2012年06月11日

被災地復興(瓦礫処理)の実情は・・・

昨日、心斎橋で起きた通り魔事件を調べていて、あるサイトに行き着いた。

すべては「気づき」 ※自分で調べて自分で考えよう※

という、とても上質なサイトである。「当ブログへのリンク大歓迎」とのことなのでご紹介。

その中で、被災地の本当の話―陸前高田市長が「規制」の実情を語る、という記事を是非お読み頂きたい、と思った次第。そこでは、私たちが知らない「復興への足枷」の実態が見えてくる。

管理人さんは別の記事で「放射能汚染瓦礫(放射性廃棄物)の拡散焼却に断固反対」と書かれていて、なるほど、と思った。ただし、瓦礫処理の受け入れに反対している都道府県が「そういう観点から反対している」とは私には思えない。もしそういう観点から反対しているなら、全国の首長は陸前高田市長の「地元に処理場を作って地元で処理を」という考え方を強く支持したり協力するものだろう。反対している自治体は「声の大きい団体や人たち」に対して腰が引けているだけではなかろうか。彼らは口では「放射能汚染の拡散」を危惧していても実態は「被災地のことを何も考えずに情緒的に反対している」と思えてならない。

「受け入れしない」「受け入れ反対」と言うなら建設的な対案を示したり「こういう形でなら協力できる」という提案をすれば良い。いや、しているのかも知れないがマスコミからは全く伝わってこない。ただ「どの自治体が受け入れ拒否をしている」ということだけしか分からない。

それにしても、被害は陸前高田市だけに留まらないのだから、全ての瓦礫処理をしようと思ったなら、どうしたって全国の協力が必要になる。「放射能汚染を拡散させるな」という考え方のほうが正論かも知れないが、べつに「福島第一原発の瓦礫を受け入れよ」などと言っているワケではないし、私はそれでも「国民の皆が、ある程度のリスクは覚悟して、リスクを共有して受け入れるべきでは」と考えている。

放射能に対して私が無知なだけかも知れないが、反対する団体や人たちは「反対することが目的」で、自分たちの活動や主張にとって都合のよい部分だけを誇張して「放射能は怖いよ、次の世代に悪影響が出るよ」と大袈裟に触れ回っているだけのように思える。もっとも、私の「瓦礫は受け入れるべき」という考え方も情緒的、と言えなくもないか・・・。


瓦礫処理が遅々として進まない最大の理由は、どうやら国の縦割り行政や政治家の無能さにあるようで、それが丁寧に浮き彫りにされているし、私が考えていなかった切り口からの記事で、私の考えと相容れない部分もあるが、だからこそいい勉強になった。他の記事も時間を掛けて是非読ませて頂きたいと思う。



posted by poohpapa at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック