2014年05月29日

伊勢丹で「宮崎産完熟マンゴー」の発送依頼をキャンセルした

これは伊勢丹の従業員には(ある意味)申し訳ないことをしたのかも知れないが・・・、

ある方に宮崎産の完熟マンゴーを送って差し上げようと、毎日、高島屋と伊勢丹の地下の果物売場を覗いていて、値段も落ち着いてきたし、そろそろいいかな、と思い伊勢丹で「これを送ってください」と従業員に言うと、それをサービスカウンターまで運んでくれたのだが、サービスカウンターの係の女性は、「これは見本だから元の場所に戻しておいてください」と、運んでくれた従業員に売場に戻させた。

「え?、これを送ってくれるんじゃないの?」と訊くと、「これは見本なので別の物を送ります」だと。

急に不安になってきた・・・。別の物、と言っても、売場には一回り小さくて未だ熟していないような物は山積みされていたが、同じ値段のマンゴーは無かったハズ。しかも、見本のほうは大振りでキレイに赤く熟している。疑ったら申し訳ないが、色も大きさも落ちる物を送られる可能性が無いとは言えない。いや、きっとそうなることだろう。そうされても私には分からない。写真を送ってもらうワケにもいかないもの。送り状を書いてしまっていたのでそのままお願いしたものの、帰宅しても不安は募る。酒売場や催事場には知り合いの売り子さんはたくさんいるが、果物売場にはいないし・・・。

同じ値段の物がいっぱい積んであったなら「この中から選んで送るだろう」と思えるのだが、その値段の物は売場にはそれだけしか無かったし、「見本」などとはどこにも表示されてなかったんだけど・・・。

夕方、伊勢丹に電話して「私が見た物を送ってもらうことは出来ませんか?」と訊くと、「何日も見本で置いていたので傷んでいるかも知れませんし・・・」とのこと。そんなのはチェックできそうなもの。「それでもいい」と言ったのだが、伊勢丹にも事情があるのか譲らない。今日、もし棚から取って(サービスカウンターではなく)レジに持って行ったなら普通に精算できてしまうかも。だとしたら「そのマンゴーを送るのが可能だった」ことになる。後でウジウジ悩むくらいなら止めたほうがいいから結局キャンセルしたが、今日それを確認するために(我が家用に)購入しに行くつもりでいる・・・。

海外旅行の土産店で購入した商品の包装を帰国して開けてみたら、中身が明らかな傷物だったことなど何度もある。経験上、「これをくれ」と明確に指定しないと危ない、ということはよく知っている。ここは日本だし、天下の三越伊勢丹を疑ったら申し訳ないが、たぶん私の憶測は当たっているであろう。


あ・・・、この記事を読まれた方の中には「もしかして私に?」と思ってる人、何人もいるだろうなわーい(嬉しい顔)



posted by poohpapa at 06:32| Comment(6) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見本は客寄せのためであって、売り物ではない、というのが見え見えです。
数と重さがあっていれば、ええんや!、なんて思っているのかもしれませんね。
地方の土産物店で買って送ってもらった時によくあるパターンです。宮崎のマンゴーはそのまんま東の時に有名になりました。
送るのは、知人とは限りませんね、最近のお中元なんて、自分に送る人達も増えました。
しかし、この伊勢丹って、今回限りなんでしょうか?。品格を落としそうです。

食品偽装の時と同じ。

ネットで不動産の賃貸、写真写りはいいが、実物は?。というのと似てる?

お見合い写真とおなじかな???



Posted by たか at 2014年05月29日 08:51
たかさん、おはようございます

たかさんもいろいろ懲りていそうですね(*^^)v

私なんか、「長く見本で置いていて傷んでるかも」と言うくらいなら、むしろ「現品限り」で安くなっても良さそうなもので、「現品でもいい」と言っているのだから対応しないのが不思議ですね。

見本のマンゴーは丸々としていて形も良く、真っ赤に熟していてとても美味しそうなマンゴーでした。あれを売らないでいて、最後はどうするんでしょう・・・。自分たちで食べちゃうのかなあ・・・。

益々不信感が募りますね(爆)

今日の結果如何で伊勢丹には強く意見しようかと思ってます。なぜなら、伊勢丹は好きだから、です。
Posted by poohpapa at 2014年05月29日 09:17
いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。
Posted by けろけろ at 2014年05月29日 10:39
こんにちは。

生の食べ物は難しいですよね。食べ頃というものもあるし。こういう食べ物の場合は、見本を置くより写真を置いてくれたほうが買う側も納得出来ますね。現物を見てから贈りたいのであれば、写真の見本のものは買わないでしょうし。

Posted by JOY at 2014年05月29日 11:33
けろけろさん、おはようございます、ご無沙汰してます

よく判りましたねえ・・・、さすがですね(*^^)v

今日の午前中には届くと思いますので、奥様に玄関ドアの前でハンコを持って待機しててくださるようお話しください。ただし、届くのは全く別のお宅ではありますが(爆)

はい、一軒消えた!
Posted by poohpapa at 2014年05月30日 07:05
JOYさん、おはようございます

副責任者の方にも「これがワインとかなら別の商品を入れられてしまうこともないでしょうし、中身はランクの落ちたもの、ということもないでしょうけど、生鮮食品は、客は見た物を『これで』と指定しているのですから『別の物を』は無いモノでしょう。どう考えても見本より上の物を送ってもらえる、なんてことは有り得ませんから」と伝えました。

お中元コーナーだと現物ではなく箱の上に写真が貼ってあったりしますね。それは私はOKなんです。写真より上はない、と承知していますし仕方ありませんから。何度も言いますが、現物を置いておきながら「別の物を」はNGです。どうしてそういう客の心理に気が付かないかなあ・・・、と残念なんですよ。
Posted by poohpapa at 2014年05月30日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]