2013年08月02日

私が今心配なこと

クラシックギター界の天使、村治佳織さんが舌の腫瘍により長期休養する、と伝えられているが、ファンとしてとても心配である。

彼女は、その美貌もさることながら、「美人というだけで大した実力もないのに売れている」のでなく、しっかり技量も兼ね備えている。最近は映画音楽やクラシックのピアノ曲、ビートルズナンバーなども手がけていて、レパートリーも広い。元々クラシックギターはピアノに比べて圧倒的に曲数が少ないもので、有名な曲だけでコンサートを構成したなら常に同じ曲ばかりになってしまうもの。いろんなジャンルの曲が美しいギターの音色で聴けるようになるのはクラシックギター愛好家やファンにとっては嬉しいことである。


で、彼女がどれだけ美しいかというと・・・、こちらをご覧頂きたい。

村治佳織 【トレモロ奏法】

「美しい」というより「整っている」という感じだが、それにしても、天は二物を与えることがあるもんだわーい(嬉しい顔)


他の代表的な演奏はこちら、

「愛のロマンス」(禁じられた遊び)

「アストゥーリアス」

ヘアスタイルによってはオバサン臭くなるのが難点。ま、それはどんな女性も同じだけど、彼女は素顔のまま(すっぴん)でも充分に美しく、まるで天使のよう黒ハート揺れるハートハートたち(複数ハート)


私も以前ヤフオクで「ディスクに直筆サインが入ったCD」を落札していて、大切な宝物になっている。

ところで、舌の腫瘍は悪性腫瘍に変わるこもあるとかで、私の中学時代の同級生も30歳で舌癌で亡くなっているので非常に気になっている。どうか早く完治して演奏活動に復帰してくれるよう願っている。


posted by poohpapa at 06:51| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]