2014年09月09日

帝国データバンクから掛かってきた電話

昨日、店番をしていたら帝国データバンクから電話があった。

「先日お店に伺いましたがお留守でしたので資料と名刺を置かせて頂いたのですが・・・」とのこと。

「はい、入ってましたね」と言うと、「御社の内容について2〜3お伺いしたいのですが・・・」と言う。

続けて「従業員は何名様ですか?」「主たる業務は売買、賃貸、管理などのどれになりますか?」と訊かれ、最初のうちは丁寧に答えていたが、途中で「それ、何のための質問ですか?」と訊くと、「当社は各企業様の内容を登録させて頂いて互いのお取引の際の・・・」と当たり前の説明が返ってきた。

帝国データバンクが企業情報で飯を食っているのは知っているし、何かの商取引のトラブルや事件、倒産などで、よく「民間の信用調査機関、帝国データバンクによれば」などという断り書きを目にする機会は多い。うちみたいなちっぽけな会社の信用度まで登録しようとするのは凄いこと。ついに当社も帝国データバンクに登録されるようになったか・・・、と、感動はしなかった。

それどころかムッときた。電話の主は腰こそ低いが「答えてくれて当たり前」と思っているようだった。

うちが銀行から融資を受けることはこの先まったく無いだろうし、うちみたいな店に依頼して部屋を借りるのに、いちいち帝国データバンクで信用調査をしてから来店するお客さんなどいるワケがない。つまり、うちからすれば当社の情報を登録するメリットは何も無い。むしろデメリットはあるかも・・・。

「それ、うちの情報は登録しないでくれ、と言ったら削除して頂けますか?」と訊くと、「いえ、登録して頂くことで・・・」と説明が始まった。そういうのは最初に趣旨を説明して了解を得るところから始めるべきであろう。いくら企業の信用調査機関の最大手であっても「答えるのが義務」なんてことはない。国民の三大義務「納税・教育・勤労」に「帝国データバンクへの調査協力」が加わったワケじゃなし。

渋々、当社のデータを削除することに同意したが、本当に消してくれるかどうかは不明である。嫌がらせで「経営者は分からず屋で偏屈」などと書かれて残されるかも知れない。ま、それでも構わない。

そういう民間の信用調査機関があること自体は悪いことではないが、私からすれば(費用は掛からなくても)「紳士録」商法と変わらない。データを登録してくれるよう私が頼んだワケでもない。

最初に「何のための登録なのか」「メリット、デメリットは何か(あるとしたらどういうものか)」「登録しない、という選択肢もある」ということなど説明し、理解してもらってから質問に移るのが当たり前、と思うのだが、「そんなのは説明するまでもなく経営者は理解していて訊かれたことに正直に答えるのが常識」とでも言うかのように質問されると抵抗がある。社員も感覚が麻痺しているんだろう。

全企業を網羅したいのも解からないワケではないが、うちは必要ないから断った次第。将来的に当社の信用調査が必要になるくらい大きな商談など飛び込んでくるハズも無いしふらふら

posted by poohpapa at 04:48| Comment(13) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

poohpapaさんのモヤモヤとした気持ち理解できます。

私の小さな小さな会社にも、同じような業種の商工リサーチから電話がきます。聞かれる内容は同じような事。答えるのが当然の雰囲気です。インターネットが無い頃は、企業情報を得る事が難しく、初めての取引等で不安な企業は調査会社を使っていたようです。または大企業とそれなりの金額の取引をするときは、大企業側が調べる事はあるかもしれませんが、そんな案件はさっぱりないので、郵便で調査が来ますが無視しています。
Posted by バラキ at 2014年09月09日 05:51
バラキさん、おはようございます

と言うか、めちゃくちゃ早起きですね、人様のことは言えませんが・・・(*^^)v

私も3時18分に目が覚めて、そのまま起きています。と言いますのも、今日は都内に取引主任者証更新の法定講習で出かけますので、まあ二度寝はしないのですが万一のことがあるといけないので。

ところで、本題♪

商工リサーチからも問い合わせがよく入りますね。個人情報ではないのですが、規模や業種によりますが、法人だからと言って、一般消費者に積極的に企業内容を公開する必要もないでしょう。

帝国データバンクの男性、「不動産業者さんは元々内容が公開されているのですから・・・(気にしなくてもいいのでは)」と言いますが、だったら公開されている内容を見れば済む話です。隠さなければならないこともありませんが晒す必要もないでしょう。

我々不動産業者側には「個人情報」も何もなく晒されているのが実情ですしね。

最大手なんだから、という慢心もあるのかな、と思います。
Posted by poohpapa at 2014年09月09日 06:23
おはようございます。

私の場合、アンケートとか調査票とかが来ると、かなり盛って書き込みますね。
夢のようなハイソな生活です。
なので、アンケート結果なんてものは半分も信用していません。

でも、帝国データバンクに
悪徳不動産屋:経営者は分からず屋で偏屈
と書いてあれば、帝国データバンクは全面的に信用することにします。(笑
Posted by ハリケーン at 2014年09月09日 07:51
総務省や経済産業省の各種統計調査の類も。
突然やってきて、プライベートな事について、強制的(罰則つき)に、無報酬で、記入させます。
しかも質問が不適切で意味不明だったり、過去の資料を引っかき回さないと回答できなかったり、
毎回腹立たしい思いをしています。
「私より税務署の方が良く知ってるよ、そっちできいて」と言いたくなります。

ハリケーンさんの「盛る」のには賛成。今度やってみよう。
Posted by 陸の孤島 at 2014年09月09日 09:08
書き忘れましたので続き、
世の中の役に立つならまだ協力しますが、そんな気配はどこにも無く、
非生産的なことを強制してまでやらせることが腹立たしい。
Posted by 陸の孤島 at 2014年09月09日 09:17
電話の聞き取りだけですか?。不思議ですね。
裏を取らないのでしょうか?
情報が正しいのか、その証拠となる書類を求めるのでは?

必要ないのなら、年商30億、従業員は50名とか、、伝えれば面白いのに?



Posted by たか at 2014年09月09日 10:41
帝国データバンクは人様の情報を他人に売って商売している以上、せめて丁寧な説明をするなり紳士的な態度でお願いするなりといったビジネスマンとしての最低限の誠意は見せてほしいですね。みんながみんなこんな社員ばかりではないとは思いますが...。
Posted by やまちゃん at 2014年09月09日 15:40
ハリケーンさん、おはようございます

なるほど・・・、盛って書く・・・、それもアリですね♪

私なんかは、そういうのには本当のことしか書かない(書けない)のですが、次回からは盛ることにします。楽しそうですもんね。それで「こいつにはもう依頼しない」と相手が思ってくれたならそのほうが助かります。

担当者、最後はムッとしてたので「経営者は分からず屋で偏屈」などと本当に書かれているかも知れませんね。ま、痛くも痒くも無いので全然OKですが(*^^)v
Posted by poohpapa at 2014年09月11日 06:46
陸の孤島さん、おはようございます

<<総務省や経済産業省の各種統計調査の類も。
突然やってきて、プライベートな事について、強制的(罰則つき)に、無報酬で、記入させます。

へえ・・・??、罰則つきの調査、なんてあるんですか・・・。それは知りませんでした。幸い、うちの業界にはそこまでの調査は無いですね。

たしかに、当事者に訊くより税務署のほうが遥かに正確な数字を知ってたりしますもんね。最初からそちらに訊けば良さそうなもんですよね。

ハリケーンさんの「盛る」話は目から鱗で、今度ぜひやってみたいと思います(*^^)v
Posted by poohpapa at 2014年09月11日 06:59
たかさん、おはようございます

いちおうは訪ねては来たようです。なので「従業員数は?」と訊かれて300人」などとは言えませんね。そんなことしたら「経営者は分からず屋で偏屈、見栄っ張りで大嘘つき」と書かれることになります。

国の信用度のランク付けだって「大きなお世話」だと思っているくらいで、ましてや私の会社の信用度なんか人様に格付けしてもらわなくても自分で大切にしてますから(*^^)v
Posted by poohpapa at 2014年09月11日 07:04
やまちゃんさん、おはようございます

「うちは帝国データバンクなんだからちゃんと答えて当たり前」くらいに思っているのかな、と思います。どういう目的で情報を集め、どういったケースで公開し、どんなメリット・デメリットがあるか、は先ず説明すべきですね。

中には「相手は信用調査会社だからちゃんと答えないと・・・」と思ってしまう経営者もいることでしょう。私は信用調査会社での評価なんかどうでもいいのです。好きに書いておけば、くらいに思っていますし、ま、できれば削除(掲載されないこと)が一番望ましいですね。
Posted by poohpapa at 2014年09月11日 07:11
帝国データバンクの取材と称する依頼を拒否したことが有ります

設立1年目で当年の第一期の決算前に
御社を取材したいと言う名目で電話で連絡が入りました
調査ではなく取材したいと言う軽い言い回しで
私の調査員に対する不信感や不安感のハードルを
下げようと言う魂胆だったのでしょう
弊社は発足当時、関連会社との取引しかなく新規営業も望まず行わず
銀行との取引、借り入れ等れの予定も無い為

直ぐにライバル会社の調査だと断定し拒否しました
調査員は当初は取材を繰り返して居ましたが何度も拒否していると

「ある会社様からの調査依頼です」

と、調査依頼を認めました

「どちら様からの調査依頼ですか!?」

尋ねると、

それは
「調査依頼元の情報は開示できない」
と言う

私も答える
「貴方は調査元から料金を貰って調査している
貴方の利益の為に弊社の情報を貴方に無料で提供する覚えは無いし
誰か判らない人間に弊社の情報を何故無料で渡さなければ為らないのですか!?」

「帝国データバンクの調査は受けるのは当然だ、みなさん快く調査を受けている」
と税務署か公的な機関が如く横柄に喚く

「民間の調査会社風情に話す筋合いは無い、文句が有るなら調査元に直接聞きに来いと言ってくれ」
と伝えると

「取引先かもしれないだろ」
と調査員も食い下がる

「調査の依頼元はライバル会社かもしれないだろ、
教えてやる弊社は関連会社としか取引は無い、
取引先なら調査会社など使う取引先とは取引しなくて結構だと伝えてくれ」

と言うと

調査員も私の調査拒否と言う強い意志を感じたのか

「判りました」

と電話を切りました
その日は何処のライバル会社が調査を入れたんだろう
あそこかな、此処かなと幹部社員たちと
どんな手を使ったってウチの情報は渡さないのにねと笑い話にしていましたが・・・・・

笑い話も早々に翌日、
前日調査を拒否されアポを入れていないにも拘らず
突然弊社に現れどうしても社長に会って話がしたいと
男性の調査員が訪問して来ました

「私は帝国データバンクの調査員だ!取材を受けろと!!」

何度も受付の社員を恫喝し、私との面会を迫ってきました
もちろん社員には

アポは無い、電話で昨日断っているのに非常識だ
面会、取材、調査はお断りします

と、追い返えすように伝えました
調査員は食い下がりましたが弊社も

アポは無い、電話で昨日断っているのに非常識

を繰り返しました
弊社の受付10分程の押し問答の末
調査員は作戦を変え

「社長の名刺だけでも欲しい、名刺交換だけでもさせてくれ!!」

と、私との名刺交換を執拗に迫りましたが
名刺交換を突破口に面会してしまえばと言う
調査員の

女の浅知恵

の様な行為を見透かし

私は

アポは無い、電話で昨日断っているのに非常識
を事由に

名刺交換すらしたくない

とし、一貫して拒否を貫きました

調査員は帰り際、悔しそうに泣きべそで

「無茶苦茶に書いてやるからな !!」

と、捨てゼリフを残して帰っていったそうです

その後、しばらくして帝国データバンクの有料ページに
弊社の情報が掲載され売られており
帝国データバンクから弊社の情報を購入すると

嘘八百が掲載されておりました(笑

帝国データバンクとは企業情報、信用調査の会社と言うより
無償で得た情報を企業、法人の了承を得ずに勝手に売り渡し垂れ流す
現代の総会屋ですね

Posted by 帝国データバンクとは現代の総会屋ですね at 2015年03月24日 16:54
帝国データバンクとは現代の総会屋ですねさん、おはようございます

具体的かつ詳細に有り難うございます。まさしく、形を変えた総会屋、と言えるでしょうね。

裁判所でも警察でも税務署でもないのに、いかにも公的機関かのような雰囲気で電話してきて、「答えるのが当たり前」「答えるのが国民の義務」かのような横柄な態度でいるのが何とも不思議です。そう信じているのか、そういう体質の会社に長く在籍して知らず知らずに染まってしまったものか・・・。少なくとも、「協力したほうがオタクの為だよ」とは思っているでしょうね。

私は、そういう電話(用件)では協力しないことにしています。個人でやってる自営業なのですから、どう悪く書かれたところで何の影響もありませんしね。

帝国データバンク・・・、体質的にはヤクザもどき、だと私は思っています。「アンタの会社の信用度なんか我々の匙加減で何とでもなるんだよ。出すもの出しな」という本音が透けて見えてますから。
Posted by poohpapa at 2015年03月25日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]