2014年09月13日

ながらスマホは不快(何度も書いてるけど^_^;)

先日、取引主任者証更新のための法定講習を受けに中央線などを乗り継いで目的地まで行った際、車内は座っている人も立っている人も、たいていスマホをいじっていた。比率で言えば70%くらいか。

やることがなくて退屈、ということかも知れないが、私からすれば異様な光景である。スマホの画面の大きさからすれば、スマホを使って読書や勉強をしているとは思えない。多くは非建設的なゲームなどに興じているんだと思う。中にはヘッドホンで音楽を楽しみながら、という者もいる。それじゃあ、座っている自分の目の前に高齢者が立っていても気付かないであろう。気付かなかったフリも出来るし。

街を歩いていて、向こうから来る人がスマホの画面を見つめていて、ぶつかりそうになることがよくある。私はそういう場合、こちらからは避けない。ぶつかってもかまわない。スマホ画面を見てなくて安全に注意を払っているほうが避けなければならない、という道理は無い。ただし、見るからに「その筋っぽい」人の場合は進路を変更する。私もそこまでは無鉄砲ではないから。

自分がスマホに夢中になっていてぶつかっておきながら相手に因縁をつける輩も多いという。そういうのは製造物責任法が適用になってもいいのでは、と思う。もしスマホ操作に気を取られていて事故が起きた場合、そんなものを製造したメーカーや携帯電話会社にも何らかの責任はあるように思うのだ。もちろん、大半は自己責任なんだろうけど。せめて、歩行中や自転車に乗っている時はスマホを使わないよう注意書きに記しておく必要があるのではないか。歩行者に対しても道路交通法に「ながらスマホ」への罰則規定があってもいい、と私は思っている。

先日起きた「川越の全盲の女子高校生が蹴られて怪我をした」事件、相手は(スマホなどに気を取られてなくて)普通に歩いていたのなら自分が避けられたハズである。もしかするとスマホに夢中になっていたのではないか。盲導犬をフォークで刺した犯人といい、この犯人といい、卑劣である。

人間、便利さを求めると、必ず何かが犠牲になるものなんだろうな、とつくづく思う。少なくとも、世の中が豊かで便利になっていくと人の心は逆に荒廃していくように思える。日本人は「モノが無かった時代」のほうが今よりずっと優しかったのではなかろうか。どちらが良いか、は私には分からないが。

実は、先日の法定講習の参加者、見ているとガラケーを愛用している人がけっこういた。年齢層が高かった、ということもあるのだろうが、そういうのを見ていて、「うん、不動産屋は健全だ」と安堵したわーい(嬉しい顔)

私はこれからも、スマホ画面を見ながらこちらに向かってくる奴を自分から避けたりはしない。再度言うが、「スマホ画面を見てない人が衝突を回避しなければならない」などという義務は無いのだから。


posted by poohpapa at 07:03| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
法定講習会は実施団体にとってドル箱な事業だそうで、来てくれて、関連団体の本を買ってくれさえすればあとはどうでもいいみたいですよ。当然これにには国土交通省の天下り先団体も関連していますし、東京都の天下り先も関連しています。
かなり昔からもそのようですが・・・。それを知って取引主任士にあえてした、例の方のご意見拝聴したいものです。
Posted by この道 at 2014年09月16日 13:06
この道さん、こんにちは

こちらこそ、ご無沙汰していますm(_)m

運転免許の更新時の教材と一緒ですね。交通安全協会・・・、警察の天下り団体でしかありませんよね。

厚い本1冊と薄い本2冊で3冊の本代、会場の借り賃と人件費を差し引いて・・・、膨大な利益ですね。欠席する人、ほとんどいませんし。

そうそう、例の方、最近は大人しいようですね。相変わらず何が言いたいのか不明でありますが。

ところで、関東地方整備局、ちゃんと話を聞いてくれて、私の主張にも耳を傾けてくれました。ご担当者、「広告を見たことがない」とのことですから、近いうち証拠書類を持って伺うつもりです。と言っても、国交省でさえこんなに掛かりましたから、埼玉の関東地方整備局、いつになることやら・・・(滝汗)
Posted by poohpapa at 2014年09月16日 15:33
関東地方整備局のことに関しては一歩全した感じがありますね。
国土交通省の役人がAD付きのA社のものを見たことがないとすれば、その課に配属されたばかりなのでしょうか?
細かくなるので改めてご報告します。

あの方はおとなしくされていらっしゃるのですか、ADをやらないのが一番なのですが先日もADについて堂々とテレビで話している業者がいましたね。たしかジャニーズのSというグループのNという人物でした。最悪ですね。
Posted by この道 at 2014年09月17日 11:26
この道さん、こんばんは

その、不動産屋の特集みたいな番組、見ていないのですよ、知らなかったもので・・・。あまりテレビ番組など事前にチェックしてないものですから、失敗したなあ・・・。

国交省の高橋氏は少なくとも1年半前から不動産業課に配属されていると思います。

私は関東地方整備局という名前は聞いたことがありますが、何をしているのか、は全く知りませんでした。名前から、単に箱物行政を仕切っている、くらいに思っていましたが、不動産業者の免許にも大きく関わっていたんですね。しかも、ADについて(広告は見てなくても)知ってはいました。苦情も寄せられているみたいで・・・。

なので、国交省ではなく関東地方整備局と話をすれば何とかなりそうですね。少し希望が見えました。

Posted by poohpapa at 2014年09月17日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]