2014年02月04日

秋田からのお客様 その後

申し込みをして頂いて、お客様がお帰りになった後、私には一つの仕事が残った。

家賃の日割発生開始日の交渉、である。当初からの募集条件が礼金0、敷金1なので、まさかに「ゼロゼロにならないか」とは言えないし、敷金は預けておいたほうが良いもの。本当は家賃を交渉して差し上げたかったが、その物件は1階も二部屋募集している。当然に1階のほうが安いのだから、「値切るなら1階の部屋にしてくれ」、ということになるもの。私は同業者として「そうなって当然」と思っているし。

うちの管理物件でも1階と2階が空いていて、例えば102号室を66000円、201号室を70000円で募集していると、業者から「お客様が201号室で申し込みたいと仰ってますが、家賃交渉は可能ですか?」との問い合わせが入ることがある。「2階の角部屋を借りたいけどカネは無い、だけど1階の真ん中の部屋は嫌」ということで、家主さんには伝えるものの私個人はそういうのは大嫌いである。

「自由主義経済の原則、値切って当然、消費者の権利」とか言う者もいるが、ただの身勝手でしかない。これが2階の部屋だけ募集しているなら話は別であるのだが。

お母さんに「1階も募集中なので値段交渉したなら『ならば1階でどうか』と言われることになります」とお話しして家賃交渉しないことの了解を頂き、その代わり日割発生日を交渉することにした。お母さんは極めて常識的な方で、そういう話をちゃんと理解して頂けるのが有り難い。ちなみに、お母さんからは一切交渉依頼を受けていない。「このお客様のお役に立ちたい」と思った私が勝手にしていることである。

物件は2月中旬には入居可能になるが、娘さんの入学式は4月11日。できることなら4月1日からの発生が望ましいのだが、常識的には双方が歩み寄って3月中旬から日割発生になるかな、と思っていた。

翌日、お二人が新幹線で秋田に向かっている頃、管理会社から電話が掛かってきた。どうもヒラの担当者ではなさそう。落ち着いた声で、雰囲気的には中間管理職。「日割発生の件ですが・・・、3月10日から契約発生ということで・・・」と話し始める。「うわっ、厳しいなあ・・・」と思っていたら続きがあった。

「賃料の発生は4月1日から、ということで如何でしょう?」とのこと。つまり、契約は3月10日からだが3月はフリーレントということ。ならば契約そのものを4月1日からにすれば良さそうなものだが、そこには管理会社の家主さんに対する配慮があった。その物件は大学生に特化している。4月1日からの契約にすると終期は3月31日までの契約になる。卒業する際に3月末まで入居されてしまうと新入生の入居に間に合わなくなるからだ。家賃発生が4月1日からにして頂けるならお客様も私ももちろん異存は無い。

同業者として、その管理会社はとても信頼がおける、と思った。実は、その管理会社の社員が当社の管理物件に法人契約で入居していたことがある。その時も会社の対応はとても誠実だったと記憶している。

部屋探しをする際には物件そのものの良し悪しも大事だが、管理会社が信頼おけるかどうかも重要なこと。私が数百件の候補から数十件に絞った後、さらに5件に絞るまでには、物件そのものだけでなく管理会社を見て外した部屋もある。もちろん、うちが逆の立場に置かれることもあるのだから同業者間の信用はとても大切なもの。悲しいことに、目先の利益だけに走って、そういうことに無頓着な業者は多いちっ(怒った顔)

3月10日以降は部屋を使えるので、娘さんは3月半ばには一人暮らしを始めたいようだ。既に心は東京での一人暮らしに飛んでいる。

だが、私には一つだけ心配なことがある・・・。もしも、あくまで「もしもの話」だが・・・、

先日の記事で「最近、玉袋が痒い」と書いているが、娘さんに「妊娠だけはしないように」と注意を与えていたお母さんが「その記事」をお読みになっていたとすると・・・、

もし、娘さんが夏休みに帰省してお母さんに「ねえねえ、私のデリケートな部分が痒いんだけど・・・」と言ったなら確実に私が疑われるであろう、ということ。

まあね、娘さんからは「考えただけでも気持ち悪い爆弾」と言われそうだが・・・ふらふら

娘さんがそうならないことを祈りたい気持ちであるあせあせ(飛び散る汗)

posted by poohpapa at 06:25| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Poohpapaさん、おはようございます。

もし、娘さんが夏休みに帰省してお母さんに「ねえねえ、私のデリケートな部分が痒いんだけど・・・」と言ったなら確実に私が疑われるであろう、ということ。・・・・・

大丈夫ですよ、まず疑われませんから(笑)
どんな心配してるんですか!!!(^◇^)
Posted by ヤンコ at 2014年02月04日 09:50
poohtamaさま、おはようございます。

あ!poohpapaさまでしたねっ!!

常識的な業者さんもおられるのですね(もちろんpoohpapaさまもですm(_ _)m)
正直、都心のカタカナ系屋号の仲介業者らは・・・(怒)

約束の時間に大遅刻。
電話に出ない(折り返しも無し)
入居時、ベランダにゴミ散乱。
チャラいし、何度キレた事か。
彼らは不動産業界のイメージ、悪くしてますよね〜

秋田のお嬢さん、悪い虫がつかないといいですね。
昨年、ラーメン屋さんで(娘の上京の為に、娘と3人で賃貸契約に来た地方のご夫婦)と思しき方たちと相席になりました。

期待でワクワクの娘さん。不安そうなご両親。
聞き耳を立てた訳じゃないんですが『ドラマだなぁ』と思いました。
Posted by ダイスケ at 2014年02月04日 10:15
poohpapa さま

おはようございます。

痒い場所が場所なだけに、“取らぬ狸の皮算用”な感じですね(笑)

でも、実際早く治した方が良さそうですね。
あそこの痛みは何をしていても辛いですから……。
昔バイクで右直事故を起こし、玉の皮が剥けた時は1か月は治るまで耐えたのを思い出します。
Posted by のの at 2014年02月04日 10:16
ヤンコさん、こんばんは

まあね、たまには本気でそういう心配をしてみたいものです(*^^)v

おかげさまで、玉袋はだいぶ良くなりました。忘れてましたが、家に「デリケア」があったんですね。そうと知らず、と言うか、吹っ飛んでいて、キンカンを塗ってしまって悪化させたようです。

薬は用法容量を正しく守って使わないとダメですね(滝汗)
Posted by poohpapa at 2014年02月04日 20:03
ダイスケさん、こんばんは

いえいえ、poohtamaでもかまいませんよ(*^^)v

こういうふうに、家主さんやお客さん、同業者のことまで同じように配慮して頂ける、つまり、それぞれの面子や利益を全方向で考えてくださる業者さんがいる、ということは嬉しいことです。いいお手本ですね。私もそうありたい、と思いました。

大手の業者さんは社員の入れ代わりが激しくて、社員教育が追いつかないようですね。稼げない、と分かると見切りを付けてサッサと辞めてしまうので、商売道徳には無縁ですから。

そうそう、ラーメン店の話、いいですね。私もその場に居合わせたかったなあ・・・。居酒屋ではありませんが、街で「明らかに不動産業者とお客さんの組み合わせ」という人たちと擦れ違う時があります。自分のことは棚に上げて、「あの営業マンじゃお客さんが可哀想」と思えたり、「あんな客なら当社に来ないでほしい」と思ったりしています。ま、傲慢ではありますが、そういうのも楽しいです(*^^)v

息子さんや娘さんが地方から上京する時は常にドラマがありますね。そういう場に立ち会える不動産屋という仕事は実に幸せな仕事だと思います。

Posted by poohpapa at 2014年02月04日 20:33
ののさん、こんばんは

玉の皮は無事に再生しましたでしょうか?(*^^)v

ああいう痛みは女には絶対に解からないものでして・・・^_^;

まあね、だいぶ良くなってきましたので、もう大丈夫だとは思います。こういうのって、風邪と同じように人にうつすと治ったりしないんでしょうかね。ま、風邪は人にうつす頃は自分は快方に向かってる、ということなんでしょうけど・・・。人にうつせば治るなら、私はどんどんうつしますよ〜(爆)
Posted by poohpapa at 2014年02月04日 20:39
痒い所に手が届くようないいお客様に、そんな話をしてはいけません。

同業者同士で痒いところを搔き合うのはかまいませんが。
Posted by Occhan at 2014年02月04日 23:28
こんばんは。

去年は相談させていただいた(覚えていないとは思いますが…私はとても感謝しています!)きり、どこも同じなのかな…としばらく探すことを延期していましたが、poohpapaさんのような方もいらっしゃるならまた探そうと思いました!

素敵なお話です☆
Posted by キンモクセイ at 2014年02月05日 00:23
Occhanさん、こんにちは

<<痒い所に手が届くようないいお客様に、そんな話をしてはいけません。

痒い所に手が届くなら、できれば掻いてほしいくらいでして・・・(*^^)v

冗談が通じる、というのは気が楽で有り難いですね。でもね、ご主人が会社で私の記事をプリントアウトしていらっしゃるとか・・・。ヤバッ!^_^;
Posted by poohpapa at 2014年02月05日 11:38
キンモクセイさん、こんにちは

忘れるワケありません。メールBOXもキンモクセイさんの分は単独で作成しているくらいでして・・・。

ご依頼があれば出来る限りお力にならせて頂きます。お客様は神様・・・でなく金ヅルですから(*^^)v

ところで、こういう話は、ちゃんとハートがあるお客様あっての話ですね、ほんと。
Posted by poohpapa at 2014年02月05日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]