2013年05月16日

日本維新の会は終わるかも・・・

日本維新の会の橋下共同代表の「従軍慰安婦」に関する発言が波紋を呼んでいるが・・・、非常に珍しいことに全方位から批判を浴びている。たいていは「どちらかから」になるものだがそうではない。

韓国からも、良識ある大半の日本人からも、与党からも野党からも、である。言っていることは概ね間違いではないし理解できるが、言葉の選択や全体の話の構成が拙いから、だと思われる。以前から思っていたが、大阪市の職員の体質を改善するために歴代の市長が癒着していた労働組合という聖域にも切り込んで、歯に衣着せぬ言葉で改革を断行している姿勢は良いと思うのだが、国政に対して意見を言い始めると常に物議を醸すことになる。それが橋下さんの持ち味、と言ってしまえばそれまでで、私は大阪市民ではないのだが「市政に専念したほうがいいのでは」と思わずにいられない。

あとは、「ニュースで流される映像が制作側に都合よく編集される」ということへの計算が為されていない、ということも不思議である。発言の何処をどう切り取られても大衆受けする、というのは政治家に必要な資質で、今の橋下さんにはかつての勢いや輝きがないのだから、全方位から言質や揚足を取られているようでは「日本維新の会の将来は危うい」だろう。巨悪に一人で立ち向かう姿勢は大好きなので残念だ。

ここんとこ日本に対してはアメリカ議会やマスコミでも評価が一定しておらず、と言うかむしろ厳しく、中韓も歴史問題を利用して攻勢を強めている。単に批判するのでなく執拗に攻撃して揺さぶりを掛けている。日本の政治家や役人まで飼いならしている様は、まさに武器や兵力を使わない戦争である。私なんかからすると、安倍さんの中韓に対する外交姿勢は生温いくらいに思えるが、国内にも見えない敵が多くいる中で実に聡明な政権運営と外交を展開していると思う。歴代総理の中でもピカイチではなかろうか。今のところは高い支持率のお陰で反対勢力やマスコミも大人しくしているが、閣僚の不用意な発言や不祥事があれば「待ってました」とばかり一斉に安倍叩きや安倍降ろしを始めることだろうから、それが心配である。


ところで、YouTubeで、こんな映像を見かけた。見ていて、涙が出てきた。

アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】

アムステルダム市長の発言は「オランダが大戦の敵国だったが故に」正しいと思う。ぜひご覧頂きたい。


さて、日本維新の会、夏の参院選では惨敗するのではなかろうか。


posted by poohpapa at 05:37| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]