2013年07月10日

世に「才能ある人」は何処にでも埋もれているもの

ここんとこ、YouTubeをサーフィンすることが、すっかり老後の楽しみになってしまっているが・・・、

またまた面白い動画を見つけた。

海上自衛隊の音楽祭における動画である。先ずはそれをご覧頂きたい。


http://www.youtube.com/watch?v=wS9UmJkTEs8


現役女性自衛官が歌う「Time To Say Goodbye」である。いつも聴いているサラ・ブライトマンのよりアップテンポだが、凛とした美しさがあって、歌い終えた後のお辞儀は(敬礼ではないが)さすがに自衛官。

歌っているのは現役三等海曹の三宅由佳莉さん。音楽祭のために自衛隊内部で募集して選ばれたらしい。私が思うに、元々どこかの芸大の声楽科出身で基礎をしっかり身に付けていらっしゃる方なんだろう。芸大を出ていて実力があっても、オペラ歌手として成功できるのはほんの一握りであって、運にも左右されるもの。音楽の教員になれる人はまだ恵まれているほうで、やむなく他の道に進むことになる人も多いと聞く。もちろん、海上自衛隊入りは三宅三曹自身が望んだことかも知れないが、こういう形ででも脚光を浴びることになるのは他人事ながら嬉しい。若い頃は私も「音楽に関係した仕事に就きたい」と願っていたし。

実は、幸せなことに、この三宅由佳莉さんと私は共通点がある、と分かった。それは・・・、

三宅さんは三等海曹であって、この私も三等社長だということ (く、苦しいふらふら

この記事をアップした後で分かったことだが、彼女、5月に「行列のできる法律相談所」に出演していて既にブレイクしていたみたい・・・。私は最近は「行列」を観ないので全く知らなかったあせあせ(飛び散る汗)

この三宅由佳莉三曹だけでなく、「自衛隊の歌姫」と呼ばれている人は他にも何人かいるようである。

他にも海上自衛隊音楽祭の動画があったので貼っておきたい。ご興味のある方は是非ご覧頂きたい。


http://www.youtube.com/watch?v=2jpZOMZojDM&list=RD02_j-Chs3DNI0


まあね、スーザン・ボイルみたいな自衛官でなく真逆だったので正直ホッとしているわーい(嬉しい顔)




 直ぐ上の動画を鑑賞していて、次の「夢やぶれて」/レ・ミゼラブル/10周年記念コンサート に進んだのでそのまま聴いていたら、魂を揺さぶられて朝から涙ポロポロ・・・。もの凄い衝撃を受けちゃったたらーっ(汗)



posted by poohpapa at 06:27| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

音楽系大学を卒業し、その経験実績を生かそうと思っても就職先はほとんどありません。学校の先生になる以外、それだけで食べていくことは困難です。なので、体力に自身のある人は自衛隊に入隊し、音楽を続けていくそうです。三宅由佳莉さんも、poohpapaさんの想像通り、日大芸術学部卒です。

poohpapa氏はどのような経路でこの動画にたどり着いたか想像する。
1)朝5時に寝床をでる。
2)パソコンに電源を入れ、奥様が起きてこないうちに、桃色動画を検索鑑賞。
3)今日は出物がないと意気消沈し、AVのタイトル「働く女性」に「美人」を加えて動画検索。
4)YouTubeで自衛隊音楽祭を発見!
Posted by バラキ at 2013年07月10日 07:46
バラキさん、よくご存知で・・・^_^;

そう、早起きして女房が起きてこないうちにPCを点けてAVを観ていて気に入ったのが無いので仕方なく他の動画を当たっていて・・・、って、放っといてくれ!(*^^)v

私の地域にも国立(くにたち)音大があって、お客さんの中には音大生がけっこういますが、ご他聞に漏れず就職難で、学校の音楽の先生になることさえ困難だとか・・・。

オペラ歌手だけをずっと目指すより、こういう道のほうから世に出るのが堅実な選択なんでしょうね。

この動画を観ていて、海上自衛隊の音楽祭に行ってみたくなりました。次はいつかなあ・・・。
Posted by poohpapa at 2013年07月10日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]