2007年03月23日

かつて見たことがない美しい写真

私は全く知りませんでしたが、先日、「グレゴリー・コルベール」という写真家の展覧会をテレビで紹介していました。

初めて見て、「え?これで合成じゃないの!?」というくらい幻想的で美しく、ひと目で惹き付けられてしまいました。心が洗われます。

合成ではないとのことですから、何千回、何万回シャッターを押しても、そのうちで数枚しか「納得いく写真」は撮れないものでしょうね。

期間中に必ず訪れたいと思います。なんでも「コルベール氏の写真集は高価で、一冊1万5千円ほどする」そうですが、氏の写真集なら無理してでも欲しい、手元に置いておきたい、と思ってしまいますね。セピア調で、眺めているだけで心が落ち着いて癒されそうです。

お台場と六本木、二箇所で開催されていて、会期も料金も違っているようです。展覧会の概要は、どちらも下記から見られます。


http://roppongihills.com/jp/events/macg_animal.html


写真がお好きな方、ぜひ会場に足を運ばれてみては如何でしょう。

posted by poohpapa at 06:29| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする