2007年02月26日

高い買い物

立て続けに、三つも「高い買い物」をしてしまった。

一つ目は、伊勢丹の「有名弁当とうまいもの大会」での、「いわて短角牛100%ハンバーグ」(160g×2)と「前沢牛と岩手三元豚の生ソーセージ」(3本×2袋)で、合計3000円也。

元々は、もう少し高い「前沢牛100%ハンバーグ」狙いで行ったのだが、盛岡から応援に来ていたお兄さんが「私はどちらかというとジューシーで油が少ないいわて短角牛100%ハンバーグをお勧めします」とのことで、客が「高いほう(2枚で2100円)を買う」と言っているのに安いほう(それでも高い)を勧めるのだから間違いないだろう、とお兄さんに賭けてみた。ではあるが、私もよく使うセールスの手法であって、逆の立場になったら簡単に引っかかるが情けないたらーっ(汗)

ソーセージは太めの親指程度の大きさで、それで1本250円もするから、それで不味かったら「この野郎!」である。それでも「ソーセージから出た油は捨てないで野菜炒めなんかに使ってください」とか、いろいろ役立つ情報を教えてくれてなかなか好感が持てた。

ついでに、盛岡出身とのことなので、「盛岡に松田眼鏡店とか道又時計店てあるでしょ?」と訊くのも忘れなかった。というか、話はそこから入っていった。ま、いつものパターンである(*^^)v


二つ目の買い物は、ニコンの交換レンズで、手振れ防止が付いた「Nikon AF-S DX VR Zoom-Nikkor18-200mmF/3.5-5.6G IF-ED」である。広角とズームと手振れ防止機能が1本でまかなえるレンズが欲しくて、1ヶ月前から予約注文していたのが昨日やっと届いた。

ただし、ポイントが溜まっていたので、かなり安く買えてはいる。


さて、問題は三つ目、である。

以前記事でも紹介した「枯葉の中で」という曲を徳永芽里という女性歌手(凄くキレイな人)が歌っているものを長い間CDで探していて、それがようやく見つかった。のではあるが・・・、

なんと、CD10枚組の中に収まっていて、シングルや一枚のアルバムではなく、しかもヤフオクに出品されていたのである。

それは、どうしても手に入れたかった。過去ログにも書いたが、徳永芽里の歌唱力は素晴らしく、編曲もいい。私が持っている「座・ジローズ」の盤では、ピアノの伴奏をバックに細坪基佳が歌っていて、それはそれで味わいがあるのだが、途中から被さってくる杉田二郎が音程ハズシまくりでイタダケない。なら、よっぽど細坪基佳にソロで歌わせておいたほうが良かったのでは、と思ってしまう。それで、カセットでなら持っている徳永芽里のCDがどうしても欲しかったのだ。

結局、落札価格は2万円にまで競り上がってしまったが、この機会を逃したら手に入れられるのは何年先か分からない。きっと後悔するのが分かっていたので、いくらになっても落札することにした。

たった1曲のために10枚組セットの2万、である。

だが、きっと私は死ぬまでの毎晩、何度も聴き続けることだろう。
あと何年かでも生きられたなら「きっと元は取れる」と思っている。

何より、大切な思い出」の為に、カネの出し惜しみはしたくない
posted by poohpapa at 07:47| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする