2007年04月08日

「悪徳」、独立する??

予定を変更して、(私にとっての)重大記事の予告編を!
ただし、本編は夏前あたりになるかと思います。


今、私の「独立」の話が出ています。「独立」、というより、厳密には「リストラ」ですね。「リストラ」、というより、端的には、というか実質的には「クビ」と言ったほうが近いかも知れません。

私は経営者ではありませんが、一人店長で15年営業してきました。儲かってはいませんが特に赤字でもなく、長く無借金経営です。

その話が出てから1年余り、克明にコトの経緯を記録してありますので、全て片付いたら在りのまま詳細に記事にさせて頂きます。
それで潰れる人も出るかも知れませんが、まあ仕方ありません。

長く「悪徳」をお読み頂いている読み手さんには私の価値観や性格はよくお解かりだと思いますが、私は気が短いように見えて、人並外れて忍耐強い面もあります。私のことを逆恨みして「殺してやる!」と言った入居者のことでさえ全く怒ってはいません。後に、カネを貸してあげたくらいですから。当時は「この野郎!」とばかり怒ってはいましたが、一生赦さない、ということではないのです。

ですが、今回の一件は、どうでしょうかねえ・・・。

人が「(一生赦さないほど本当に)怒る」ということは、自分の価値観と合わない、つまり「これだけは赦せない」という事をされたり言われたり、という時だけ、だと思うのですよ。その「物差し」は人によってマチマチで、今回のケース、私にとっては正に該当します。

私が本当に怒ったこと、過去には一度しかありません。高校時代の部活の顧問Tから騙し討ちに遭った時、のみです。それ以来です。

私は人を踏台にしたことは一度もなく、「汚い」のが嫌なだけです。
posted by poohpapa at 05:27| 私の独立問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする