2013年06月20日

それは誤解なんだけど・・・ (以前も書いているが)

ある方のサイトを訪問していたら、このブログについてこう書かれていた。

「面白いんだけど、管理人さんは全くブレないので読んでて詰まらないから最近は読んでいない」、と。

それは大変な誤解である。実際にはブレないどころかブレまくりなのだから。けっこう多くの方から(私が)頑固とか意志の強い人、と思われているようだけど、それは表面的にしか見ていないんだと思う。

頑固かどうかで言えば相手と事柄によりけりで、けっこうその場の状況に流されることもあるし、柔軟に対応できる時もある。絶対に赦さない(赦せない)こともあれば、他の人なら怒り出しそうなことで怒らないこともある。それも、器の大小の問題でなく、他の人と「怒るポイントと沸点」が違うだけのこと。

一つの例が、宅建協会立川支部の支部長選挙と役員による運営の問題。私が一人で声を上げているのは意思や正義感が強いから、というより「私自身が弱いから」ということのほうが大きい。同じ意見を持っている仲間を巻き込まないのは、人間、その時の立場や状況で心ならずも裏切らざるを得なくなることは往々にしてあるもので、その時になって落胆したり恨んだりしたくない、もっと言うなら自分が傷つきたくないから。そうした時に直ぐに立ち直れるほど強くない、ということを自分でもよく解かっているから、ということ。仲間を疑っているのでなく「最後はどのみち一人になる」と解かっているし。

だから、最初から「人は変わる、人は裏切る」ということを自分に言い聞かせている。そうしないと自分が持たないほど本当は弱い人間だということ。それでも人を踏み台にしたことは一度もないけど・・・。

現実に、プライベート(友だち間)でも立川支部の問題でも、私の前で言ってることと他の人に対して言ってることが食い違っている人もいる。そういう話が私の耳に直接聞こえてこなくても「そういう人」だというのは長い付き合いから解かっていたりする。それでも拒絶しないで付き合っている。ただの好き嫌いとか意見の違いでいちいち付き合いを断っていたなら付き合える人は極端に減ってしまうし、それが人間社会だと思う。もちろん、そういうのは最も大きなストレスにはなっているけど。

劇画の中でゴルゴ13が、「自分はウサギのように臆病で、だからここまで生き延びてこられた」と言っていて、私の場合と意味合いは違うのだが、実によく解かるような気がする。


ただ、私が強く意見を言う対象は、自分より目上の人に対してのみ、自分より立場の弱い人に攻撃的な言葉をぶつけることはしない主義。家賃を何ヶ月も滞納していて逃げ回っている不誠実な入居者は例外だが、それすらも、もしかすると「立場が弱いのは私のほう」とも考えられるし。

管理物件も少なく、と言うか、他社の管理物件を横取りしない主義なので物件数はジリ貧になっているが、商店街の中央とはいえ駅から10分も歩くような場所で20年以上も続けてこられたのは、私の方からはけっして仲間を裏切らなかったのと、自分自身の弱さの賜物かも知れない。

ただ、この業界で成功するのは「仲間を裏切れる人」なんだと思う。イザとなったら誰も自分を護ってなどくれないし。私が批判をすればするほど「我々は間違っていない」と纏まるであろう立川支部の役員たちも、本質的にはバラバラで「自分のことしか考えていない」のはよく解かる。鰯の群れでさえ「ちゃんと役割分担して纏まって大魚から身を護ろうとしている」のに、大魚(国交省)の誘導に乗ってしまっているし。

私はいつもギリギリの精神状態の中で生きていて、壊れないでいられるのは良き友人に恵まれているから、だと思う。本当はとても弱い人間なんだし、小心者にとっては過大評価されるのが最も怖いことである。


posted by poohpapa at 07:40| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はいは〜いメロディ
良く無い友達が来ましたよ〜っとヽ(´o`;

確かな事は、
『旅好き、アルコール弱い』
『食べ物の好き嫌い激しい』
『愛猫が死ぬ事には耐えられない』

そして私の感想として『意外にハイトーンなお声^_^』
律義で情が厚く、でも意固地(頑固とも云うが 笑)

間違い無い事は、私の百倍は良い人生を送っておられる、と云う事です
うらやま〜( ;´Д`)
Posted by 街のクマ at 2013年06月20日 16:44
クマさん、お久しぶり(*^^)v

元気にしてるのかなあ・・・、と気にしてましたよ、ほんと。

まあ、私の人物評は「そんなとこ」でしょうが、過大評価と誤解はあるようで・・・^_^;

私がクマさんの百倍「良い人生」を送っているかどうかは、分かりませんよ。幸せなんて、本人の「心の持ちよう」で変わってきますから。「何をもって幸せと思うか」の尺度は人それぞれですもんね。

もし私が幸せでいるんだとしたら、圧倒的に他の人と違う部分があるから、とは思います。それは、

「人(との出会い)に恵まれている」

ということですね。残念なことに、ず〜っと良き友、良き仲間でいられる人ばかりではありません。昨日までの親友が何かのきっかけで離れていってしまうこともありますし、敵対するように態度が変わってしまうことがあります。正直、「あ、これは私が悪かったな」と思う時もあれば、明らかな誤解や妬み、と思える時もあります。そうなってくると、どう説明しても相手は聞く耳を持たなくなってたりして・・・。

ただ、それが世の中、人間社会だと思います。私も、友人を失うことは不本意ですが仕方ありません。横浜に住んでいる私の親友から、「互いの役割が終わったんだ、と考えるしかないよ」と言われて救われましたね。まさに、その通りなんだと思います。友人を一人でも失いたくない、というのは私が欲張っているだけであって、ただの我侭なんでしょうね。

それでもね、あまりにヒドイやり方をされると、今は耐えていても「いつか潰してやろう」とは思います。誰でもそうでしょうけど、私を本気で怒らせると怖いですよ〜。人を舐めたらイカンのです。

でね、相変わらず、というか、収入は年々どんどん減っていってますが、幸福感は逆にアップしていますね。これは不思議なものですね(*^^)v
Posted by poohpapa at 2013年06月21日 06:43
街のクマさん、お元気ですか。

確かな事で一番重要なのが抜けてます。
『美女に弱い(甘い)』

最近の科学でどうやら各種の能力(例えば、頭がいいとか)は、遺伝的に備わったものらしいとか。
能力の差で優劣をつけるのは、差別になる世の中はそんなに遠くなさそうです。
でも一つ現在でも共通認識であるところでは、美醜で区別するのは「差別」だということでしょうか。(*^^*)
Posted by ハリケーン@博愛主義者 at 2013年06月21日 08:00
ハリケーン@似非博愛主義者さん、おはようございます(*^^)v

私も、正直、クマさんどうしてるかなあ・・・、足の怪我が元で今頃は成仏してるんじゃないか、と心配してましたが、昨日、電話でもお話して元気そうで、ガッカリ、え、あ、いえ、安堵しました^_^;

ところで、美醜で区別するのは「差別」、と言えなくもありませんが、ジェンダーフリーの信奉者たちも何故か騒ぎませんねえ・・・??

だいいち、男たちが無理やり拉致して出場させているワケではないのだし、容貌に自信がある女性が自ら応募しているんだから文句の言いようがありませんよね。

ミスコンだけでなく最近はイケメンのコンテストも開かれてますが、男の私からすると見たくもありません。美のコンテストは女性だけでいいように思います。

運動会の徒競走で、予めタイムを計っておいてタイム順に走らせて差が出ないように仕組むなら、試験の時もハンデを与えなければならなくなります。

何でも「差別だ」「人権だ」と騒ぐ風潮、何とかならんもんでしょうか。それで言ったら「選挙」なんて最大の差別になってしまいますもん・・・。
Posted by poohpapa at 2013年06月22日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]