2013年04月05日

カネは遺すもんじゃなく使うもの

先日、某テレビ番組で相続税の増税に関して特集していたのだが、それによると、

日本の金融総資産は1500兆円あって、その6割を60歳以上が所有していて、70歳の平均資産に至っては約4500万とのこと。私が70歳になっても借金が残っていこそすれ遺産なんてないだろう。

番組で紹介されていた70歳くらいの夫婦、貯金通帳を何冊も持っていて、それぞれに7〜800万くらい入っていて、全部で9000万の貯金が有る。ご主人は元は普通のサラリーマンで、コツコツと貯えてきたらしく、「できれば子供たちに少しでも多く遺してやりたい」と思っているようだ。なので相続税が引き上げられることで悩んでいるらしい。僻むワケではないが、「勝手に一人で悩んでれば!」、である。

蓄財するための今までの努力は認めるが、自分たちの老後の為に、でなく、子供たちに「より多く遺す」のが目的になっていて、私からすれば「真面目な人なんだろうけど、おカネの本質がまるで解かってないな」と思えた。奥さんは「自分たちで使う」ことを希望していて、死ぬまでにあちこち旅行などに出かけたりして、もっと自分たちのために使いたい、と思っているようだ。だがご主人が同意しないとのこと。

人様の家庭のことだし、それぞれに多様な価値観があっていいことなんだろうけど、長年連れ添って苦楽を共にしてきた夫婦である。女房を喜ばせるために半分を使ったとしてもおかしくはないだろう。

それは、奥様の価値観が正しいと思う。奥様の考えは当たり前の話だし、カネは貯めるものでなく使うもの、世間に回してこそのカネである。一箇所で滞らせて相続が発生してやっと放出する、なんて年寄りがいるから経済が立ち行かなくなるもの。60歳以上が保有している金融資産1500兆円の6割の900兆円の3分の一でも消費されたなら、アベノミクスなどに頼らずとも日本の景気はいっぺんで弾けるだろう。

だが・・・、そうならないのは政治に責任がある。今の年金政策なんかを見ていて「老後は安泰」などと思える人が何人いるだろうか。皆、自分の老後に不安を持っているから「使いたくても使えない」のだ。

番組に出てきた老夫婦、ご主人がせいぜいあと10年、奥様は20年生きるとしても、これから全く無収入になるワケじゃなし、どう節税してどれだけ子供たちに遺すかで悩むのでなく、どう使うかで悩むべきだろう。ハッキリ言って、この旦那は救いようのない「ケチ」である。今まで誰かと飲食しても「オレが奢るよ」などと言ったことが無いんじゃなかろうか。通帳に並ぶ0の数だけが生き甲斐だったんだろう。失礼ながら、慕ってくれる友だちもいないんじゃないかと思う。ならば、もっと奥様を気遣うべきである。

そもそも「親が質素に暮らして自分たちにより多くの財産を残してくれる」のを喜ぶとしたなら碌な子供ではないのだし。私なら「使い切って最期を楽しんで死んでくれる」ことを望む。足りなくなったらなったで何とでもなるもの。それくらい負担したってかまわない。もし子供に遺すとしても「一息つける」程度で充分なのだ。「あとは自分の足で立てる」よう育てることこそが親が残すべき財産である。

エヘン!、私の場合はこのご主人とは真逆である。不動産屋はけっこう副収入や臨時収入があるもので、私はそれをコツコツ貯めて、ある程度まとまると、うちのに「好きなように使いなよ」と言って渡していた。と、過去形で書いているのは、今は借金の返済に廻ってしまうから、たとえ私が「好きなように・・・」と言っても、うちのは使わない(使えない)のが分かっているからである。

私は元々が貧乏な育ちで、親父や兄弟はそれでも気前が良かったから、「カネ離れの悪い人」は好きじゃないし「カネの生かし方を知らない人」なんかは軽蔑しているくらいである。「カネに汚い」のは論外だし。

番組では、親の遺産をめぐって兄弟仲が悪くなってしまった人も紹介していた。そんなのは私の周りにもけっこういる。それで兄弟が不仲になるとしたら、本人も、ではあるが連れ合いの出来が悪いんだと思う。


以前も書いたが、現金や証券の相続なんかにはドーンと課税すればいい。そうして、生きてるうちに自分が使うか子供に使わせるように仕向けて、先祖伝来住み続けている家や土地は一定の規模までは非課税にすればいいと思う。生前贈与の非課税枠が拡がって、少しは世の中にカネが回ることになるのは嬉しいが。

相続税・・・、死ぬまでに使い切れずに残ってしまった財産があるなら納めればいいじゃないか、社会に役立ってくれるのだから。それが嫌なら使えばいい。貯蓄目標は「際限なく」ではなく「適当」で良いのだ。




posted by poohpapa at 07:43| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さて、美味しいお昼ごはんでもご馳走になりに、立川に行くか・・・
Posted by けろけろ at 2013年04月05日 09:21
けろけろさん、おはようございます

<<さて、美味しいお昼ごはんでもご馳走になりに、立川に行くか・・・

それが最も「生きないカネの使い方」になりますね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2013年04月05日 09:43
お金の使い方って大事ですよね。
僕も嫁から「今を犠牲にして未来の為にお金貯めるのってなんか違う気がする。今もちゃんと大事にしないと。」って言われて目が覚めたクチなので(^^;
そろそろお会いして食事でもご一緒したいですね!
Posted by 江崎 彰 at 2013年04月05日 11:12
江崎 彰さん、おはようございます

あはは、それは奥様の仰ってることが正しいですね。だって、人間、明日のことなど分かりませんよね。「宵越しの銭は持たない」のも感心しませんが、我慢をしながら生きるのもどうかと思います。倹約を超えて我慢をしている、という人をよく見かけますが、私とは違う価値観ですね。

テレビで紹介されていたご主人、倹約してカネを貯めたのは立派ですが、使い方も知るべきでした。ましてや、子供たちに出来るだけ多く遺してやりたい、などという考え方が(私の価値観では)間違っています。子供にとっても良くありませんしね。一度、子供も交えて話し合ってみたら、と思いますね。このご主人の頭の中には苦楽を共にした奥様のことは無くて、子供のことだけしか存在してないんですね。

ところで、お食事、いつでもOKですよ(^^♪
Posted by poohpapa at 2013年04月06日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]