困ってしまうことも多々あります。内容的に言っても、「給湯器が故障したので修理してもらいたいのですが、家主が負担をしてくれません。どうしたらいいでしょう」、とか、「退去後のリフォーム代として敷金以外に追加請求をされて困っているのですが」、という質問ならお答えしようがあるのですが。

サイトの運営をしていらっしゃる方なら、きっと私と同じような経験をなさっていることと思います。あくまで善意で、しかも場合によっては何度も詳しく説明したりして、それでも何の報告もなくそれっきりにされたら、「冗談じゃない!」、って怒りたくなりませんか?

もしも、道を歩いていて通行人に呼び止められて、「○×公民館はどう行ったらいいですか」、と聞かれて、「歩いて行くのは大変ですよ。駅前のバスターミナルの15番乗り場から○○行きのバスに乗って、5つ目の『○×公民館前』で下車してください。15番乗り場からは他の行き先のバスも出ていますが、○×公民館を通るのは一系統しかありませんので気を付けてください。もし、歩いて行かれるなら地図を書いて差し上げましょう」、と地図まで書いて渡したのに、地図だけサッと受け取って黙って立ち去られたら、カチーンときますし、空しいものですよね。やはり、恩着せがましいだけなのかなあ(笑)

私のサイトだけではなく、何か運営者に相談するのなら、「サイトの感想をひと言くらいは付け加えること」、「経過や結果の報告を必ずすること」、「本来は有償でお願いするようなことを安易に質問しないこと」、くらいは最低限ご配慮頂けたら、と思います。

キツイ言い方ですが、私が「悪徳」の中で「相談はご遠慮なく」と言っているのは、いつもお読み頂いている読み手さんへの感謝からであって、不特定多数の方へのサービスが目的ではありません。と言っても、「一見(いちげん)さんお断り」ということではなく、初めての方のご相談も歓迎ですが、「最低限のマナーは守りましょう」、ということです。

毎度申し上げておりますが、私は「悪徳」コラムを商売に利用することはけっしていたしません。ご相談も無償です。だからこそのお願い、とご理解頂けたら嬉しく思います。
こんなことを言っているようでは、私自身が、「ネット社会の何たるかをまだ充分理解していない」、ということになるのかも知れませんが(謝)

なお、文中の具体例は、特定の相談者さんを指しての話ではありませんのでご了承ください。なんか、また反発を食らってしまいそう・・・。
posted by poohpapa at 06:00| Comment(44) | TrackBack(3) | ウェブログ・ココログ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ… とってもうなずきながら読ませて頂きました。
僕もメールで質問等を頂く時、同じように思ってしまいます。あ、我がブログは完璧に個人趣味サイトとしてやってるので poohpapa さんみたく専門的な質問って圧倒的に少ないんですがね。それでも少し思ってしまうのです。

poohpapaさんは本文中で「恩着せがましいだけなのかなあ」とおっしゃってますが、そんな事無いですよ。僕はいたって普通の感情だと思いますけどね。

僕が思うに、相手を「個人として」じゃなくて「コンピュータの返事」としてしか捉えてない人が多すぎると思うんです。んまぁ、そういう方ってコンピュータ相手に挨拶しても仕方がないとか思ってらっしゃるんだろうけど…「そりゃあまりにも常識がないよ」って言いたいですね。

コンピュータの向こうにも人間がいて、ネットって現実と同じような「人間の付き合い」なのにねぇ…
Posted by ろぷ at 2004年09月03日 07:14
ろぷさん、おはようございます

コメント、有り難うございます。先ずは、ホッとしました。
私が考えているようなことは、ネットを楽しむ人間なら「織り込み済み」として問題にしてはならないことなのかなあ、と、ちょっと怖かったのです。

お互いの顔も見えないし、不義理をしても追いかけてきて文句を言われることもないのだから、心ならずも放置してしまうのでしょうが、本音で言うと、「お付き合いはしたくない」ということになりますね。

ろぷさんが仰るように、「コンピュータの向こうにも人間がいる」、ということなんですよね。それを忘れてしまう人の何と多いことか。

朝一番で有り難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 07:33
私も同様な事を技術系掲示板で経験したことがあるので、お気持ちとてもよくわかります。
恩着せがましいなんてことは 全く無い です。
スタンスを表明するのは大事なことですし、良いことと思います。
Posted by さいぽん at 2004年09月03日 08:37
こんにちは!

こちらにコメントを書こうと思いましたが、思いの外長文になった上、何だかこちらの記事と微妙に違う方向に話がそれてしまったので、自分の記事からのトラックバックにしてしまいました。
ご迷惑になったかもしれませんので、一言お断りをしなくてはと思い、こちらに書きました。お許しください。
Posted by こに at 2004年09月03日 08:57
さいぽんさん、おはようございます

技術系のblog運営者の方からはよくそのようなお話を聞いております。
「スタンス表明」にもご支持を頂きまして本当に嬉しいです。

早々のコメント、どうも有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 09:05
こにさん、おはようございます

入れ違いで、こにさんの記事にコメントさせて頂きました^_^;
話が逸れてもおりませんし、もちろん迷惑でもありませんよ(*^^)v

いつも本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 09:07
いつも拝見させて頂いています。
じっくりと読ませる文章で、いろいろ勉強できるところも多く
次の投稿を楽しみにしているサイトの1つです。

さて、わたしがプーパパさんのページでコメント書くことはないかなぁーと思っていたのですが、今回のお題は私も一言いわせてください。
人間と人間のコミュニケーションってキャッチボールと思うんですよね。
で、メールやチャットに限らず、教えてもらってもできましたともいわない、
できないときだけ苦情が来るという貧しいコミュニケーションをするひとは私の周りにも意外と多いです。
メールを受け取ったらなんにもなくても「届きました、ありがとう」の一言でもあってよいと思うし。
技術的に困ってるから聞いてきて、教えてあげてもできたかどうかも知らせないでそのままって人の方が圧倒的に多いです。
新聞で、ネチケットだのインターネットを子供に使わせるの等々話題になることの多い昨今ですけど。
こんな基本的なコミュニケーションもとれないようではだめですよね。
何も難しいことはないと思います。

この話題、私のサイトでも後ほど書き込みますね。
Posted by ぽんたん at 2004年09月03日 09:09
おはようございます。
今日もまた読んで考えさせられました。

サービスって基本的に有償だと思います。
ネットって相手の顔が見えないだけに、ちょっとした礼儀がおろそかになってしまいがちですよね。
顔が見えない、声が聞こえないだけであって、モニタの向こうには必ず誰かがいるのだから、
タダで教えてもらおうなんて思うのならばそれ相応の態度というものがあると思います。
poohpapaさんは何もキツイことは言ってないと思います。
むしろもっと早くにこういう注意をしておいても良かったんじゃないかなぁとも思います。


ここからは余談になってしまうのですが。
実は先日まで彼氏の家でこっそりとネコを飼っていました。
poohpapaさんのコラムを読むたびに、「このままじゃいけない!」と思いつつも、出て行けといわれるのが怖くてそのままにしていました・・・(すみません)
先日思い切って不動産屋さんに相談したところ、家主さんのご意向で、敷金1か月分の追加支払いを条件にネコを飼ってもいいことになりました。
優しい家主さん&不動産屋さんでよかったです。
もっと早く打ち明けておくべきでした。
でもpoohpapaのコラムを読んでなかったらずっと隠しつづけていたかもしれません。

直接相談は無くても、こうやって何かのきっかけを与えてるかもしれないってことをお伝えしたくて書いてみました。
どうもありがとうございます。

これからも無理をなさらずに更新していってください。楽しみにしています。
Posted by あき at 2004年09月03日 09:13
悪徳さんのお話よくわかります。決して間違っていないと思います。
自分だけが中心で話をする方は、通常のコミュニケーションでも、ネットを通してのコミュニケーションでも、そういうことしかできないのだと思います。
いつも読んでいるだけで、コメントを残すのにためらいがあったのですが、今回は悪徳さんの意見は間違っていないと確信したので、コメントさせていただきます。

いつも本当に楽しみにしています。いつもそうそう!と相槌をうって読んでいる人がたくさんいるので、無理せずに、続けてください。
楽しみにしています。
Posted by tamakoneko at 2004年09月03日 10:01
ぽんたんさん、こんにちは

コメント、有り難うございます。
さすがに、うちのサイトでは、「上手く出来なかった時に苦情が来る」、ということはありませんが、たしかに、中には「上手くいって当たり前。上手くいかないのは相談に乗って教えてくれた人間が悪い。当然、何度でも教える義務があるもの」くらいに勘違いする人がいたとしても不思議はありませんね。

知らない同士が、ネットの上で会話をする訳ですから、ある意味、友達同士よりもっとマナーを気に掛けるべき、と言えますね。

後ほど、ぽんたんさんのページ、お伺いいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 10:03
僕も以前同じ問題にぶつかり、コラムにネチケットという内容を掲載しました。
<a href="http://china-sports.seesaa.net/article/277616.html">http://china-sports.seesaa.net/article/277616.html</a>
イッキにアクセスが減り、自分の考え方のほうがおかしいのか?と悩んだ時もありました。
今日のコラムを読んで、やはりこれが普通だよなと感じる事ができ、肩の荷が降りた思いです。
しかし、世の中には色んな方がいらっしゃいます。
読んでやってるんだというスタンスの方には何を言っても伝わらないですね。
Posted by '49ers店主 at 2004年09月03日 10:07
poohpapaさん、こんにちは。
まったくもって当たり前の反応だと思います。
僕もフリーでPCの仕事をやっている都合上、「お客さん」には無料でサポートをしていることもあります。
そんな時でも一言「どうなったか、気になるので連絡ください」と書いてもほとんどの人は返事をくれません。
で、会ったときに「この前のどうでした?うまくいきました?」と聞いたら「ああ、うまく行ったよ」とかならまだいいんですが、「やっぱ駄目だった」といわれれば、自分の回答が間違ってたのかとか心配だし、挙句の果てには「あ??あれ、どうでもよくなった」とか言われたらすっごく腹が立ちます。
Posted by どんたく at 2004年09月03日 10:32
poohpapaさま。はじめまして。
Cyberと申します。
いつも楽しく拝見しております。
最近ではすっかり毎朝の楽しみとなっております。
いつかはコメントさせて頂こうと思っておりました。
最初に拝見したとき、殺伐とした今の世の中、これだけ気骨のある人がいるのだったら、まだ捨てたもんじゃないと嬉しく感じて、昔の記事も全て読ませて戴きました。

質問の件ですが、お気持ちは大変よく分かります。
私は20年来技術系の仕事をしてますが、それこそニフティサーブの頃から、やれネットが繋がらない、モデムはどうの、かな入力にするには、一太郎のここがわからないなどと、顧客でもない人たちからも質問攻めにあってました。
電話で話している間、仕事は止まってしまいますし、集中力は無くなるはで、全く迷惑だったのですが、そのうち商売に繋がると思うようにしてました。
しかし、タダで他人の時間を奪っておいて当たり前と思っているような人達から発注など有るわけないですよね。
今は相手を選ぶようにしてます。

poohpapaさんの考え方は決して間違っていないとおもいます。
ネットに限らず、携帯電話でも電車でも、タクシーでも、社会生活を営む以上、相手がいる以上、最低限のマナーというものが有ると思います。
私がpohhpapaさんのココログを読ませて戴いている理由はこういう事で、もっと声高に主張して戴いた方がより魅力的と思っています。
当節は優しい時代だとかで、ガンコ親父(失礼)はすっかり衰退してしまいましたが、小うるさく(またしても失礼)言う人間がいてこそ、世の中成り立つものと思っています。
私もあとに続きたいと思っておりますので、頑張って下さい。
応援してます。
Posted by Cyber at 2004年09月03日 11:22
こんにちわ。
poohpapaさん大変ですねぇ。私blog始めてもHPやらないのは,それ一杯ありそうで怖いからなんですが 苦笑
 質問されるのは別に構わないですし、こちらとしては読んで下さるだけで有難いと思うのですが、仰るように「その後」どうしたってないと。
 勿論全てに上手く伝える事出来ないでしょうけど、一方的に「ダメだった」と言われると凹みます。更なる対応させて貰えずにそうだと。
 
 幸い今のところpoohpapaさんに質問させて頂く事なく済んでおりますが、何か困った事あった時は是非ご相談させて頂きたいと思ってます。
 これからも更新楽しみにしております。
Posted by やす at 2004年09月03日 12:07
poohpapaさま
いつも楽しみに読ませて頂いております。
今回のコメント私もサイトを管理している立場として共感しました。私はいくつかのサイトを運営しているのですが、最初のころはどんな書き込みに対しても嬉しく思っていましたが、徐々に賑わってくると、同じような思いを持つようになりました。
どうもユーザーの方は、管理人を神のように穏やかな人だと思う傾向があるようです。。管理者としての顔が人格全てを表しているかのように。
世間の常識はネットの非常識なのか?と考えさせられます。

でも、皆さんがそんな人だとは思いませんし、頑張ろうと思います。
なんだか訳が分からない文面になりましたが、お互い頑張りましょうね!!
Posted by maru at 2004年09月03日 12:17
poohpapaさん、はじめまして。
いつも為になる話拝見させて頂いています。

私も常日頃どんな些細なことでも、人から助言や手助けをしてもらったら、感謝の意を相手に伝えるために「ありがとう」という言葉を必ず使うように心掛けています。
理由はその助言が良い方に転ぼうが悪い方に転ぼうが結果として自分にはプラスになっていると考えるからです。
また、「ありがとう」という言葉を使うと相手の方も喜んでくださいますし、自分も気持ちがいいからです。
私からすれば「ありがとう」の一つもいえない方の気が知れません。

毎日の更新大変だとは思いますが、更新楽しみにしています。
もしよろしければ、私のHPにも足を運んでいただけると幸いです。

それでは、またの機会に。
Posted by at 2004年09月03日 12:28
サイト運営の有無にかかわらないことだと思います。日常生活においても誰かの紹介で何かをすることができたときなど、うまくいってもいかなくても報告してほしいと思います。
コムベトナムさんのentryのように何か手配していただいたとして、それが気にいっても気にいらなくても黙っていられるよりは感想を聞かせてほしいと思うほうが普通だと思うのです。
影で「猫旅さんの紹介で行ったけどよくなかったわ、でもそれ言うと悪いから」としばらく疎遠になってしまうよりも不都合があったことなど聞かせてもらった方がいいです。
Posted by 猫旅 at 2004年09月03日 13:08
あきさん、こんにちは

メールのやり取りをしていて、常識を弁えている方だったりすると本当に嬉しくなってしまいます。あきさんが仰るように、サービスはタダ、というのは、極めて日本的な考え方で、海外では通用しないことなのですが。

あきさんのコメントの後半部分、滅茶苦茶嬉しいです。たしかに、ハッキリと相談に乗っていたりしてなくても、自分の記事が、どこかで誰かのお役に立っていたなら、こんなに幸せなことはありません。猫ちゃん、堂々と飼えるようになって本当に良かったですね。

いつもコメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:04
tamakonekoさん、こんにちは

思い切ってコメントをくださって有り難うございます。そして、なんとも心強いです。

不況のせいか、皆んな気持ちに余裕がなくなっているのか、フォローすることを忘れる人が多いですね。淋しいものです。

「無理せず・・・」、と仰って頂いて、とても嬉しいですよ。そのうち、お言葉に甘えて更新をサボったりするかも知れません(笑)
その時には、どうぞご容赦を!

コメント、本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:11
'49ers店主さん、こんにちは

同じような体験をなさっていた由、私の方こそホッといたしました。 '49ers店主さんの関連記事も読ませて頂きました。一行コメント、というものは、何とも辛いものですね。相手の真意を測りかねる訳で、送信してくる側は相手に気を遣わせていることに全く無頓着なんで、とても腹立たしいものです。

'49ers店主さんが肩の荷を下ろして頂けたとのこと、記事を書いた甲斐がありました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:16
どんたくさん、こんにちは

どんたくさんと似たような体験は、不動産営業でもありますね。
一生懸命に物件を探して、「これだ!」っていうのを見つけて、お客さんに急いで連絡して、「あ、お部屋ね、もう見つかりましたから結構ですから」、と言われた時と似ています。
こっちが今も探しているの知ってるんだから、連絡ぐらいくれよ!って頭にくる事があります。ン?違うかな・・・、ま、いいや(笑)

別にレポートを提出しろ、などと言っている訳ではなし、電話とかメールだけで済む話なんですけど、気が付かない人は多いですね。

コメントと、トラックバック、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:24
Cyberさん、こんにちは

私は「気骨がある」どころか、入籍して「骨ぬき」にされておりますですよ(爆)

冗談は抜きにしまして、Cyberさんからの過分なお褒めの言葉、身に余るもの、と考えております。有り難うございます。何より、過去ログまでお読み頂いている由、本当に嬉しく思います。

私も、「悪徳」は別にしまして、日常の業務でいろいろ相談に乗ったり、サービスでお手伝いをするのは、将来的に何かの商談に結びついてくれれば、という期待がある訳でして、でも、どんなに尽くしても一向に伝わらない、理解できない人たちがいるのもまた事実なんですね。Cyberさんが仰るように、人の時間を奪っておいて意に介さない人から注文などくる訳ないですよね。ですから、最近は適当に手抜きをするようになってしまいました。不思議なことに、一生懸命に取り組んでいる時より、適当に手抜きしている時の方が成果が出たりします。だから、という訳ではありませんが、blogもこれからは少しは手抜きすることも考えるかも知れません(笑)

Cyberさんの応援メッセージ、とても嬉しいものでした。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:42
やすさん、こんにちは

まあ、HPよりblogの方が管理は簡単でしょうけど、blogもHPも、質問を受けたり答えたりする手間は同じかも知れませんよ。

商売でもそうですが、次なる一手を講ずる前に「もう結構です」と言われたなら、それは凹みますよね。私もしょっちゅう経験しています。

やすさんが、不動産で何かお困りのことなどありましたら、その時は遠慮なくお声を掛けてください。良心的なよその業者を紹介いたしますので(爆)

いつもコメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:51
maruさん、こんにちは

いえいえ、充分、お気持ち伝わっておりますよ。
たしかに、読み手さんは自分の中で勝手に管理人のイメージを作り上げてしまうものなのかも知れませんね。これくらい許してくれる人だろう、甘えても平気な人だろう、って。極めつけは、「悪徳、って言ってるけど本当はいい人に違いない」という勘違いです(爆)
危ない危ない!

お声を掛けて頂いたとおり、お互い頑張りましょう。
コメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 16:58
誠さん、こんにちは

本当に、「有り難う」という言葉は、社会の中の最も有効な潤滑油ですね。たいした手間も費用も掛からないのに活用しない人の気持ち、私も分かりません。

ところで、私と誠さんは運勢が似ているようですね。私は姓名判断で、「40歳を過ぎてから花開く大器晩成型」となっていて、しかも、2人の姓名判断師が同じことを言っていたので、若い時からそう信じておりましたが、52歳になった今も、蕾さえ付けておりません。まあ、52歳も40過ぎではありますが(笑)

いつもお読み頂き、本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 17:12
猫旅さん、こんにちは

私も自分自身は、どちらかというとハッキリ言ってもらえた方が有り難いし好きですね。
ただ、自分が言う時には、結果が良かった時はそのままお伝えしますが、悪かった時には相手を見てから決めますね。

一度なんか、私がテレビで知った宿をある家主さんに紹介して、その家主さんが宿泊して帰ってきた後に、「まるでテレビと違っていて酷いものだったわよ」とボロクソ仰って、しばらくしてから、「そういえば、あの宿、○○さんが紹介してくれたんだよね」、と言われて互いに大笑いしたことがあります。信頼関係が出来ていれば何とも思わないものですよね。でも、そうでなければ「それっきり」ということもある訳で、全て正直に、とはいきません。人間関係は難しいものですね。

あ、私も、猫旅さん同様、好き嫌いはとてもハッキリしております(笑)

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 17:25
いつも楽しくまた感服しながら読ませていただいています。
↓こんな素晴らしい同盟ができているのですね。
<a href="http://myu.daa.jp/osiete/index.html">http://myu.daa.jp/osiete/index.html</a>
ことほど左様に世の中はかの「M女史」のような方々が
はびこっているようです。
お客様が書類を記入するためのゴムの下敷きに
ガキが備え付けのボールペンでいたずらがきをしているので
「そこにかかないでねぇ」とできうる限りやさしく注意したところ、その子の母親から睨まれました。
もう15年前も前ですから、そのお客様のクソガキは、立派な
礼儀知らずになってるんだろうなぁ(遠い眼)。
Posted by G3@mou60 at 2004年09月03日 19:39
G3@mou60さん、こんばんは

いつもお読み戴きまして有り難うございます。
「脱!教えて君同盟」、拝見いたしました。私より整理されていますね^_^;
私が言い得なかったことまで全て網羅してあって、なかなかのもの、と感心いたしました。

その子供、今頃何か犯罪に手を染めていなければ良いのですが。ある児童心理学者が、その昔、女優の故高峰三枝子さんの長男(当時小学生)が、家で一人でたくさんの高価なおもちゃに囲まれて寂しそうにしている写真を見て、「この子は将来、必ず非行に走る」、と予測して、まさにその通りになりました。15年前のその子の場合も、「母親が反面教師になって良い子に育って・・・」、ということは考えにくいでしょうね。

コメントと情報、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月03日 20:04
こんばんは??。
とてもまっとうなご意見にほっとしました。
確かにいろいろな方がいらっしゃるので、いろいろ見ていると
何だか不安な心持ちになってきたり・・・^^;
どんな間柄でも、やってもらって当たり前ということはないと思います。たとえ親子でも、たとえお金を払っていても、だからやってもらって当然ということではないと思います。反対に、こちらが何かをする時にも「してあげている」というのもおかしな話ですし。
「ありがとう」と「ごめんなさい」を言えるかどうかが非常に大切であるとよく言われますが、全くその通りと痛感します。どちらも簡単な言葉なのになかなか言えない。ごめんなさいは本当に言いづらいし、ありがとうはつい忘れがちになってしまう。最近、やっとそのことを身に染みて理解しました。自戒していますが、なかなか・・我ながら心配であります^^;日々内省あるのみ??。
しかし、わたしはpoohpapaさんのより強欲であります。もっと直接的に、「お礼くらい言え????!!」
・・・・と思ってしまいます。はは・・。いや、絶対言うべきです。ネットでもよく見かけますね。BBSとか・・・で、やっぱり、他人事ながら「お礼くらい言え!!!」と怒りが・・・。
しかし、だいたい、そういう傾向の人はそういう傾向ですね(謎)。そもそもの質問内容や返答の端々にいろいろ出ている・・・ような気が。

は??・・しかし、お題からずれるかもしれませんが、不動産屋さんって・・・大変ですね。どれほど大変か想像もつきません。仕事はみんなそうと言えばそうなのでしょうけれども・・・しかし、しかし、不動産屋さんがそんなことまでするのか!?・・・という驚愕のじじつ(?)をここでいろいろ知りました。何故そこまでする・・というかさせる!?!ううーん。納得いかなーーい。やはりpoohpapaさんは大人です。
Posted by うし at 2004年09月03日 20:10
とてもコメントが多く寄せられていましたので
いつもはコメントが多いときは、返事をされるのも大変では、と
遠慮してしまうのですが、今日は一言応援を。
私もpoohpapaさんの意見・考え方に大賛成です。
ネット上でなくとも、通常の付き合いでもよくある事です。
とてもさびしいと思うのですが、自然とそういう人との付き合いは
切れていきますので、残った縁を大切にしています。
その時、一瞬心が擦り減ったような気持ちになりますが、
その分、どんどん心が大きく温かくなるのだと信じています。
Posted by rider at 2004年09月03日 21:44
poohpapa様こんばんは
ネットがどうこう言う前に、正に「人の道」を説いておられるだけで
自身に正誤を問うまでも無い事です!
但し、ネットの世界に住む変質者の脅しや嫌がらせは、
「パソコンを閉じれば大丈夫だよ?」と、コメントされる
知り合いがおられまして、、、
それには納得させられました。

若い子とカラオケに行きますと、自分の歌パートが歌い終わると演奏を
そこで停止する子たちがいるんですよ?それもかなり浸透している・・
「時間が勿体無い」という理由らしいけど、
前奏、間奏、エンディングまで揃ってこそ楽しめる私にはついて行けません。
どうせなら鐘でも持たしてくれたら、思い切り鳴らしてやります、
「鐘ひとつ」ってのをネ(爆)
「お前とは二度と遊んでやらない!」(・・・と心の中で言ってやった)
Posted by 街のクマ at 2004年09月03日 22:04
poohpapaさん、早速のレスおよび、訪問ありがとうございます^^

poohpapaさんも姓名判断で同じような結果が出ておられたんですか。(笑)
52歳になった今も、蕾さえ付けておりません。とのことですが、こんなにも多くの人にコメントをもらい、厚い信頼をお受けになっておられるpoohpapaさんは蕾どころか咲き乱れておられるじゃありませんか。
まだまだこんなところで甘んじるものじゃないという意味での蕾という意味でしょうか?(笑)

これほどの人々を引き付けるpoohpapaさんの魅力とセンスはすばらしいものだと思います。
Posted by at 2004年09月04日 00:02
いかにも大手のサイトっぽい悩みで、いい感じです
この文章は、日々の日記に埋もれてしまうのはもったいないので
別枠でよく見えるところにリンクを付けて「ご相談の前に...」とか、書いてまとめておくといいかも(失礼な人は例外なく読まないのですが、ないよりはいいでしょう)
Posted by i at 2004年09月04日 02:03
うしさん、おはようございます

たしかに、ネット上のマナー以前の問題ですね。「有り難う」と言える感謝の心と、「ごめんなさい」と言える素直な心、というものはとても大切であると考えます。アメリカなんかでは、すぐ謝ってしまうと訴訟を起こされた場合に不利になるから、ということで、簡単には謝罪しない、という話ですが、それも寂しい社会ですね。外国に学ぶ面はたくさんありますが、日本人が古来から持っている「美徳」が薄れてきていて、精神構造上も「欧米型」になってきている、ということでしょうか。

不動産屋は、たしかに大変な仕事ですよ(*^^)v
ただ、それぞれの職種で特有の苦労というものがあって、私は不動産仲介業というのは、物件の仲介をしておカネを頂くのではなく、気持ち(心)の仲介をして手数料を頂くもの、と考えています。要するに、「トラブルを解消してナンボ」、の世界なんですね。

私はこの仕事が天職だと思っています。トラブルの仲介をさせたら私の右に出る者はいない、とさえ(大きく出た^_^;)

いつも温かいコメントを有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月04日 04:59
riderさん、おはようございます

応援コメント、有り難うございます。
私も、心の中で割り切っている部分があって、「そういう人とは今後お付き合いしなければ良いだけのこと」、とは思っています。私の知らないところで、きっと友達を失っていたり嫌われているのでしょうから。皮肉な見方ですが、それでも世の中渡っていけるものですから、そんなに住みにくい社会ではなさそうです(*^^)v

相談メールを受け取った時に、最初から分かっていても、一回目だけはきちんと回答するようにはしていますが、100%、経過や結果の報告は入りませんね。

コメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月04日 05:11
街のクマさん、おはようございます

クマさんのお知り合いが仰る、

「ネットの世界に住む変質者の脅しや嫌がらせは、『パソコンを閉じれば大丈夫』だよ」、という話は納得ですね。ただ、私の場合は引き摺りますが(爆)

ところで、本題からはズレますが、音楽の話でひとつ。
よくクラシック音楽のコンサートに行くと、曲の終わりに誰よりも早く拍手を始める聴衆がいて興ざめします。クマさんが仰るように、曲の余韻はまだ曲の一部であって、完全に消えるまで拍手は待つべきもの、と思うのです。フライング気味に拍手をするヤツは会場の外に放り出したい思いです。本場でのコンサートではさすがに少ないようですね。演奏前に、係員からキッチリ協力要請をすべきでしょう。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月04日 05:20
誠さん、おはようございます

そうなんですよ、そっくりの運勢なんです。でも、外れているから、それぞれの著者に「いつか文句を言ってやろう」と思ってるくらいで(爆)
でも、よくよく考えたら、立ち読みしただけで本を買った訳ではないので、文句を言える筋合いではないかと・・・^_^;

誠さんのお言葉通り、たくさん応援してくださる読み手さんがいらっしゃって、身に余る光栄、幸せだと本当に感じています。この一つ一つのご縁を大切にしたいと考えています。

再びのコメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月04日 05:28
iさん、おはようございます

私も、iさんのご提案のように考えたこともあるのですが、相談の頻度も、全体からすればそれ程のこともないし、その程度のことは「我慢すべき範疇のものかも」と考えて出さずにおります。様子を見て、別枠のリンクを貼るかも知れません。

でも、iさんが仰るように、そういう人は見ないものなんですよね(笑)

とりあえずは「一石」を投じられたので、まあいいか、って感じです。

コメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月04日 05:36
実はですね。
わたしのところに poohpapaさん宛の相談メールが宛て先アドレスを拾い間違えたかわたしの所に
来たことがあるのですよ(苦笑)
かなり個人的内容を含んでるようでしたので、アドレス間違いであることを連絡した後、即、消してしまいましたが、、確か、一応、最初の部分にネット検索したらpoophpapaさんを見つけたので相談したとか書いてあった記憶があります。(ここまで読んで自分宛じゃないと判ったのでその先は当然読んでません)
こんな感じの相談メールをいっぱい受け取ってしかも返事を書いてるというのは大変なもんですね。しかも無償で(- -;

そもそも民事相談とか市役所で専門家、弁護士さんとかが無償で開いていたりするのだから、そういう相談専門窓口のところになんでいかないんでしょうね(^^;
ポッと見つけたところの見ず知らずの専門家でもない人に個人的なものをさらけ出して相談できるなんて不思議なもんです。ある意味その大胆さには感心しちゃいますけど。。
やっぱりネットの向こう側には(いろんな)人がいるということの感覚が抜けちゃってるんでしょうかね。
といいつつ、ここのサイトでは不動産屋さんの裏側と人間模様をいろいろ垣間見せてくれるのでこんな話も含めて不謹慎にも楽しんじゃってます。(^^;
Posted by くっきも at 2004年09月05日 09:12
くっきもさん、おはようございます

私の知らないところでのお話とはいえ、ご面倒をお掛けしてすみませんでした。その方が、その後、私にご相談なさったのかどうかは私にも分かりませんが、いずれにしろ、何かトラブルが起きた時に、安心して相談できる相手を持たない人がたくさんいらっしゃる、ということは事実のようです。「顔が見えないことで安心感(本当は危険)を持ってしまう人」と、「先ず自分で調べてみる、自分で相談窓口に足を運ぶ、という手間を惜しむ人」がいる、ということだけは確かですね。それくらいだから、結果報告も無い訳です。「自分でここまではやってみましたが、それから先はどうしても分かりませんので教えてください」、という人なら、結果報告はしてくださると思いますね。

まあ、そういうのも含めて、今後ともどうぞお楽しみください。
コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月05日 10:13
ワタシもpoohpapaサンに立ち退き問題の件でお世話になった一人なので、このコラムは他人事ではありません。
相談の経験のある立場からすると、『立ち退き=体をまるごと預ける空間が危ぶまれる状態』に置かれるということなので、すっかり取り乱してなりふり構わずすがりつく気持ちはすごくよくわかります。
わからないコトはネットで調べる、の習慣が根付いているこの世の中で、poohpapaさんのような被害者が出てくるのは至極当然の現象だとも思います。(お気の毒ですが。(笑)-人-)
ワタシもサイト運営したことある(過去形かよ 笑)のでよ〜〜〜くわかりますが、一度もBBSにカキコミをしてくれない人がワタシの情報を得ようと、たくさんロムってた時期がありました。
その時は、とくに出し惜しみすることもなくサラリと載っけていたので、その傾向は増々顕著なものでした。が、ワタシはそれでもかまわないと割り切って情報提供をしていました。
もちろん、提供したところで返ってくるものはもちろんありません。ROM専の人からは。
そのかわり、そういう無償の行いをせっせとやっているワタシの元には、違う人から与えられるものが大きかったように思います。
それがワタシの行為に対する好意によるものだということがよくわかっていたので、ずーっとそういう運営方針でやっていました。

ウチのサイトと違って、poohpapaさんのトコで交換している情報は特種だし、これからももしかしたら他の困っている人にも役に立つとても貴重なものかもしれないので、問題解決までの過程を見届けるのは大変重要だと思います。
もし、そういう相談事を持ちかけられたら、その点を説明した上で相談に乗る・乗らないを決めてみてはいかがでしょうか? このようなコトを言われて『冷たい』とかなんとか言って去って行ってしまうような人でしたら、たぶんそれは『この状態を誰でもいいからなんとかして〜』っていう依存心たっぷりな人ってことでしょうから、いずれ文字だけのやりとりに物足りなくなって(つか、結局『自分で動かなきゃダメなんじゃん!』というコトに気がついて)物理的にすがりつける人を求めてアッサリ去って行くような気がします。

・・と、こんなカンジでまとめてみましたが(まとまってるのか? ^^;)、いかがでしょう?
とはいえ、ワタシも当時の立ち退き問題のレポートもきっちりできてないんで、あまり偉そうなコト言えない・・。立ち退き交渉の時の記録などなどは記念(?)としてまだとっといてあるので、欲しい時はいつでも言って下さ〜い(笑)

そうそう、後日談。
7月下旬の某日、朝の出勤途中に前に住んでたアパートが取り壊されているのを見届けました。
ちょうど、ワタシの住んでた2階の部屋をショベルカーでガリガリやってました。
その光景を見て、『ああ、もう後戻りはできないんだな。』としんみりしつつ実感しました。
まあ、戻る気はさらさらありませんがの。ほほほ。(笑)
Posted by zazou at 2004年09月06日 01:49
zazouさん、おはようございます

zazouさんにまとめて頂いたとおり、だと私も思います。ですが、ちょっとだけ。

とは言っても、私の「相談に関する方針」を、事前に説明して了解してもらっていたとしても、それでも何も報告してこない人は報告してこないものだと思いますので、まあ、その手間さえ勿体ないかな、などと退廃的に考えています。

それと、「追い詰められて判断力をなくしていたのであろう」と思えなくも無いのですが、強盗からいきなり刃物を突きつけられて「カネを出せ!」と言われたワケではなく、考える時間もあるのですから、当たり前の判断力は持っていなければならない、とは思います。元々、見返りや収益は求めない方針でいるのですから気にすべきではないかも知れませんが、安易に、悪く言ってしまえば、結果的には「タダで人を使おう」としていたことになるんですよね。タダで良いのですが、気持ちの問題です。もちろん、上手くコトが運んで安心して、自分が誰かに相談していたことも忘れてしまっている、なんてことも考えられますが。

ネットで、「無償で相談に乗る、と言ってる人がいるんだから、自分に必要な回答だけ得られればそれで良い」という、何というか、「ネットの便利さの上にあぐらをかいている」感覚が不快なんですよ。「相談」というのは相手がある話しであって、辞書ソフトを使うのとワケが違うのですから。で、私は、「経過や結果を必ずお知らせください」、などといちいち言わなければならないのが嫌なんです。「だったら文句を言うな」、とお叱りを受けそうですけど(笑)
あくまで、経過や結果報告を求めるのは、自分の為ではありません。

現実に、zazouさんのように、その後の経過報告をちゃんとしてくださった方もいらっしゃいますが、そういう方は全体の1割に満たないのです。

すみません、朝から愚痴っぽくなってしまって^_^;

ところで、zazouさんの元のお部屋が取り壊される様子を見て、今までのご苦労が思い起こされて感傷的になったりしませんでしたか?

私は、取り壊しではなくても、引越しの立会いに行くと、「ああ、この部屋で、いろんな人生の営みが展開されていたんだ」、としみじみ感慨深く思ってしまいます。ぼろアパートであればあるほど、です。「こんな部屋で頑張ってたんだ・・・」、と。

ご丁寧なコメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2004年09月06日 06:57
たしかに、辞書みたいな『モノ』ではないんだから使いっ倒し
されるとガックリきますよねぇ。。。
カンリニンさんも一人の人間なんだ、という意識を常に自覚して
欲しいところだけど、ワールドワイドに間口を広げていると自分の
好む好まざるに関わらず、ホントにいろ〜んな人がやってくる。
悲しいことだけど、『ま、こういうこともあるかな』と流さないと
スタミナ消耗されちゃったり。。
ワタシのサイトには日記のコーナーがあるんですけど、そこで母親
のワガママ(?)を受け入れる話を書いたら、『自分のすべても受け
入れてくれる』と勘違いした人が現れて(^^;、以来、気違いじみた
メールをしょっちゅう送ってくるようになってしまいました。
まともな神経の持ち主なら話し合いの余地もあるかもしれないけど、
どうも妄想と現実の区別もつかない様子で、情緒不安定になると
罵声を(もちろんメールで)浴びせられ、翌日になるとそんなコト
なんもなかったかのように上品な奥様コトバでしれっと日常の出来事
なんかを綴ってくる。(笑)
ホームページに書いたコトバは全部自分に寄せられたメッセージだと
本気で思い込み、嬉々として歪んだ解釈を山のようにメールしてくる。
・・かなり不本意ではあるけれど、『メールを受け取ってくれている』
と思わせるだけでどうも精神的に安定しているようなので、メルアド
もそのままにしてあります。もう3年になります。
ワタシも無駄に不快な思いをさせられっぱなしというのも癪なので、
『気違いが通常レヴェルまで到達する過程』
『zazouという名前の、彼女自身と向き合うさま』
をとっくり観察させていただくことにします。(笑)

まあ、こんなの相手にするよかよっぽどいい、と思って頂ければ
これ幸い・・・。(笑)

ボロアパートは住人が一人もいなくなったことで、より一層ボロさ
に拍車がかかったようなカンジになってました。
ガリガリやってるのを見た瞬間、軽いショックを覚えましたけど
もともと帰る場所がない身なので、『あんたはいつまでもこんな
とこに居ちゃいけないよ。前に進みなさいよ。』と、力強く見えない
チカラに後押しをされている気がして、逆に生きる気力というか
働く意欲が湧いてきました。
長々とコメント書いてしまってすみません。(^^;
Posted by zazou at 2004年09月06日 22:06
zazouさん、おはようございます

長文コメントは「悪徳」の名物になっておりますので、一向に構いませんよ(爆)

むしろ、とても有り難い事だと思っています、本当に。ただし、それに見合った量のご返事が書けるかどうか分かりませんので、そっちが心配です^_^;

「自分のすべても受け入れてくれる」、と勘違いした人が現れたケースは、有りがちだと思いますし、怖いですよね。ネット上でのストーカーにまで発展することも考えられます。

それにしても、zazouさんは芯が強いですね。私なんかよりずっと「自分」というものを持っておいでです。私はまだ、ネットの上での「切り返し方」というものが分かっておりません。まともに受けてしまいます。たぶん、八方美人なんでしょう(汗)

以前のアパートの話ね、私も感慨深いものがあるので、ついつい感情移入しております。車窓から、何気なくふと、昔住んでいたアパートが取り壊されていく情景を見る・・・、まるでドラマの最後のシーンを観るようで、私の頭の中で、その光景がスローモーションのように流れています。

zazouさんが常に前向きに生きていらっしゃるのが窺えて、とても嬉しいですよ。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2004年09月07日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://koni.tea-nifty.com/koni/2004/09/post_3.html
Excerpt: 「悪徳不動産屋の独り言」さんで、メールでの相談事についてのお話がありました。 そ
Weblog: こにのつぶやき
Tracked: 2004-09-03 08:51

PING PONG
Excerpt: いつも、巡回しているサイトの一つプーパパさんの以下のサイトで私も常々感じている事...
Weblog: Smilezone::blog
Tracked: 2004-09-03 11:26

http://sisikutu.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/post_3.html
Excerpt: 悪徳さんのところで、枕もなけりゃ返事もしない一方通行のメールを書く人の記事がある
Weblog: 獅子窟
Tracked: 2004-09-03 13:35