2004年12月25日

今度は読売新聞タダ読み??

先日、横浜から来たという新聞勧誘員が店に入ってきて、いきなり言う。
「おカネ、置いてきますから、読売、3ヶ月だけ取ってくれませんかねえ?」

なんだか以前にも聴いたことあるようなお願い事である(笑)
今回は、身分証も提示して、名刺も置いていくし、言葉つかいも服装もマトモだ。

前回同様、私の方からは、ただの一度も「タダにしろ!」などと言ってはいないし、「洗剤置いていけ」だの「ビール券よこせ」だの要求もしていない。あくまで、向こうから「カネは要らないし、継続の契約をお願いすることは一切ありません」、と頼むのである。

私は自分の次男が新聞配達をしていて、いろんな苦労話を聞いてもいるから、そうはいっても心配になって、「そちらは本当にそれでもいいのですか?」と聞くと、「はい、もちろん」とのこと。どういう仕組みになっているかは分からないが、嫌なら頼んだりはしないだろうから、「じゃあ、3ヶ月だけいいよ」、と言うと、「いや助かります」、と喜ぶ。

自分でカネを払うのにそんなに喜んでくれるなら、と、もののついでに、「タダなら半年でもいいんだけどね」、と言ってみると、「本当ですか?じゃ是非そうしてください」、と言われて焦ってしまった。「ホントにいいのかよ!」、である。

次男の販売店も読売の系列で、春から秋にかけて集金に伺ったりすると、よく「巨人戦のドームのチケットとかもらえないの?サービス悪いわね。主人は阪神戦の一塁側の内野席でなきゃ要らない、って言う人なのよ。店に帰ったら店長に言っといて頂戴!」、などと要求されるとか。各販売店の割り当て枚数は決まっていて、そんなにいつも都合よく「阪神戦の一塁側内野席」のチケットが手に入るとは限らないし、たいていは内外野の自由席になる。例え手に入ってもこんなオバサンには回したくない。でも、持って行かないと新聞代の支払いを渋るだけでなく、契約期間が残っているのに、「来月から朝日に替えるから」、と言われてしまうこともあるとか。

次男に、「契約解除されるとどうなるんだよ」と聞くと、「途中で契約を打ち切られると、残りの期間の新聞代は配達員が弁償することになって、ボクも今月は1万ちょっと給料から引かれてるよ。友達は今月だけで3万も引かれてるしね」、とのこと。酷い話である。もう野球人気や巨人人気にも陰りが出ているから、今にそんな理不尽もなくなるだろう。

で、集金に伺ったりすると、時として若い奥様から浮気の誘いを受けることもあるとのこと。世の中、嫌なことばかりではない、上手くバランスが取れている(爆)
次男に、「そういう時、お前、どうしてんだよ」、と聞くと、「ボクは逃げてるけどね、友達は何回か誘いに乗ったみたいだよ」、との話。「お前の好みのタイプじゃなかったのか」、と更に聞くと、「そうじゃないけど、そんなことで借りを作ると後々本業に影響するから嫌なだけだよ」、という模範解答。少しだけ次男を見直した。

さて、この勧誘員、きっちり22200円(朝刊のみ6か月分)を置いていった。
毎日、朝日、読売、ときたから、あと日経と産経で5大紙完全タダ読み制覇になる。

これからも、勧誘員が来たら私はこう言う。
「うちね、家で取ってるから、店では新聞要らないんだよ。家で読めば店では読まないし、ダブりで払えるほど儲かってもいないしね、どうしたらいいかなあ」、と。
posted by poohpapa at 06:00| Comment(13) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

まったく「職業、人を選ばず」ですね。
Posted by ま2 at 2004年12月25日 06:51
poohpapaさま おはようございます

Cyberです。
私はヘンな拘り(偏屈とも言う)が有って、新聞は取ってません、この10年。
そもそもネットで読んでるし、「地球温暖化防止と洪水防止のため新聞は取りません」と断り続けてます。
拡張員の人は「??」なのでしょうけど、やはり「そこを何とか」ってお願いされたりするんですが、「せめて孫の代まで住み良い(現に良くないが)環境を残してやりたいから」とお断りし続けてます。
と言いながら、プ○ウス乗ってる訳じゃなく、喫煙者だし、全く説得力有りませんけど(汗)
きっかけは、スティング(昔のポリスのメンバー。クラシックではないのでご存知かどうか)がかれこれ20年も前に「アマゾンの森林を保護する運動」ってのを始めたとFMで聞いた事です。
当時はよく判りませんでしたが、現在アマゾン、アジア地域での洪水の増加が報じられるたび、先見の明が有ったんだなと感心するばかりです。

随分と昔、某新聞社でデータ処理をしていた事がありましたが、資源保護の姿勢は相当なものでした。
と言ってもプリンター用紙が白くないって位ですけど、社全体で使う量ですから相当のモンです。

あ、万が一新聞取る事になったら、中途解約はしないようにしますね。
販売員の人達も大変なんですね。 契約取れないより、契約残を肩代わりする方が痛いですよね。
Posted by Cyber at 2004年12月25日 07:56
うちで、タダでモメた事を思い出しますね 笑
半年の契約にも関わらず、勧誘員さんが、後で100円均一で、うちの苗字の三文判を買って、契約を2年にしてたとか。
それが判明した時には、その勧誘員さんが退職された後だったとかで、その後担当になられた方が、商品券持って謝罪に来ましたが、二度とその会社の新聞を取らないと心に決めたりもしました。

そんな事より、今日はクリスマスです。
日ごろ、楽しく読ませて頂いている感謝の意味も込めまして
<a href="http://blog.naver.co.jp/p/qoomama/80000036142">http://blog.naver.co.jp/p/qoomama/80000036142</a>
こちらのカード(だけ)お受け取り下さい。
Posted by 空ママ at 2004年12月25日 12:22
「うちね、家で取ってるから、店では新聞要らないんだよ。家で読めば店では読まないし、ダブりで払えるほど儲かってもいないしね、どうしたらいいかなあ」

ぬははーー、悪徳ですね!
Posted by らりん at 2004年12月25日 15:29
ま2さん、こんばんは

勢いに乗って、「タダなら新聞頼むよ、って言う人、紹介しましょうか?」と聞いたら、「今日は時間が無い」とそそくさと帰っていきました(笑)
Posted by poohpapa at 2004年12月25日 19:13
Cyberさん、またまたこんばんは

私も次男から聞いて驚きました。契約を取る人間と配達をするのは別の人間であって、契約を取る人間は無理して取ってきて報酬を得ていますが、配達や集金をする人間は自分に落ち度が無いのに責任を取らされているんですね。客は、たくさんの洗剤やビール券を貰う為に半年や1年の契約をして、理由をこじつけて1??2ヶ月で解約して他の新聞店から販促品を貰うんですね。それを繰り返す人がままいるとか。たった1度配達漏れがあっただけで、「待ってました!」、と解約するんだそうです。次男に、「店長に抗議しないのか」、と聞くと、「僕も言ったことはあるけどダメだったし、皆んな諦めてるよ」とのこと。

どこの販売店もそうなのか、は分かりませんが、ある意味、サービス残業より酷いものですね。話を聞いた時は、憤りで涙が出ましたよ。

そう、ですから、途中解約だけは勘弁してやってくださいね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2004年12月25日 19:28
空ママさん、おはようございます

空ママさんの体験なさった新聞拡張員、明らかに違法行為ですよね。菓子折りなんかで許せる話ではありません。ですが、どうぞ許してやってください。私は、次男から裏の実情、酷い現実を聞いているので、どうしても肩入れしてしまいます(親馬鹿ですね^_^;)

ところで、カード、有り難うございます。ていうか、返信してなくて申し訳ありません(陳謝)
読み手さんからカードが届くとは思っても見なかったのでとても感激しました。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。
Posted by poohpapa at 2004年12月26日 06:10
らりんさん、おはようございます

何を仰います!
人助けですよ、人助け!(爆)
Posted by poohpapa at 2004年12月26日 06:12
おはようございます。
日曜でもこの時間におきて、チェックされるんですね。すごい。
Posted by すいしょう at 2004年12月26日 06:18
おはようございます。
新聞の拡張員さんって、新聞の会社の顔だと思うんですよね、それが不誠実な事をしていると、新聞そのものが不誠実なものなのでは?って気持ちが拭いきれません。
でも、学生風の人が来ると、友達が学生時代にそうだったせいもあるのかも知れないけど、勝手に、奨学金受けて苦労して学校に通っているんだろうかと想像を巡らせて、契約をしてしまう事もしばしばです(笑)

カードですが、喜んで頂けたようで幸いです。
返事が欲しくてとか、何らかの代償が欲しくてしている事ではありませんので、返信をしていない事を気になさらないで下さい。
趣味と実益を兼ねて作っているものなので、喜んで頂ける事が、何よりです。
Posted by 空ママ at 2004年12月27日 08:59
poohpapaさんは、今頃、旅行を満喫されているのでしょうか?

ウチは、以前、読○新聞と、相当、モメました。
「朝○新聞です。春の甲子園の時に、新規契約をとらなくちゃいけないので、
一旦、読売に変えてもらえませんか?」
と、言われたのです。

朝○の人が読○を勧めるなんて、今、考えるとありえない話なのですが、
当時、私は会社の側で日経を買っていた(都内版は一面が最新なので)し、
ダンナが自宅の新聞で読んでいるのは、スポーツ欄だけなので(笑)、
軽い気持ちで乗り換えたのです。

その後、ダンナが「やっぱり日経を読みたい」と、珍しいことを言い出し、
読○が日経も配達していたので、電話したら、大モメ!
玄関先で、若いヤクザ風のお兄ちゃんが「ざけんじゃねーぞ!」
などと叫ぶわ、絶対に解約を受け付けないわ、大変でした。

消費者センターも頼りにならず、
読○新聞のお客様相談室も「ウチに言われても困ります」の一点張り!、
新聞業界のトラブル窓口もおじちゃんも「そりゃ、信じたアンタが悪い」
くー!許せない!
と、読○新聞のHPにあったメルアドに、ことの経過を書いて送ったら、
丁度、東芝でもめていた時期だったこともあり、
数日後、びっくりする程簡単に解約できました。

でも、poohpapaさんのを読んで、勧誘員の給料からペナルティを天引きされるのなら、
あちらが必死だったのも、分かるな・・・と、
ほんのちょっぴり、同情しました。

あれ以来、新聞屋と聞くだけで警戒し、タダの話をもちかけられても、
「何かウラがあるに違いない」と、全然、相手にしていませんでした。
もったいなかったかも(笑)?

これを読まれるのは、2005年でしょうね。
今年もよろしくお願い致しますー。
Posted by 三田 at 2004年12月27日 10:08
空ママさん、こんばんは

あのカード、空ママさんがご自分でデザインなさったものなんですか?
今までに見たことの無い「大人の雰囲気のモノトーンの色調」なんで、こういう感じも洒落てるね、って話してました。有り難うございました。

新聞屋さんに関しては、経営者は変わってる人が多いですね。先日、入居者の契約違反を巡ってトラブルが起きまして、その時の新聞屋さんは極めて健全な方でしたが、珍しいことだと思います。

新聞奨学生は皆さん大変な苦労をしてますので、契約は学生さんからにしてあげてください(*^^)v
あ、うちの子供はまだ苦労が足りませんが(苦笑)

今年最後になると思いますので、空ママさんも、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
Posted by poohpapa at 2004年12月27日 17:57
三田さん、こんばんは

いえ、まだ日本です^_^;
出発は31日の11時35分の便になります。

今日は、私としては珍しく店の大掃除と車掃除をしまして、先ほど帰ったばかりです。年末になると、どういう訳かギリギリまでトラブルに見舞われます。もう、毎年なんです。なかなか気持ち良く旅行に行かせてくれません。つい今さっきも、水漏れの修理代を「払う払わない」で貸主借主の間に入って電話で仲裁してました。

で、本題ですが、配達員が契約を取ることもありますが、新聞勧誘員は販売店と委託契約をしている会社の社員に過ぎず、販売店の人間ではないんですね。しかも、いろんな新聞の販売店と委託契約を結んでますから、「朝日、とってくださいよ」、と言って、「うちは読売しか読まないから」、と言えば、「なら、読売でもいいです」、てな具合です。三田さんのケースでは、単に配達してもらう新聞を変更するのではなく、営業成績がチャラになってしまうことになるんですね。それと、長期の契約をしてくれるより、3ヶ月とか半年単位で替えてくれた方が拡張員には有り難いのです。

新聞勧誘をする拡張員を束ねている営業会社は、ハッキリ言って、タチが悪いです。一昔前のゴムひもの押し売りと変わりませんよね。女性が留守番していて勧誘員が来たら怖いものがあると思います。

三田さんのケースでは、三田さんのやり方が正当なもので上手かったですね。危害を加えられたらつまらないので気をつけてくださいね。

どうも、様子からすると、タダで配っても販売店も拡張会社も赤字にはならないようですね。洗剤やビール券で納得している場合じゃないようですよ。
これからは、合言葉は「タダ」、タダですよ(爆)

それでは、三田さんも良いお年をお迎えください。
Posted by poohpapa at 2004年12月27日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック