2007年02月13日

死にたければ(人を巻き込まずに)自分だけ死ね!

東武東上線「ときわ台」駅の踏み切りで、自殺願望の女を助けようとして急行電車にはねられ重体となっていた警察官が亡くなられた。

いつも思う。自殺したければ、人様(第三者)に出来るだけ迷惑を掛けずに自分だけで死ねばよいのに、と。女が「警察官が自分を助けようと追ってくる」とは思わなかったとしても、今回のようなケースでは何本も電車が止まって何千人何万人もの乗客に迷惑を掛けるし、亡くなられた警察官には当然にご家族もいらっしゃる。

自分で死のうとしたんだから「どうしたら死ねるか」ということでは頭が廻っているのだろうが、非常に迷惑なタダの気違いである。それでいて、この気違い女は命に別状は無い、という。「電車に飛び込む」というのは一番ハタ迷惑な自殺方法で、一人こっそりではなく大ニュースにもなるから、社会や周囲に対する身勝手な報復の意味もあったのかも知れない。ハッキリ言って、大切な命が失われ、どうでもよい命が助かったのだ。

この女がこの後も生きていたとしても、社会に貢献することは無いだろう。失ってよいものと残るべきものが逆転していて不条理だ。にも関わらず、他の方の関連記事を覗いてみると、「せっかく助かった命なんだから、警察官の分まで生きて、生涯をかけて償って欲しい」などと、けっこう書いてあったりする・・・。

皆さん、とても人格者でいらっしゃる。私は、そんなことを言う人とはお友達にはなれない。解かったような顔をして「いい人ぶる偽善者」が一番嫌いだから。

だいいち、この女にそんなことは絶対に望めない。絶対に、である。これからも自分のことだけ考えて、周囲に多大な迷惑を掛けながら生きていくか、また自殺しようとするか、のどちらかである。

人間の性根は変わらない。いっ時は反省して後悔しても、形状記憶合金のように元に戻るものだ。


それと、こんなコメントもいくつか見かけた。

以前、線路に落ちた日本人留学生を助けようとして亡くなった韓国人留学生のことを思い出しました

・・・「なに、それ??」である。

見事にマスコミの意識操作に嵌められている。映画の影響も有るんだろうか。あの映画だって、韓国人が韓国で作って韓国内だけで上映されるなら、私も不愉快ではあっても文句は言わない。ただ、もし私があの時一緒に亡くなられた日本人の遺族だったなら、あんな映画を作られたんじゃ黙ってはいないだろう、私の性格なら。

でね、これ、亡くなられた警察官が「電車に轢かれて」でなく「電車にはねられて」で、まだ良かった、と思っている。


うちのお客さんで、ご主人を自殺の巻き添えで亡くされた奥様がいらっしゃる。精神病院に入院していた主婦が、いちど退院して実家に帰っていて、家族が目を離したスキに実家マンションの高層階から飛び降り、たまたま外に出てきたご主人の頭上に降ってきたとか。

その時、奥様は後ろを向いていて、「グシャッ!」という異様な物音に「え?何の音?」と振り返った時には既にご主人は降ってきた女と共に倒れて動かなかったという。だが、奥様の苦悩は始まったばかりであって、今も民事裁判で係争中で心身ともに疲弊なさっている。

女の遺族(両親)は早々に相続放棄をして損害賠償に応じないそうだが、娘が病気で治療中であったなら監督責任というものが在るのだから、相続放棄で責任を免れよう、という姑息な発想は許せない。だいたいが、法的にそんなこと可能なんだろうか。監督責任が存在していると認められるものなら、賠償責任を相続放棄という方法で免れられる、とは私にはどうしても思えない。それでは万事、「ヤバイ、と思ったら相続放棄」という風潮が蔓延することになる。


「人の命は皆大切」などというのは人権ボケの世迷いごとである。人の命は三種類しかない。存在していることが社会にとって有益か、有害か、どちらでもないか、であって、東武線に飛び込もうとした女は「有害」でしかない。

死にたければ他人を巻き込まずに勝手に死んでくれ、と言いたい。
posted by poohpapa at 06:36| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする