2012年06月12日

飛び込み訪問の、ある営業さん

店番をしていてPCに向かっていると、ドアが開く気配が・・・、

直ぐに「いらっしゃいませ」と反応して「この店、がっついてるなあ」と思われたら嫌なので、ほんのちょっとの間、気付かないフリをしていたら、「すみません、ダス◎ンですが・・・」と消え入るような声。

ゆっくり振り返りながら、「ごめんね、そういうのは間に合ってるから・・・」と断ろうとしたのだが・・・、

後の言葉を飲み込んだ。

「間に合ってるけど・・・、話だけならいいですよ」と入ってもらった。勘のいい読み手さんなら、いや、かなり鈍感な読み手さんでもお解かりかと思うが、頗る美人の営業レディだったのだわーい(嬉しい顔)

いろんな営業の訪問を受けるけど、まあ年に一人来るかどうかの美人。「ただ今、空気清浄機のお試しでお伺いしています」とのことで、小型の空気清浄機を2週間のお試し期間で勧められたのだが、断る理由がない。いや、本当は断りたかったが「何でも置いてってください」と言いそうになったくらいである。

美人であるし奥ゆかしくてとても感じが良い。自分というものをしっかり見据えていて将来の目標もハッキリしている。ご実家は農業関係の会社を経営していて「自分も将来的には農業をやりたい」とのこと。農業はこれからのお洒落なトレンドだが、今は農家の後継者の若者でさえ農業からどんどん離れていく中で、農業に帰ろうとしているのは凄く嬉しい。話していて気持ちが良く、こういう人は応援したくなる。

とりあえず「お試し」で頼むことにして、空気清浄機を置くスペースを作るために店頭に置いていた引越し業者各社のパンフレットを奥に引っ込めた。この娘さんと引越し業者の「むくつけき男性営業」との付き合いを考えたなら引越し業者のパンフレットなんか直ちに資源ゴミに出してしまってもかまわない(*^^)v

お試し期間後の料金は月に1500円ほど。月に一度このお嬢さんの訪問を受けられるなら安いもの。当初はお試しコースをお願いしたが数日後、直ぐにリース契約に変更した。訊けば「ノルマは一日3台」とか。たった3台であっても、一日歩き回ったってそう簡単に契約は取れないものだろう。飽和状態だろうし。

弁解がましくなるが、若くて美人の女性にだけ優しい、というのではない。かつてはキヤノンのコピー機の営業で新卒の男子社員が飛び込みで来て、「売れた?」と訊くと「まだ一台も契約が取れていません」とのことだったので「だったら、うちが最初の顧客になるよ」と言って契約したことがある。両刀遣い、というのではない。飛び込み営業の辛さは私も経験している。だから感じが良ければ誰にでも缶飲料を出したりする。書留郵便を届けてくれた郵便配達のオジサンにもそうしている。印鑑を押して郵便物を受け取る時に缶飲料を渡すと、本当に嬉しそうな顔をしてくれる。若い頃に飛び込み営業をしていて自分がそうして頂いて嬉しかったから、である。それも一種の「社会に対する恩返し」だと思っている。

だが、このダス◎ンのお姉さんに関しては「優しさ」からではない。もちろん、下心あるのみ、である。と言っても、こっちはもう役立たずだし、「月に一度でも顔が見られたらいいな」、くらいのものだけど。

待てよ・・・、営業はこのお姉さんでも、毎月フィルター交換に来るのは「ぶよぶよのオバサン」かも知れないではないか。そんな失敗は過去に何度もしているのに、どうして簡単に引っかかるんだろ・・・たらーっ(汗)

どうして、と言えば「スケベだから」に決っているのだが、それがまあ、私が若さを保つ秘訣になる。

翌日、向かいのDホームの社長に電話して紹介した。「うちは俺一人だけど、オタクは年寄りばかり3人で加齢臭が3倍なんだから、空気清浄機くらい置いたほうがいいよ」と言って(爆)


後日、彼女から手書きのお礼状が届いた。封書で、である。ダス◎ンは、契約してくれたお客さんのところに手書きの礼状を送るようにしているようだ。担当者は違うが、我が家にも葉書で届いていた。PC全盛の世の中だから手間ヒマかけた手書きの手紙が届くとホッとするし、なんだか癒されたような気持ちになる。

そうだ・・・、これからストレスで昂ぶって眠れない夜は、その手紙をパンツに入れて眠ることにしようるんるん揺れるハート



 コメントの返信、少々お待ちください。いつものことでありますがふらふら
posted by poohpapa at 06:37| Comment(10) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

2段落目で先の展開が読めました。こりゃ美人登場だなと。
多分、交換には別のおばちゃん(おやじ)だと思いますよ。
ダスキンって、創業者の信条(宗教)で、奉仕の精神が徹底しています。
なんか、奉仕してもらえればいいですね(^o^)
Posted by バラキ at 2012年06月12日 08:20
優しいのね。
で、その美人女性の会社はやはり『ダス◎ン多摩』なんでしょか。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2012年06月12日 08:35
すんません、先にたなぼたさんへ

たなぼたさん、おはようございます

「ダス◎ン多摩」ではないですね。「多摩」でなく「武蔵野」ですね。

はは〜ん、たなぼたさんちは「ダス◎ン多摩」をお使いなんですね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2012年06月12日 09:08
武蔵野って有名ですね。社長が・・・

ここしばらく、ブログの更新が無かったりとずいぶん心配をしておりましたが、心配する必要も無かったようで。あっちのほうは役立たずとの事ですが、その辺りで何か代役が必要になるようでしたら、お声掛け下さいませ。

とりあえず写メお待ちしております。
Posted by けろけろ at 2012年06月12日 12:00
昔からある伝統的な手法の合法的営業版でしょうか。
たしか…「ツツモタ何とか」とか言ったような。
美人…
Posted by ハリケーン at 2012年06月13日 06:35
けろけろさん、こんにちは

<<武蔵野って有名ですね。社長が・・・

へえ、そうなんだ、知りませんでした。どんなことで有名なんだろ・・・。

<<あっちのほうは役立たずとの事ですが、その辺りで何か代役が必要になるようでしたら、お声掛け下さいませ。

いえいえ、毎日せがれに往復ビンタくらわせて「しっかりしろ!」と叱咤しておりますので、どうにか私のせがれで間に合うかと思います。ご心配なく(*^^)v
Posted by poohpapa at 2012年06月13日 11:34
バラキさん、ごめんなさい、また順番が前後しちゃいました。

くそっ、2段目でオチがバレるようじゃ私も焼きが廻ったもんだ(*^^)v

非常に清楚な娘さんで、その仕事を始めたのも「いろんな人に会えるから」ということでした。人の話は丁寧に聞くし、適度な礼儀を弁えていて、ご両親の教育と躾けの賜物でしょうね。会わなくてもご両親の人柄が分かりますね。得難い人材だと思います。

実は、宅建を受けることも勧めています。若い人はいろんな可能性があって羨ましいですね。もっとも、一番良い時代を生きたのは我々の世代かも知れませんが。日本の10年後、20年後なんて良くなってるワケがありませんもんね。

って、すみません、暗くなってしまいました^_^;

Posted by poohpapa at 2012年06月13日 11:43
ハリケーンさん、こんにちは

私もね、「これは体の良い美人局に違いない」という思いがずっと頭の中を駆け巡っておりました。でもね、こういう娘さん相手なら騙されてもいいかと・・・。あ、べつに向こうは騙してなんかいないのですが、でもほんと、応援したくなる人です。

うちに来る営業さんも、両極端に分かれますね、「応援してあげたい」と思える人とそうでない人と・・・。もちろん、性別や美人かどうかに関係なく、ですよ。

言えるのは、人徳のある人は得、ということですね。営業でありながら「自分が相手からどう見られるか」に全く無頓着な人もいますし・・・。

そうそう、たぶんハリケーンさんの好みのタイプだと思いますよ〜(*^^)v
Posted by poohpapa at 2012年06月13日 11:51
漫画家の蛭子能収氏もダスキンのモップ交換等を含む営業をしながら、漫画を描いていた時期がありました。その頃の作品の方が、世の中に対する怒りに満ちていて、面白いです。もし、有名になる前の蛭子さんの訪問だったら、どう対応されてましたでしょうか?
Posted by B.C.POOR at 2012年06月13日 12:37
B.C.POORさん、こんにちは

蛭子さんがダスキンの営業をしていたのは初耳です。もし、蛭子さんがうちの店に営業に来たら・・・、

キツイ質問ですが、たぶん「ごめん、うちはダスキンはいいワ」と断ってたと思います(キッパリ^_^;)

感じがどうの、というよりその・・・、生理的に合わないように思えて・・・。って、伏字じゃなくなってる(苦笑)

Posted by poohpapa at 2012年06月13日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]