2006年11月24日

岩手のおばあちゃん

去年のGW以来、私は嫁の実家(岩手)を訪問してない。だから、ばあちゃんのことがいつも気になっていて、電話でお母さんから「ばあちゃんの好物」を伺ってお送りしようと思ったのだが、ばあちゃんは私以上に偏食があり、お母さんから丁重に辞退されてしまった^_^;

それで、「ま、いいか・・・」と思っていたら、ばあちゃんが直接電話をかけてきた。家族がいない時に91歳のばあちゃんが、である

どうも、お母さんが「東京の○○の旦那さんから、ばあちゃんに何か送りたいんだけど、って電話があったよ」と伝えてくれたらしい。

ばあちゃんによれば、「今はトマトをよく食べてる」とか。
ト、ト、トマト・・・ですか^_^;
どうやって送ったらいいんだろ・・・。今の季節に美味しいトマトを探すのは難しいし、東京で売ってるトマトでは青臭くて、ばあちゃんのお口には合わないに違いない。だいいち、野菜なら岩手のほうが美味しいハズである。楽天でも探してみたが見つからない。そこで、改めて電話して、トマト以外の好物を訊いてみた。

すると、「だったら、ミカンなら・・・」、だと!わーい(嬉しい顔)
またしても汁物である(トホホ^_^;)

それでも、ダイエー、伊勢丹、高島屋、等々いろいろ回ってみた。
もちろん楽天でも探して、そりゃあ有るには有るのだが、めっぽう高い。安くても10kgで6000円とか、進物用5kgで5000円とか・・・。
それに送料を加えたら、けっこう大変な金額になる。

かと言って、トマトはダメ、ミカンも見送り、なんてことにしてしまったら「ハナから送る気がなかった」「言ってみただけ」になる。ましてや、ばあちゃん自ら電話してきた気持ちは無に出来ない

そこで、ミカン代だけ送金して、岩手で買ってもらうことにした。

お母さんが、「何か貰えるみたい、という話だけはよく憶えている」と笑っていて、「せっかく送ってもらっても、誰からかは忘れるかも知れないよ」とのことだが、私にとっては全く構わない。

「ばあちゃんに喜んでもらうこと」だけが目的なのだから(~o~)
何かあって、「自分が悔いを残したくない」だけの話である。
posted by poohpapa at 07:17| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする