2015年01月31日

デヴィ夫人のメルマガから

デヴィ夫人の主張は時に「オイオイ」ということも少なくないが、これは「我が意を得たり」の思い。

非難や炎上覚悟でなければここまでハッキリと言えるものではなく、今回は的を射ていると思う。

正直、私でさえ遠慮しいしい奥歯にモノが挟まったような遠回しな表現を用いているくらいで・・・たらーっ(汗)


【デヴィ】世界を巻き込み大障害となった無謀な日本人二人

読者の皆様ごきげんよう。

本日のテーマは
『世界を巻き込み大障害となった無謀な日本人二人』

無法過激組織「イスラム国」に拘束されている
後藤健二さんの解放に関するニュースが、次々と流れています。

人命が何より大事、後藤さんを救出しようと「I am Kenji」と掲げた写真を、
交流サイトに投稿する動きが世界に広がっています。
私も一刻も早く、後藤さんが解放されることを祈っています。

しかし、皆さん、冷静に考えてみて下さい。

安倍首相が17日、(日本は財政困難であり、救済すべき事項が山積にもかかわらず)
難民救済に、2億ドル(236億円)の供与を表明したことが火種となり、
「イスラム国」が二人の日本人人質の身代金を要求してきたのです。

とはいえ、そもそも殺害されたと言われている
湯川遥菜さんと後藤健二さんがイスラム国に捕まっていなければ、
こんなことは起きなかったのです。

日本政府は、過去、再三に渡って、
危険地域に近づくなと警告をしてきました。

湯川さんは不心得にも、武器を売って利益を得ようと、
危険極まるシリアへ足を踏み入れたのです。

後藤さんは、奥さんが出産するというのに
湯川さんを助けに行ったのです。

しかも「自分の身に何か起きても、シリアの人を責めないで、
自己責任をとる」というメッセージまで残しています。

ジャーナリストの後藤さんは、これまで悲惨な戦場の模様や犠牲と
なった子供たちの様子を、世界に知らせることに
懸命に命がけの仕事をなさっていて、素晴らしいことだと思います。

が、湯川さんを救うことにどれだけの意義があったでしょうか?
生まれた赤ちゃんは、当然、父を必要としています。


イスラム国は、後藤さんとヨルダンに収監されている
サジダ・リシャウィ死刑囚との交換を要求しています。

この女性は、2005年ヨルダンの首都アンマンのホテルで、
連続自爆テロに関与、50人以上が亡くなっているのですが、
本人は自爆に失敗、ヨルダンに死刑囚として収監されているのです。

有志連合のアメリカ軍と共にイスラム国と戦っている
ヨルダン軍のパイロット、モアズ・カサペス中尉は、
エリート中のエリート、しかもヨルダンの有力部族の息子さん。

イスラム国に捕らえられているわけですが、
ヨルダン国にしてみれば、自国の捕虜を救出したいに決まっていますし、
優先するのが心情です。

日本の記者を助けて、自国の勇士を死に至らしめたら、
革命が起きるかもしれません。

ヨルダン国王は、窮地に陥ってしまいます。


たびたび、後藤さんのお母様が
マスコミに登場していますが、私は腑に落ちません。

苗字が違うのは事情があるのでしょうが、
2週間も前に孫が生まれたことも、再婚していたことすら知らなかった生みの母親。

自分の息子が、日本や、ヨルダン、関係諸国に
大・大・大・大迷惑をかけていることを棚にあげ、
安倍首相に面会まで求め、「助けて下さい。」と
訴えているのは、どうかと思います。

ひたすら、地にひれ伏して、謝るべきではないでしょうか。
それからです、母として安否を願うのは・・・。皆さんも、
センチメンタルに浸っているだけではなく、事件の真髄を 知るべきです。


私は1970年6月、3才3ヶ月になった娘のカリナを連れて、
パリからスカルノ大統領の死の床に殺される事を覚悟で馳せ参じました。

その時、只ひとつのことを神に祈りました。

「もし、私が銃弾に倒れることがあったら、どうか数秒でもいい、
カリナの命を我が手で絶つ力を与えて下さい」と願ったのです。

カリナが敵の手におちることなど考えられなかったからです。

不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たら、
いっそ、自決してほしいと言いたい。

私が彼の母親だったらそう言います。
我が子を英雄にする為にも・・・


湯川さんと後藤さん、この二人の日本人の為、
ヨルダンを巻き込み、世界までも巻き込んだイスラム国との人質交換解放大事件!!

イスラム国は、日本の国民感情を利用し、
アメリカ同盟国ヨルダンにゆさぶりをかけているのです。

冷静に考えたら、この二人が私情でどれだけ国家と国民に迷惑を
かけたか、それを知るべきではないでしょうか?

交換条件である死刑囚を釈放することになり、
カサペス中尉が無事でなかったら、
それは大変な罪なことだと思います。

皆さん どう思われますか?

 
デヴィ夫人の真骨頂であろう。日本では「命は大切」と言われたら誰も異論は言えなくなるもの。論理の中に「何と比べて」とか「誰と比べて」が抜けていて、「命は同じ重さでなければならない」ような風潮。

この二人の所為でどれだけの命が失われるか、国益が損なわれるかを考えたなら、「生きていてナンボ」「死んで花実が咲くものか」であっても、「死ぬことでこそ生かせる命もある」と知るべし、であろう。

もしかすると我々は後藤氏の本当の意思を無視してまで救けようとしているのかも知れないし・・・。

あ〜あ、言っちゃった・・・、もしかすると、地雷を踏んじゃったかも・・・ふらふら

posted by poohpapa at 05:32| Comment(6) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別に不謹慎ではないでしょう。迷惑かけてるのは事実。
 湯川さんを救うために行ったといわれているが、本当にそうなんでしょうか?世界中がイスラム国相手に戦っている中、一人のジャーナリストが救えると思って侵入したわけではないでしょう。
 当然、これには裏があります。本当かどうか分からないが、ネットでは、後藤氏の経歴が公表されていますが、まあ、裏の顔が。。。。
これって、地雷かも?




Posted by たか at 2015年01月31日 05:55
たかさん、おはようございます

なんか、もやもやしてるんですよね・・・。人命は大切ですが、立ち位置をずっ引いて全体像を見た時に、果たして「どんな命も最優先で大切なのか」は疑問が残ってしまいます。

国としてはこんな迷惑な話はありません。無事に帰国したとしても「良かった、良かった」で済まされない話だと思うし・・・。一部のマスコミが後藤氏を持ち上げているのも気持ち悪いんですよ。

私も後で、後藤氏の別の一面を探してみます。

たかさんと心中は嫌だけど、地雷を踏む時は一緒に踏みましょうね。
Posted by poohpapa at 2015年01月31日 06:58
ほんと何度も何度も冷たいようだけども・・・先方が解放を要求してる死刑囚をポアしちゃえばいいと思います。だってどうせ死刑囚だし!
それが生きている限り何らかの方法で解放を要求してくることは明らかなのだから先方の望みを絶つという意味で死刑執行を早めるのもありかも。
決して穏やかとは言えないけど。。
もしかしたら報復があるかもしれないことを考えたら怖いけど。。

こんなことを無責任に言えるのも遠く離れた平和な国に住んでいるからと非難されるだろうけど身代金を払ったり要求を呑む形になるのだけはやっぱり腑に落ちないです
Posted by はなくろさん at 2015年01月31日 11:32
はなくろさん、こんにちは

あの死刑囚は、ヨルダンで死刑確定後10年経ってもまだ執行されていないんですよね。

何かの際の切り札に使えたとしても、生かしておくデメリットのほうが大きかったのかも、と思います。日本でもそうですが、刑が確定したらなるだけ早く執行すべきなのかも知れませんね。

ま、今執行したら全部ぶち壊しですけど。

ただ、あの死刑囚の表情を見ていると、とても穏やかで、自爆テロなんて起こしそうには見えないですよね。それが怖いです。何かに憑りつかれているのかなあ・・・。

後藤氏、もし在日であるなら、韓国政府に対応を任せてもいいのでは、と思いますね。それでも日本政府が救出に向けて努力したならお人好しもいいところです。韓国は何も感謝しないでしょうし、どうなんでしょう・・・。

日本政府は後藤氏が日本人なのか在日なのか知ってるハズですし、救出に向けて努力しているということで日本人なのかなあ・・・。私にとってはそこが大きな問題です。
Posted by poohpapa at 2015年01月31日 11:52
デヴィ夫人はどんなときでもぶれずに自分の御意見をはっきりとおっしゃいますね。

すべての内容が事実かどうかはわかりませんが、週刊文春の記事(後藤氏の過去の経歴や評判、副業のこと、後藤氏の配偶者が高給で知られる独立行政法人のJICA職員で大変な高級不動産に住んでいることなど)を拝見すると、正直なんだかんだなぁと思ってしまうところが多いです。後藤氏の母や配偶者の発言や会見もしかり。

それにしても今回の件でご尽力されている安倍総理を始めとした政府関係者の皆様や役所関係者の皆様には本当に頭が下がります。
Posted by 正直なところ...。 at 2015年01月31日 21:36
正直なところ...。 さん、おはようございます

デヴィ夫人、時に、こっちが怖くなるくらいハッキリ言いますね。そこが魅力だし逆に強みですね。

週刊誌やネットで言われていることがどこまで真実かは分かりませんが、その中で、もし後藤氏が日本国籍を有しない在日だとすると、ここまで日本政府が重ねてきた努力は何だったのか、と思ってしまいます。そして、イスラム国の最初の動画、(合成かどうかでなく)正直、違和感がありました。

いくら覚悟して行って拘束されたとしても、後藤氏の表情は湯川氏の表情とは全く違っていて、「これから殺されるかも」という恐怖感が伝わってこないのですよ。それに、イスラム国、たいていは二人を一緒に並べて撮影するものなんでしょうけど、今回だけどうして合成する必要があったんでしょう??

もしもですが、後藤氏が処刑されたなら、それでいて「あの落ち着いた表情」であったのなら、後藤氏は凄いですね。まさに切腹に臨むサムライですよ。

複雑です。ここまで日本政府が尽力しているのだから日本人であってほしい、という思いと、馬鹿なことをして多大な迷惑を掛けたのが日本人であってほしくない、という思いと交錯しています。湯川さんは別にして、ですね。とにかく、後藤氏が真に日本人なのかどうかは知りたいです。
Posted by poohpapa at 2015年02月01日 08:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]