2007年02月18日

中国式「眼の体操」

私の循環先、「葉山の密林」さんの記事の中で、管理人の葉山猫さんが、視力回復法について「どなたか良い方法を知ってたら、教えて〜〜〜〜」と泣いておられるのでご教授を(ウオッホン!)

と言っても、何かの雑誌に載っていた記事を切り抜いて、今まで20年もの間、大事に机の中にしまっておいたもので、私自身が継続して実行してはいないので実際の効果のほどは解からない^_^;

ただし、ずっと以前にテレビのドキュメンタリー番組で視た「或る小学校で毎朝、全校児童が眼の体操をしていて、その結果、近視の児童が全国平均より大幅に少なくなった」と紹介されていたその「眼の体操」と内容はほぼ一致している。それで保存しておいた。


先ずは、注意書きから(原文のまま)


体操を始める前の注意

1、眼の体操は、必ず眼を閉じて行ってください。
2、爪を短く切り、手をきれいにして行いましょう。
3、おさえる個所は、図を見て正しくあてましょう。
4、毎日、午前と午後の2回は休まず続けましょう。
   途中でやめると、効き目がなくなります。
5、テレビや勉強のあと行うと疲れがとれます。
   1日何回行ってもかまいません。
6、眼をこすったり、強く押さえないよう気をつけましょう。
  (強度の近視の場合、害になることがあります)
7、眼疾がある場合は、医師の指示により行ってください。

以上のことに気をつけて、さあ、みんなで体操を始めましょう。



でもって、文章では解かりづらいと思うので、方法は写真でひらめき


視力回復体操のやり方


資料では「近視の人の為の視力回復体操」のように書かれているが、乱視は別として、眼精疲労によって低下した視力の回復にも効果があるのでは、と思われる。したがって、初期の、いわゆる「老眼」にも有効な体操ではないだろうか。

私は適度な近視で、メガネを外せば手元は問題なく見えるもので、この体操は継続的にはしていないが、眼が疲れた時など随時やってはいた。葉山猫さんを始め、日ごろ目を酷使なさっていらっしゃる皆さんのお役に立てるならとても嬉しい(^^♪
posted by poohpapa at 06:33| 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする