2007年03月29日

徳永芽里さんから色紙とCDが届きました

今朝、お店に着いて直ぐ、うちのから電話がありました。

「徳永芽里さんから荷物が届いてるよ」

開店準備もそこそこに、直ぐ飛んで帰りましたよ(^^♪

昨日の記事で書かせて頂きましたが、徳永芽里さんから直接お電話を頂いたのが一昨日の夕方で、その時、お約束してくださったCDとサイン色紙がもう届きました。CDも早速聴かせて頂きました。やはり、もの凄い歌唱力です。歌が上手いとか下手とか、そんなレベルでなく、基礎がしっかり出来ているから今時の歌手の方とは比較しようが無い、くらいの違いがあるんですね。ファンだから贔屓目に見ているのではありません。お聴き頂ければよく解かると思います。

頂いた色紙には、私の名前と、大好きな「枯れ葉の中で」という曲名も入っています。も〜、大感激です揺れるハート

一人ひとりのファンを大切になさることにも感動しています。


それで思い出した話があります。

大相撲の栃若時代を築き、後に日本相撲協会の理事長にまでなった故「横綱栃錦関」(先代春日野親方)が現役時代、ある少女からファンレターをもらったんだそうです。すると、栃錦関は丁寧に返事を書き、その後は引退するまで少女の地元での毎場所、少女に招待状を送っていた、とのこと。親子で升席に、ですから、凄いですね。

それまで、私は何人かの人から「栃錦は性格が良くないらしいよ」と聞かされていて、そう信じていましたが、「それは誤解だな」と思うようになりました。性格が悪ければ、絶対にそんなことしませんから。


本当は徳永芽里さんのことを「性格が悪い」と思っていたけど、今日CDとサイン色紙が届いたから考え直した、てコトじゃないですよたらーっ(汗)

相手(ファン)のことを大切になさる人なら、人間として、とても尊敬できる、と思います。だいいち、電話のお声からもよく判りました。

直接頂いたCDとサイン色紙、どちらも私の大切な宝物になります。この場から改めまして、徳永芽里さん、有り難うございました。

posted by poohpapa at 19:32| 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする