2012年06月24日

お客様(入居者さん)相手に赤っ恥をかいた話

この春、店の固定電話をJ-COM(KDDI)に切り替えた際に、キャンペーン中とのことで、無線LANルータを無料で頂いた。当社は必要が無かったが、それでも営業担当者が「先々必要になるかも知れませんから取っておかれるといいですよ」と勧めてくれたのでいちおう頂いて、しばらく店に置いておいた。

たまたま、うちの古くからのお客様とその話をしていたら、「近いうちに買おうと思っていたとこ」と仰るので、「じゃあ、良かったら使って」と差し上げて、昨日ようやくお客様の準備が整い設置することになり・・・、

お客様から添付ファイル付きのメールが届いた。

一通目

さて
「開けてみよっと」


添付ファイルの写真がこちら、

IMG00833-20120623-2007.jpg

IMG00834-20120623-2007.jpg

IMG00835-20120623-2008.jpg

二通目

ってことで
今日はちょっと笑えて(sorry)
免疫力上がりましたー(^^)



何が起きていたか、と言うと・・・、

私があげた無線ルータの箱にはケーブルと使用方法のDVDが入っていただけで、本体は無く空っぽたらーっ(汗)

私は一度も箱を開けてないので届いた時から中身が無かったか、「不要」と言っていたのに私が知らないうちに接続されているのか、である。今日出勤したら確認して、どこにも無ければJ-COMに電話しよう。

もともと善意ではあったがとんでもない赤っ恥をかいた。相手が寛容なお客様だったので助かった(*^^)v

箱を渡した時、お客様は私にお礼を言っている。先にお礼を言わせておいて「中がカラ」は無いもの。逆の体験は私も時折りしている。「今度旅行に行くんでお土産買ってきますから」と言われていて温泉饅頭の一つも届かないことがある。当然に「買ってくる」と言われた時に聞き流せないのだから「ああ、有り難う」とお礼は言う。その後、当人と顔を合わせた際には当人は忘れている、というか全く覚えていないことがある。もちろん、訊きもしないし土産くらいで腹は立てないが、信用はしなくなるもの。

実は、そのお客様、この夏一緒にドイツに行く方、である。なんだか珍道中になりそうな予感がするわーい(嬉しい顔)

これからは人様に何か進呈する時には事前に中身をちゃんとチェックしなければふらふら



posted by poohpapa at 06:32| Comment(2) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通常、世間ではこういうのを「詐欺行為」といふ。
タッタッタッ=3=3
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2012年06月24日 18:48
そう、だからね、「お詫びに伺って玄関先で土下座して謝罪しますから」と言ったんですけど、「そこまでしなくても」と赦してくださって・・・^_^;

そういえば、うちの次男も弁当屋さんでバイトしてて、唐揚げ弁当を頼んだお客さんの弁当に唐揚げを入れ忘れて渡したことがあったような・・・、血は争えないもんですねえ・・・(しみじみ)

そうそう、たなぼたさんトコの「猫スロット」、この2日間まっ白になっててスロットが出来ないんだけど・・・。もしも出来てれば(たぶん当たったろうから)3万円分の商品券が貰えたわけで、私の遺失利益と慰謝料と併せて・・・(爆)
Posted by poohpapa at 2012年06月24日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]