2005年04月23日

「謝罪」の無間地獄に・・・

またしてもニュースから

小泉総理がAA会議で「過去の反省」を改めて表明したことに対する韓国首相の発言について、下記の記事を先ずご覧頂きたい。

http://news.fs.biglobe.ne.jp/topics/34995.html

これについては、案の定、中国首相も同様の発言をしている。

過去ログにも書いたが、中国、韓国、北朝鮮は、日本がそれらの国と共同で研究や検証を始めたとしても、どんな謝罪をしたとしても、きっと新たな「難クセ」をつけてくる「ヤクザもどき」の国だろう。日本としては、一度「これら以外の国から認められる内容」でのケジメを付けて、以後は一切の謝罪要求や補償にも応じない毅然とした態度が必要なんだと思う。
このことは、今までの日本外交が、いかに稚拙なものであったかを証明しているようなもので、恥ずかしいことでもある。

自国内の「内政の躓(つまづ)き」を反日に転嫁されては堪らない。

個人的には、「日本からのODAを何ら国民に知らせることもなく、反日教育や対日批判を繰り返しているような国」への援助は不要だと思うし、税金から延々注ぎ込んでいた日本の政治家や外務官僚の責任は最も重い、と思う。
posted by poohpapa at 08:47| Comment(22) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、こんにちは。

80〜90年代の日本の政治家は中韓への
ODAや特殊便宜のキックバックを大きな財源の
ひとつにしていたことは明白ですよね。
この時代の政治姿勢のつけを今払わされて
いるんだと思います。

僕もちょうどこの件について記事を書いたところです。
またトラックバックをさせて下さい。
poohpapaさんの意見と少し違う視点で書いた
ようですが、もちろん他意はありません。
Posted by けんけん at 2005年04月23日 10:35
けんけんさん、こんにちは

けんけんさんのお考えと私の考えとは、たぶんそれほど変わらないと思いますよ。と言いますのも、今回の小泉さんの演説内容そのものは私も批判してはおりませんで、あくまで「大人の姿勢」を貫いたものとホッとして喜んでいます。私が批判しているのは2点でして、一つが、相変わらずの中国と韓国政府の反応、一つが、過去の日本外交の在り方、です。

けんけんさんのご意見も拝読しまして、非常に的確に捉えていらっしゃるもの、と思いました。おそらく、今回の小泉さんの演説は、中韓の考え方より理解されるのでは、と期待しています。

ただ、この後どうするかが問題ですね。方向性を誤れば、表題どおり「謝罪の無間地獄」に陥ってしまうでしょうから。

コメントとトラックバック、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2005年04月23日 11:05
こんにちは、

poohpapaさんのご意見に100%同意します。この件に関しては、いろいろ言いたいことはあるのですが、支那・南北朝鮮や日本のサヨク連中は二言目には日本はアジア諸国に迷惑を掛けたと言っていますが、インド、インドネシア、ビルマ、ベトナム、、、、タイを除くほとんどのアジアの国はあの戦争のおかげで、もっと言えば日本のおかげで独立できたのです。ですから日本の戦争責任は追及していません。名前は忘れましたが、東京裁判でインドの判事が日本の無罪を主張していたのが良い例です。いつまでもガタガタ言っているのは支那・南北朝鮮の極東3馬鹿国家だけです。

それと、中国は二言目には日本に反省と謝罪を求めていますが、そもそも最初に中国を植民地にしたのはイギリスです。おまけにアヘン戦争まで仕掛けています。なぜ中国はイギリスに謝罪を要求しないのでしょうか?それはイギリスは植民地にした事に関して絶対に謝罪しない、日本だけが自虐史観でいつまで経っても謝り続けるからです。

歴史認識なんて、それぞれの国で違って当たり前です。ジョージ・ワシントンはアメリカにとっては建国の父ですが、イギリスから見たら反逆者です。戦争を美化するつもりはありませんが、日本もハルノートを突きつけられ、開戦せざるを得なかったと思います。(日米開戦で支那事変とは別でせが)歴史を今の時点の尺度で見てはいけないと思います、当時の世界状況を考えれば仕方がない選択だったと思います。

拉致問題、竹島問題、今度の反日暴動が契機になって日本がマトモな国になる事を望んでいます。

Posted by Eagle at 2005年04月23日 14:05
小泉さんの過去の反省発言は、公式の場で中国(含朝鮮半島)へ釘を刺すというのが目的でしょうが、「村山発言」の焼き直し感があって、どうなんでしょうか、ちょっとガッカリです。
「いい加減背筋を伸ばして」って諭されたアジアの良識ある国(除中国&朝鮮半島)が、「またかよ・・・」ってうんざりして日本離れにならないか、心配。

この結果、反日暴動はウヤムヤのあげく、日本のお金と技術で、海底天然ガスを掘らされる予感あり。(名目は「共同開発」でしょうが・・・)

でも、目下の心配事第一位は、古賀のボケナスが売国的法案をごり押ししてしまうこと。
平沢じゃ阻止できんでしょうね、背筋が・・・。
日本の政府は、日本人をもっと大切にして欲しいなぁ。
Posted by ハリケーン at 2005年04月23日 17:26
Eagleさん、こんばんは

Eagleさんの仰ってることは、うちの社長(自民党員ですが、小沢一郎氏の考え方に共鳴しています)が普段話していることと全く同じお話なので、すんなり腑に落ちます。東京裁判に関しては、私も以前から「立場が逆になれば結果も逆になる裁判」は不条理だと思っていました。立場が変われば歴史認識や評価も変わりますよね。私たちも含めて、常にそのことを認識している必要があると思います。もちろん、戦争を肯定するものではありません。

中国がイギリスには何の文句も言わずに日本にだけ謝罪要求を繰り返すのは、地理的に近い、ということが最も大きな要因かも知れない、と思っています。それに、基本的にヨーロッパにはコンプレックスを持っているのでしょう。

私の中国や韓国の友人は、個別には皆んないい人なんですが、国として纏まったり、本国に居る人たちというのは、視野が狭い(情報が限られている)のか、とても付き合いきれないですね。というか、リーダーが良くないですね。ただ、中国の今の胡錦濤国家主席は相当有能な指導者だと思いますから、路線さえ誤らなければ、彼の時代に中国は政治的にも経済的にも大躍進すると思うのですよ。ということは、なにも日本など牽制したり潰したりする必要は無いように思うのです。日本叩きの狙いは他にたくさんあるのでしょうね。

自分の政権維持しか視野にない韓国の大統領は指導者としての資質が無く、お粗末で完璧に無能だと思います。

AA会議、「小泉さん、外交もイケるじゃん」、と思ったのですが・・・・、たぶん官僚の作文でしょうね(*^^)v

中国のデモが収まったのも、「オリンピックも控えてるし、まあガス抜きは出来たからそろそろデモ規制するか」くらいの理由でしかありませんもんね。心から本気で日本との関係修復を望んでのことではないでしょう。とりあえず、今夜は小泉さんにエール送っときます(爆)

度々のコメント、本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2005年04月23日 19:46
poohpapaさま お晩です

Cyberです
穏やかなブログを目指し、引越し先では黙っておりましたが、これは黙ってはおれませんです。
近いうちに吼えログ立てます。
小泉発言は、、ご本人からすればかなり悔しかった事でしょうけど、国連常任理事国入りを願って、、、なのかも知れませんけど、大人の発言として評価出来ます。
ところが相手国は「そーら、そうだろ。だからお前が悪いんだろ」という発言ですもんね、何処まで言い掛かるのでしょうか?
ところでODAを請けたって事、国内ニュースで流してたの?と言いたくなりますが、多分そうじゃないんでしょうね、、暴動報道なんかを見ると裏付けられるように思います。

人は経済力を持つと大体横柄になるもの、支配欲を全開にするのでしょうけど、裏返せばこれまでの土台が無いから一気に登りつめたいという、欲に駆られるように思います。
先日、友人と反日暴動の件で話してましたが、結論はこうです。
「育ちは金では買えん」
Posted by Cyber at 2005年04月23日 20:10
ハリケーンさん、こんばんは

「人権法案」のことですね(*^^)v

日本は、いつまでも謝罪要求をしている3ヶ国以外のアジアの国々にもっとシフトした外交を展開してもいいのでは、と思いますね。中国の安い労働力と消費量は魅力でしょうし、北とは解決しなければならない問題山積ですから、放っておく、という訳にもいかないでしょうけど、中国はともかく、韓国も北も他の国々と同じ「ただの一票」なのですから。

海底天然ガスの件は、中国に全部盗られることになる、と思っています。

日本政府は誰の為に政治をしているのでしょう。為政者はちゃんと国民の方を向いているのでしょうか。
Posted by poohpapa at 2005年04月23日 21:31
初めまして。
私は今中国がこれほど反日なのは、台湾問題が絡んでいるからではないかと思っています。
2〜3日前NHK衛星放送で5時からやっている香港の討論番組で、反日について語っていたのを見たのですが(番組の全てを見たわけではないです)歴史認識でも靖国でもなく台湾に関する日米条約(安保?)や日本の関与などについての話題だったからです。
つまり台湾問題にに日本が口出しすることに危機感を抱いて、過去の侵略行為に関して反省していないと、ことさら言っているのではないかと思うのです。
(口出すなとはあからさまに言えないので)

あくまでも私の勝手な考えなんですけど。
Posted by とこ at 2005年04月23日 23:17
Cyberさん、おはようございます

今朝、日中首脳会談のニュースを見ていたら、小泉さんは、「先の反日デモに対する中国の謝罪と賠償は求めない」と言ったとか。

???

それはどうかと思いますね。胡錦濤国家主席は会談後に会見をして(国内から日本に対する弱腰外交との批判を避けるために)更に日本批判を繰り返しています。
そんなことしなくても充分に強気だと思うのですが・・・。う〜ん、やっぱり日本は下手な外交してるなあ、褒めない方が良かったかなあ(爆)

と書いてるうちに、NHKのニュースを見ていたら、ニュアンスがちょっと違いますね。日本でも情報が食い違っていますね。わがんね^_^;

中韓の首脳は共に、「反省を行動で示せ」と言っていますが、「もう充分示しただろ!」と言いたい思いです。

靖国問題等々は極力無視していいと思いますね。

ODAの負担増の話は小さい扱いですがニュースで流れてましたよ。
そこまでして常任理事国入りを目指さなくても、とは思います。イタリアも候補になってない訳だし、私個人は「ドイツだけが常任理事国入り」したとしても全くOKです。けっこう非国民かも(*^^)v

Cyberさんの「吼えログ」アップ、期待しております。
Posted by poohpapa at 2005年04月24日 07:14
とこさん、おはようございます

いえいえ、勝手な考えどころか、いい見方をしていらっしゃると思いますよ。それが中国の本音かも知れませんね。

私は台湾と中国は、同じ言葉を話していたとしても、制度も価値観も全く別の国、という認識です。8年前に、中国を旅した時の現地ガイドさん(中国人)の、「戦後、アメリカと仲良くした国は皆んな金持ち、ソ連と仲良くした国は皆んな貧乏」という言葉を思い出します(笑)

それこそ、私の勝手な考えですが、数(人口)の力だけで「台湾を飲み込もう」という強引なやり方をしているようでは、日本のことを批判など出来ないもの、と思います。

ご意見、有り難うございます。参考になりました。
Posted by poohpapa at 2005年04月24日 07:29
poohpapaさん、おはようございます。

poohpapaさんの仰った通り中韓よりも日本に
世界の理解が集まっているようですね。

僕も大人な対応を評価してはみたものの
こればかりは実際に反応が出てからでないと
取らぬ狸の皮算用になってしまいますから
ちょっとホッとしました。

ところで暴動に対する謝罪と賠償ですが、
ハッキリと「求めない」と言ったのでしょうか?
いくつかのニュースサイトなどを回って
見ましたが、「謝罪と賠償について言及しな
かった」という記事しか見つかりませんでした。

本当だとしたらちょっとおかしな話ですね。
Posted by けんけん at 2005年04月24日 09:30
けんけんさん、おはようございます

マスコミによって、微妙にニュアンスが違ってますね。微妙に違うことで、意味は大きく違ってくるのですが。

この件に関しては、たぶんNHKが一番真相に近い報道をしているのでは、と思います。求めなかった、言及しなかった、というのではなく、「現在、外務大臣同士の会談で話が出されているので、首脳会談では話題にしない」というスタンスのようです。でも、これって、いつものパターンで、結局「謝罪も賠償も引き出せぬまま幕引き」ということの前兆でしょうね。

日本は中韓より、他の国からの理解を多く得て外堀を埋めていくのが良策だと思います。相手が熱くなっている時こそ冷静に対応すべきですもんね。私は苦手ですが(爆)

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2005年04月24日 10:23
こんにちは、poohpapaさん、北京からはなまるです。

謝罪報道はいつもながら大きく取り上げられています。ですが、皆さんおっしゃっているように、「謝罪だけでは足りない、態度が必要だ」とか、「謝罪とお詫びでは意味が違う」とかそのような記事も目立ち、実際ここでこの問題を打ち切りにするつもりはないようです。中韓からすれば、ここで問題を解決してしまうと、安保理加入にも反対できませんし、領土問題の牽制も出来ませんから、しばらく幕引きは無い様に思います。

とはいうものの、露骨にデモは押さえ込みにかかってきてますし、公安局も局長の名で談話を発表、更に軍関係からもデモからの暴動に釘をさす内容が流れています。これは軍も公安も動くという脅しですからですから、都市部での暴動はおそらく無いでしょう。ですが、5月4日に北京でデモの申請が正式に出されているようなので、申請が通れば、デモ自体は安全でしょうが、その影響を受けた人から危害を受けるなどがあるかもしれません。

ところで、日本でのメディアの取り上げ方はいかがですか?まだ、日本から安否確認の連絡が絶えません(笑)昨日、私はお茶会の誘われて故宮横の中山公園に行きましたが、いつもより警備が多い程度で、何の不安も感じませんでした。
ですが、だからといって、GWの中国旅行はオススメしません(笑)こちらも一週間丸まるGWになっており、総勢数億単位の人々が移動します。どこも人が多く、事故や事件なども多いです。お店も客が多い分、いつもに増して態度も悪いので、気分を害されることも多いと思います。また、5月は反日のイベントの多い月なので、お知り合いの方が中国旅行を企画しておられましたら、夏以降をお勧めください。

また長くなってしまいましたね。皆さん、簡潔にわかりやすく書けるのが羨ましいです(笑)
Posted by はなまる at 2005年04月24日 13:07
はなまるさん、こんにちは

長くなるのは一向に構いませんよ(*^^)v
気になさらないでくださいね。

さて、日本での今回のAA会議での「小泉総理謝罪報道」の評価は、メディアによって大きく分かれております。既に、はなまるさんもご存知かも知れませんが、各紙の社説を取り上げて解かりやすく、公平公正で均衡ある解説をしていらっしゃる「社説は語る」さんというブログがあります。

下記です。

http://kobachan.exblog.jp/

実に理路整然としていて「時事関連ブログ」の模範ですね。こちらのブログは超お勧めです。私も最近知りまして、毎日訪問しています。

それと、今日トラバを頂きました「玄倉川の岸辺」さんでも、賛否中立を整理していらっしゃいます。比較検討するには「もってこい」ですね。

http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/96ad87826ed2d9949a2394ac32ccfc7d

どうぞご参考になさってください。

ところで、はなまるさんのご感想、
「中韓からすれば、ここで問題を解決してしまうと、安保理加入にも反対できませんし、領土問題の牽制も出来ませんから、しばらく幕引きは無い様に思います」というのは、全く的を射ていると思いました。

はなまるさんも中国で暮らしていらっしゃって気になることと思いますが、どうぞ気をつけてお過ごしください。

旅行に関する情報も有り難うございました(*^^)v
Posted by poohpapa at 2005年04月24日 13:33
poohpapaさん、こんばんは。
日本が悪い事をしたというより、あの時代そのものが野蛮だったのです。たいがいの国はなんらかの悪事を行っているし、そうでない国は国力がなかっただけの事。
今の時代の常識やモラルで過去の事を責めるのは理不尽です。

中国、朝鮮の首脳については日本の罪を責め立てる事が国益につながるからそうしているだけの事でしょう。でも、戦後数十年の反日教育で実質的な関係もドロドロですね。

ある意味、反日デモは非常に喜ばしいと思います。なぜなら日本国民に真の日中関係を知らしめる事ができたからです。
Posted by mk at 2005年04月25日 02:41
mkさん、おはようございます

私もmkさんの仰る通りだと思います。ただ、mkさんのように明確に論理的に発言できる人は少ないでしょうし、物事の上っ面しか読めない人は「開き直りだ!」と反発するかも知れませんね。

もちろん、mkさんも私も過去を正当化している訳ではないのですが、
「今の時代の常識やモラルで過去の事を責めるのは理不尽です」というご意見に全てが集約されていると思います。
この論理は、未だに反日教育を続けている中韓北には永遠に理解されることはないでしょう。

私は、「どうせならもっと過激なデモをやってくれ!」と思っています。
思いはmkさんと同じです。

本来、国益というのは地道な外交努力と真っ当な経済活動によってもたらされるもの、であって、インネンや恐喝まがいの「口撃」で獲得するものではないハズなんですが。国も人間も、「楽して儲けよう」と考えるようになったら将来はありませんよね(*^^)v

コメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2005年04月25日 06:01
韓国では『親日財産還収法』というなんか滅茶苦茶な法案が提出されているもようです。
朝鮮日報によると、「親日反民族行為者とその子孫の財産を没収し、独立功労者とその子孫に与える」というのが立法趣旨だそうです。
100年前の同国民の行為によって、その子孫さえも韓国は許してくんない、って激しい国ですな。
ぶっちゃけ狂気(ってか恐怖)です。

その上、韓国と日本が65年締結した「韓日基本条約および協定」も破棄?
国際社会ってもんを舐めてますな。
というか「日本憎し」が強すぎて、その結果自分にかかってくる被害も想定できないなんて・・・
キューブリックの映画とかだと笑えますが、これが現実の隣国ですからね。

利権で目が眩んだ政治家や官僚、頭のイカレた左翼系教育関係者のいっぱいいる我が国も、人事だと笑っている場合ではありませんが・・・


Posted by ハリケーン at 2005年04月25日 11:32
ハリケーンさん、こんにちは

話には聞いてますが、現実的にそんな法案が通るものなんでしょうか。竹島領有権、靖国参拝、教科書、等の問題もありますが、日本の常任理事国入り(可能性)が一番気に入らないのでは、と個人的には思っています。韓国経済も日本との関係を悪化させて成り立つ筈もなく、そのまま通るようなら国益を損なう大問題ですのに。徐々に影響が出始めてますが、韓流ブームなんて吹っ飛んでしまいますよね。
それとも、中国と北朝鮮とさえ仲良くしていれば国が成り立つ、と考えているものでしょうか。でも、その法案、是非とも通してもらいたい、とも思いますね。

今、日中間だけが大きく取り沙汰されていますが、日本にとっては中国より朝鮮半島の国のほうが、より良好な関係を築き難いもの、と思います。中国はこの先スケールの大きな指導者が現れる可能性もまだ期待できますが、朝鮮半島からはたぶん出ないでしょう。

「この3ヶ国へのODAは即時打ち切り」という訳にもいかないでしょうが、これで援助を続けてたら舐められるだけですよね。日本のマスコミも、こういう話は詳しく報道してもらいたいもの、と思います。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2005年04月25日 13:09
中国ネタをブログで書くと炎上する。。。と。
意外とみなさん、冷静なコメントですね。いい読者さんをお持ちでw。

お久しぶりです。
外交というのは表面に出てくるものだけではなく、水面下の交渉とか、お互いのっ手の内を探りながらとかなのでしょうが、もう少し外国ではなく、日本国民の感情を大切にしてもらいたいですよね。

ODAについて、へぇだったこと。(ラジオで聞いたのですが)日本も、90年代まで外国からODAをして貰っていた、中国は日本がODA援助している国の中で数少ない、きっちりとお金を返している国だとかw。なんかODA!国連!安保理!とか、むかっ腹を立てていたときに聞いたので、へぇ、そうなんだと思ったしだいです。

まぁ、日本も外交にもう少しセンスよく頑張って欲しいものですね。

Posted by 小椋万由子 at 2005年04月26日 13:33
なこまゆ先生、こんにちは

え?中国ネタをブログで書くと炎上する・・・んですか???
全く意識してなくて、まさに「目○ラ蛇におじず」ですね。

私は自分で放火(問題記事のアップ)をして自分で消火活動(過激な意見をなだめたり)しておりまして、言うなれば「火付け消防士」みたいなものですね。さとひろからも、「いいかげん、物議をかもすような記事は書かないほうが良い」、と注意を受けています。

私のところにもごく稀に、「ムッ!」とくるコメントが入りますが、先生のサイトに入る場合には私のサイトの比ではないですね。時折心配しながら拝見しております。うちは、管理人がヨロヨロしてると読み手さんが助けてくださるので、仰るとおり大変恵まれています。

ところで、ODAの実情、俄かには信じられないような内容ですが、もし事実なら少しは中国に対する認識を改めなければなりませんね。いえ、だとしても、好きにはなれませんが(笑)

お互い、国民に正しい教育をして正しく導く必要がありそうですね。

勉強になました、本当に有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2005年04月26日 15:26
poohpapaさん、こんにちわ。

私としては一応母国も含まれているので、「現在は」と付け加えたくなりますが、「今上がっている諸問題を解決したところで必ず新たな火種を作ってくる」と中国・韓国に関しては私でも思います。

これに対抗するためには、新たな火種が上がろうとも、一つ一つ正しく検証や研究をして、世界に発信する事が重要です。

これからの日本には、同じ「絡めて」の手段でも、初めから他国からの発言を頼りにするのではなく、自国も毅然と発言した上で、他国も発言せざるおえなくなるような外交をしてもらいたいものです。また、国も国民も「直ぐに忘れる」傾向にあるので、一時のブームで終わらせることなく、粘り強く対応してもらいたいです。中国には世界中に「華僑」といったネットワークも存在するので、これらに対抗するためには、島国の日本は心してかかる必要があると思います。

私も「華僑」ですが、私が自分でも「国籍以外は日本人」と思うほど親日的なのは、生活環境に家族以外の中国人が居なかった事と、日本の教育を受けた事が大きいと思います。また、歴史問題に関してもpoohpapaさんとほぼ同意見なのですが、中国には「自国の意見が正しく揺ぎ無い」と思うのであれば、ヒステリックな対応をするのではなくアジアの本当の大国として日本との対話に答えてもらいたいです。

日本人にお願いしっぱなしなのも忍びないので、以下の4点を心がけて、中国人として粛々と日々を生活を送ろうと思います。
1.普段から選挙権の無いことをアピールして友人や知人の選挙へ行かない罪悪感を大きくする。
2.社内で中国人と日本人が諸問題で討論していたら押しの弱い日本人に変わって中国人に対抗する。
3.国際問題や政治問題について頻繁に熱く語る。
4.中国人のイメージアップのために誰からも信頼されるような行動をとる。

・・・ちょっと支離滅裂ですね(笑)。
Posted by who at 2005年04月26日 17:40
whoさん、こんばんは

支離滅裂なんかではありませんよ。筋が通っていらっしゃいます。

全くwhoさんの仰る通りです。中国の方がそうお考えになり、日本人が逆の立場で同じように考えたなら、何の摩擦も起きないですよね。

心がけ4点も納得です。4番目は私も、とくに海外を旅した時には意識して行動しています。

そして私がとくに感心したのは、whoさんの「日本人に対する観察眼」でして、素晴らしいですね。耳が痛いお言葉で、悔しいですが(*^^)v

率直なコメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2005年04月26日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小泉の謝罪
Excerpt: 小泉首相がアジア・アフリカ首脳会議で、「痛切なる反省と心からのお詫びの気持ち」を表明した。またもや謝罪である。日本の政治家はまったく学習能力が無い。メリット・反日デモの「一時的」鎮静化だろうデメリット..
Weblog: pepsi2001の1兆年日記
Tracked: 2005-04-23 09:51

小泉首相 謝罪の狙い
Excerpt: アジア・アフリカ首脳会議の全体会合で小泉首相が アジア各国と日本との間にあった歴史に対する謝罪から 入るという異例の演説を行いました。 二国間(主に中国や韓国が相手)での謝罪や歴史認識に対す..
Weblog: ケンケン楽学
Tracked: 2005-04-23 10:36

「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろ
Excerpt: 小泉首相の「アジア・アフリカ首脳会議におけるスピーチ」を論じたブログを集めてみました。 上下の並び順に特に意味はありません。 “ホリエモン関連のお勧めブログ”の二番煎じです。コメントやトラックバックに..
Weblog: 玄倉川の岸辺
Tracked: 2005-04-24 09:39

「東京裁判で日本の無罪を主張していたインドの判事」の名前
Excerpt: 悪徳不動産屋の独り言の記事へのコメントで出ていた、「東京裁判で日本の無罪を主張していたインドの判事」の名前はパール判事。 パール判事の日本無罪論posted with amazlet at 05.04..
Weblog: データバックアップメモ - extended -
Tracked: 2005-04-24 22:16